理科

COVIDパンデミックの原因のWHO報告書は、実験ではなく、動物の市場でゼロ

WHO報告書によると、中国のこのような動物の市場はCOVID-19伝染病の原因になることがあります。出典:Eric Lafforgue / Art In All Of Us / Corbis via Getty

2019年12月に一部が死んでいくつかは、生きている動物を販売した市場が、世界保健機関(WHO)が主催した主要な調査でコロナウイルス感染症の原因として浮上しました。

この調査は、大流行がいつ、どこで発生したかの代替仮説を見つけ出し、ウイルスは、おそらく12月以前に行き渡らなかったり実験室から脱出していないと結論に達しまし。 今日発表された調査報告書はまた、最初の知られているCOVID-19感染のほとんどが接続された武漢のHuanan市場を含む市場の可能な役割について詳しく説明します。

調査を共同主導したWHOのPeter Ben Embarekは「早ければ2019年12月に、ウイルスが市場に流通していることを示すことができます。 彼は今回の調査は、最後のとは距離が遠いと付け加えた。 「このレポートには、多くの良いリードが提示されており、我々はそのことがどのように起こったのか、なぜ、どのように再び発生しないよう防止することができるかを世界に理解したので、すべてはなくても多くの手がかりに従うと予想されます。 ” 。

オーストラリアのシドニー大学のウイルス学者であるEddie Holmesは、このレポートが大流行の初期に知られている内容をよく説明し、研究のための次のステップを提案することです。 「市場には明らかに多くの送信がありました。」と彼は言う。 「私にとっては生きている動物の市場と畜産業を見ることが、今後の焦点が必要です。 “

それにもかかわらず、Huanan市場で正確に何が起こったのかは、まだ知られていません。 他の病気の起源に基づいゲノム解析と推論は、中間の動物(おそらく市場で販売されている動物)がバットの専任コロナウイルスに感染した後、人間にSARS-CoV-2を感染させたことを示唆します。

報告書が発表された後、捜査に直接関与していないWHO局長Tedros Adhanom Ghebreyesusはコロナウイルスの動物起源の今後の研究に期待が、潜在的な実験室リークテスト。 「私はこの評価が十分に広くないと思います」と彼は書いている。 「そのためには、さらなる調査が必要であり、潜在的に専門家の専門家が参加している他の任務が必要です。

怒っ市場勃発

1月末と2月の初めに、中国、日本、アメリカ、イギリスなどの国から来た34人の科学者が武漢に集まっデータを評価しました。 今日では、チームは300ページ分量の報告書に結果を発表しました。

ほとんどは2019年12月と2020年1月に発生したCOVID-19の事例に焦点を当てています。 12月に症状を見せた170人のうち3分の2が直前に生きているか、死んだ動物にさらされたことがあると見ており、10%は外部に旅行しました。 武漢。

中国の研究者は、このグループの一部の人々からSARS-CoV-2のゲノムをシーケンシングし、最も初期のシーケンスのうち8個が同一し、感染した人がHuanan市場と接続されていることを発見した。 レポートによると、これは、そこからの発症を意味します。

しかし、研究者たちはまた、これらのゲノムは、他のいくつかの初期の例とは少し異なっていることを発見しました。 いくつかの市場と接続されています。 他の人はそうではなかった。 これはコロナウイルスが地域社会のレーダーの下に広がって道に沿って進化しており、偶然に市場に接続された人々から発生したことを意味すると報告書は述べています。

別の可能性は、市場に動物を供給した農場で発生したということです。 SARS-CoV-2のわずかに異なるバリエーションを持ついくつかの感染した動物は、武漢の市場で販売されて人間に複数の感染を引き起こした。

Huanan市場で多くの動物が販売された。 2019年12月の記録には、鶏肉、アナグマ、ウサギ、巨大なサンショウウオ、二種類のワニなどが含まれています。 中国の管理は、市場が生きている哺乳類や不法野生動物を売ってなかったと付け加えた。 報告書はまた、ホームズは2014年に訪問した後、投稿した写真と一緒に生きているアライグマのような動物を販売したことを確認されていないメディアの報道を参照すると付け加えた。 つ。

中国の研究者は、2020年初めに怒っ市場で約1000個のサンプルを収集し、ドア、ゴミ箱、トイレ、野菜や動物を売る露店、野良猫とマウスを集めました。 陽性反応を示したの大半は魚介類、家畜や家禽を販売する露店でした。 研究者はまた、市場で販売された18種の188匹の動物からのサンプルを採取し、すべての音声テストしました。

しかし、この動物が市場で販売されているすべてのものを代表するものではない、ニューヨーク市の非営利研究機関であるEcohealth Allianceの会長であるWHOのチームであるPeter Daszakは言う。 「千個のサンプルは良いスタートですが、することがより多い。」と彼は言います。 彼は、研究者が、SARS -CoV-2と同様のコロナウイルスに苦しんでいるセンザンコウとバットが発見された、中国の3つの地域にさかのぼって、市場でのフォームの動物を追跡したと指摘した。 センザンコウとバットウイルスがSARS-CoV-2の直接の祖先がなるにはあまりにも遠くあることが判明したがDaszakは動物がその地域で始まった動物たちの間で発生した手がかりを提供することができると言います。

市場や実験室?

WHO報告書はまた、コロナウイルスが武漢ウイルス研究所の実験室から脱出した可能性が非常に低いと結論に達しまし。 ほとんどの科学者は、SARS-CoV-2は、動物から人間に流出したことを圧倒的に好むと言うが、いくつかは、ウイルスが意図的にまたは偶然に実験室で流出された考えを支持している。

レポート作成者が研究所を訪問したとき、科学者たちは、実験室の誰もSARS-CoV-2に対する抗体を持っていないながら、誰かが実験で感染して他の人に広がったという考えを排除しました。

武漢の研究者はまた、SARS-CoV-2と同様の生きているウイルス株を保管していなかった言いました。 そして調査チームとの議論では、彼ら 自然医学 1 似たようなウイルスは、実験室ではなく、中国の動物に存在することを示しています。 彼らはまた、実験室のすべての人々が安全教育と心理的な評価を受けており、身体と精神的健康が継続的に監視されていると説明しました。

武漢研究所の研究者と協力してDaszakは「必要なすべての質問をすることができた答えを獲得しました。 「人々が実験室漏れについて持っている唯一の証拠は、武漢に研究室があるということです。」と彼は付け加えています。

それにもかかわらず、一部の人々は、その結果に異議を提起する可能性があります。 少数の科学者たちは、中国政府が綿密に監督したため、調査の結果を信頼することができないメディアに手紙を送った。

しかし、他のこれらWHOチームの結論が確実見えると言います。 「人々が中国の研究者たちが嘘をついていると言うと確信します。しかし、それは私を正直に思います。」とHolmesは主張します。 ワシントンDCにあるジョージタウン大学のグローバル保健研究院のマシューカバナ彼の実験室の脱出を指す証拠を聞いたことがないと言います。 「しかし、懐疑者は、中国政府が許可したものよりも深い調査をお勧めします」と彼は言った。

彼はWHOが、そのような研究を実施することが難しいと述べています。 「WHOは、中国に責任を負わない批判を受けているので、完全に不可能な位置にあるが、どの国でも協力するよう強制するツールがほとんどありません。」と彼は言う。 中国は情報を綿密に保有しており、「その文脈でWHOチームは、多くのデータをよく見てみたが、今まで得ることができます」。

タイミング絞り込む

いくつかの研究では、2019年12月以前にCOVID-19が人々に広がっていると示唆した。 その可能性を調査するために、レポート作成者は、2020年1月に、人々から収集されたSARS-CoV-2配列分析を見て、共通の祖先から進化したと推定されました。 2019年11月中旬から12月上旬まで。 科学 今月2

研究者は、また、中国の死亡診断書を調査した結果、2020年1月15日から毎週の死者が急激に増加することを発見しました。 彼らは死亡率が武漢で初めて頂点を極めた次の2週間後に、より広い地域での死亡率を記録したという事実を発見した。 武漢で発症が開始された示唆します。 この報告書はまた、呼吸器感染症の治療をしたい人のためのデータを発表しており、これは同様にCOVID-19が1月までに発生していないことを示唆します。

2019年10月と11月に、イタリアとブラジルで流通されているSARS-CoV-2の報告と関連して報告書は、これらの研究は、SARS-CoV-2の部分配列を基にして無効なウイルスのアイデンティティの事例である可能性があるため結論を下さなかったです。 。 しかし、決定的ではないとして不可能ではありません。 そしてTedrosは、今後、より多くの仕事があると言います。 「この報告書は、非常に重要なスタートですが終わりではありません。」

READ  土星の衛星タイタンの濃い大気の下に広がる指標特殊フィルターで撮影| sorae宇宙のポータルサイト

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close