トップニュース

COVID-19 国境が崩壊し、日本、台湾、香港の観光が再び議題として浮上しました。

香港政府の管理者たちは、今週香港が義務的なホテル検疫要件を解除する準備をしていると明らかにしました。 ジョン・リー最高経営者(CEO)は水曜日「秩序ある開放」を好むと話した。 現地メディアの報道によると、政府は3日間のホテル隔離を廃止しますが、7日間の自己監視の要件は維持するという。

旅行の制限を緩和するためのこれらの目的地の動きは、中国本土を除いて、世界的に感染症が始まってから初めて国境を再開する世界で最後の観光地になります。

中国は近い将来、観光客に再びドアを開けたり、到着の義務的なホテル検疫を廃止したりしないと予想されます。 習近平中国国家主席の「ダイナミックゼロ(Dynamic Zero)」コロナ19政策は、封鎖と制限が経済に及ぼす被害にもかかわらず、中国が依然としてウイルス除去を目指していることを意味する。

日本が全面再開すれば、オーストラリアの観光客が日本を訪問すると予想される。 多くの人が今回のクリスマスから日本の斜面にスキーやスノーボードパッケージを予約しています。

6月に日本は一部の観光客の日本への入国を許可し始めましたが、保護者が同伴したパッケージ旅行グループの一部としてのみ許可されました。 この規則は、先月、訪問者に旅行代理店を介してフライトと宿泊施設を予約させることによってさらに軽減されました。

しかし、日本の長年の観光産業は、政府がビザ要件を完全に廃止し、個人旅行者に対するすべての制限を排除するのを待っています。 観光客はまだ一部の地域でマスクを着用する必要があります。

日本政府観光局(JNTO)は今週8月に日本を訪れた観光客が16万9800人だと明らかにした。 これはファンデミック以前の2019年8月より93.3%減少した。

中国が依然として自分の領土とみなす自治島の台湾は、入国者限度を週15万人に増やし、患者数が統制されれば10月中旬から義務検疫を廃止すると述べた。

ロッピング庁の内閣報道官は記者たちに、「今が感染症との戦いで最後のマイル」と述べた。

ロイターと

READ  日本を旅行する最も大きな新しい理由は、巨大なロボットです

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close