スポーツ

Courtland卒業生Ryan McBroomが日本で野球をすることに合意しました。 フレデリックスバーグナショナルズ

Ryan McBroomは日本語がほとんどありません。 しかし、今シーズンの多くのマイナーリーグ野球の試合で、コートランド高校の卒業生は、観客席で世界中のチームのスカウトを発見しました。

これには日本の日本プロ野球リーグ代表も含まれていました。 言語の違いにもかかわらず、彼らは非常に説得力のあることが判明しました。 そして先週、McBroomは2022年に広島カーフでプレーするために契約しました。

McBroomは、日曜日の電話インタビューで、「野球、特に私のような人にとって、すべてがタイミングに関するものです」と述べました。 「誰かがあなたを望むたびに、それは良いことです。 彼らは私がここで稼ぐことができる以上の100万ドルを提案しました。 機会を最大限に活用することが重要です。」

彼が広島と契約を締結する前に、McBroomと彼のエージェントはカンザスシティロイヤルズからのリリースを交渉しなければならなかった。

29歳のMcBroomは、2021年にオマハで32本のホームランでトリプルAリーグを率いたが、親クラブでわずか2試合に出場した。 彼はロイヤルズの将来の計画に合わないようだったので、彼らは彼が海外のより青い牧草地に移動することを許可しました。

1塁手、外野手、指名打者として活躍しているマクブルームは日本に行ったことがないと話した。 「しかし、私はいくつかの選手からあなたがお金を稼ぐことができると言われました」と彼は言いました。 「彼らはあなたが生産する限り、アメリカ人の男性を愛しています。 私の契約がすでに決まっている状態で、比較的ストレスのない環境でなければなりません。

READ  中日吉見引退落合黄金期不動のエース...まもなく発表 - プロ野球:日刊スポーツ

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close