経済

DOE、水素の使用の研究のために、日本のグループを活用

エネルギー部(DOE)は、フィリピンで水素を燃料として使用するための研究開発活動を迅速に追跡するために、今回は、東京に拠点を置くグループである別のパートナーとの契約しました。

このため、Alfonso Cusiエネルギー長官はDOEがHydrogen Technology Inc. (HTI)との覚書(MOU)に署名したました。

Cusiは声明で、「水素と核融合エネルギー委員会の創設と、DOEは実行可能な代替であり、クリーンエネルギー源として水素を探検し、フィリピン国民のための他の有益なアプリケーションを見つけるために努力しています。

彼は「HTIの助けとMOU締結を通じて水素エネルギーの開発が最終的に実現することを希望する」と述べた。

去る1月、DOEは、オーストラリアに拠点を置く研究開発会社であるStar Scientific Ltd.と同様の協定を締結しました。 MOUに基づいてDOEとHTIは「フィリピンでの水素生産を調査し、国のエネルギーを独立して作成し国の炭素を大きく減らすという計画です。 二酸化排出」

「モデルを持って来たいと思っています。 [technology] ここフィリピンで、私たちは島の一つで、この技術の試験に使用ができるようにしました。」とCusiは言いました。

「このMOUを締結した場合、モデルがすぐに出荷されることを願います。 [to the Philippines]”Cusiが付け加えた。

Cusiは、現在COVID-19感染症が原因で移動が制限されている場合DOEが必要な場合は技術者のフィリピンの入国を容易にするとHTIに確信しました。

次を読む

最新のニュースや情報をお見逃しなく。

購読 よりお問い合わせ フィリピンのデイリーインクワイアラー(The Philippine Daily Inquirer)、およびその他の70以上のタイトルにアクセスして、最大5つのガジェットを共有し、ニュースを聞いて、午前4時にダウンロードして、ソーシャルメディアの記事を共有することができます。 896 6000に電話してください。

タグ:

フィードバック、苦情やお問い合わせは、 お問い合わせください。

READ  ランドローバー「レンジローバーが僕」2021年モデルの最新のインフォテイメントシステム「Pivi」標準装備 - Car Watch

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close