エンターテインメント

Coe、東京オリンピックのテストイベントの承認スタンプ

日本の札幌(AP) – 世界陸上総括責任者であるSebastian Coeは水曜日に日本北部の都市、札幌で開かれたハーフマラソンテストイベントがオリンピックマラソンが正常に開催されることができると確信していたと述べた。 東京オリンピックが3ヶ月ぶりに開かれる都市。

観客は距離から抜け出しレースを直接見ないように奨励された。 セキュリティの関係者は、「ここでは、イベントを見ないでください。」という標識を道路につけました。

海外から来た候補のバラツキは、競争やトレーニングではなく、ホテルの客室に制限された。 CoeはCOVID-19の厳密なプロトコル措置に従ったと言いました。

Coeは「今日札幌は成功マラソンとレースワークイベントを開催することができる最高水準の能力を示しました。

このイベントは、市内の暑い夏のために、東京の外開きます。

トーマス・バッハ以降、国際オリンピック委員会の委員長候補に選ばれる鼻は外的に賞賛した。 彼は日曜日に東京主催者側が14億ドル規模の新たな東京国立競技場で別のテストイベントを開催する予定です。

東京主催側は、過去数日間、一連のテストイベントを開催しており、いくつかの問題が報告されました。 最大の問題は、日本人に11,000人の選手と数千人の他のプレーヤーが参加するオリンピックが大流行の真ん中開催されるべきだと説得することです。

世論調査では、日本の70〜80%は、オリンピックの開催を希望しない答えました。 これらの感情は、東京、大阪、その他の緊急命令に応じて調整されておらず、特に伝染性が強い亜種のケースが急増しました。

日本の人口の約2%だけがCOVID-19の予防接種を受けました。 この国は、コロ​​ナウイルスによる死者が1万人を少し超えました。

Coeは記者会見で「あなたは懸念を理解することができます。 彼はオリンピック選手の5分の1が陸上を代表し、世界陸上が課題に応えることができると言いながら、安心させようと努力しました。

東京オリンピック開催のために正式に154億ドルを費やしており、いくつかの推定値は、その二倍と言います。 IOCは、収益の73%が放送権販売のためにゲームを進めています。

主催者側は、ファンがオリンピックイベントに参加できるかどうかを、6月までに決定する可能性がないと言いました。 海外から来たファンたちはすでにブロックされた。

「すべての選手たちは、特に運動選手は観客を希望します。」Coeは言った。 「しかし、それが可能でない場合、ゲームは続行であり、競争は依然として非常に良いでしょう。」

彼は選手たちが群衆のない競技場で競争するために慣れてたと述べた。

1,500mで2度のオリンピック金メダリストのCoeも2012年のロンドン五輪をリードしてきました。 彼は東京の組織委員会の社長である橋本セイコーを羨望しないと述べた。

「問題が大きい。 私はより困難な状況でオリンピックが開かれたとは思わない」とCoeは言った。 「このゲームは、ほとんどの理解を超える複雑さが重なっています。 “

___

より多くのAPオリンピック:https://apnews.com/hub/olympic-gamesとhttps://twitter.com/AP_Sports

___

上田浩二が札幌では、スティーブン・ウェイドが東京で

READ  Marie Kondo、2021年の整理と新発売の話

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close