トップニュース

COVID-19:日本、コロナウイルスの事例急増東京オリンピック観客禁止考慮| 世界のニュース

日本はコロナウイルス感染の急増に対する懸念が増加するにつれて、オリンピックでのすべての観客を禁止することを検討しています。

菅義偉首相は自分の政府が オリンピック イベントで観客を許可するかどうかを決定します。

木曜日に安全対策を拡大するかどうかの議論の後決定が下されるでしょう。 日本の 拡散を防ぐために コロナウイルス感染症-19:コロナ19 感染します。

英国と世界のリアルタイムCOVIDアップデート

よりアクセス可能なビデオプレーヤーのためにChromeブラウザを使用します。

6月のオリンピックの準備を終えた某

産経日刊紙によると、首都での感染が増加している中、東京に緊急事態が宣言されることがあるという報道が出た。

Nikkei新聞によると、緊急事態は、8月22日まで維持されることがあります。

医療専門家は、正式に7月23日に開始し、8月8日に終わる、オリンピックに観衆がないことが、オリンピックが新しいCOVID事例を煽ることができる大規模な大衆の懸念の中で行うことができる最も安全なものになると数週間中言いました。

主催者側は、すでに海外の観客を禁止し、国内の観客を50%(最大10,000人)に制限して、新しい流行を防ぐために努力しています。

東京組織委員会は、観客の制限は、日本のコロナウイルスの状況やその他の関連措置の内容に基づいて行うと述べた。

政府の最高医療顧問であるShigeru Omiは水曜日、議会委員会で、オリンピック関係者とイベントに参加する他の人の数をできるだけ減らすことが重要であると言いました。

彼は7月初めから9月まで日本でコロナウイルスを解決するためにあり、「最も重要な時期の一つ」と述べた。

「私たちは、イベントが観客なしで行われることが望ましいと述べている」と彼は付け加えた。

日本は他の場所で見ることができる爆発的なCOVID-19の発生を経験していなかったが、80万件以上の事例と14,800人が死亡しました。

東京は水曜日920件の新しい毎日の事例を見ており、これは、5月13日以来の高い数値です。

当局が特に東京内外での継続的な感染の集団をなくすために苦労しながらCOVID-19の影響に対する懸念にオリンピックの準備が隠れています。

READ  ネットフリックス、日本でのスペースの拡張、東京の象徴的なToho Studiosスペース賃貸

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close