sport

F1ベルギーGPファイナル:ドライバのコメント(11位〜DNS)[F1-Gate.com]

2020年F1世界選手権第7戦F1ベルギーのGP決勝で11位〜DNSたドライバのコメント。

レース前にマクラーレンのカルロス・サインツを排気故障により出走を断念。 予報された雨の代わりにアントニオジョビナッツィとジョージ・ラッセルの衝突によって11回目は、最初に安全自動車の導入にレースタイヤ管理が鍵を握る展開された。

11位:なんてルー・クビアート(アルファ打私たちホンダ)
「今日は、適切な戦略を採取なかったと思うので、しっかりと戻っていく。レース前に判断がつかなかったので、私たちは2つの戦略を区分したが、残念ながら私はこの動作しないほうが戦略となった。硬いタイヤでスタートしている場合より良い結果を出すことができたと思うし、スパのようなコースでは、古いタイヤでペースを維持することが難しいが、今日はレース中に常に誤ったタイミングとポジションだったように感じた」

12位:キミ・ライコネン(アルファ)
「今日の結果は得られている限り良い結果だったと思います。マシンの感じが良かったが、12位が私たちを得るラエル最良の結果であり、そこにはポイントは与えられない。本当に持っているすべてのものを発揮したため、失望している。開始が悪かった、ターン1でコンピュータがウイルスのインストールに入ります。最後に追い込まれた。その良い速度があったが、残念ながらトップ10位に十分だった。クビアート後ろ身動きしなかった。ミドル分野では、それよりも速い感じがあったが、追い抜ける場所で彼にかけることができなかった。モンツァでより前進できるように努力 “

13位:セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
「簡単なレースではなかった。開始位置と同じ位置で仕上げました。両方のコンピュータ上のすべてのことを試みたが、私たちはとにかく遅すぎる。この回路での状況が繰り返されないことを願っているが、トラックは、おそらく他の場所よりも、私たちの弱点が浮き彫りになったと思う。来週はもっとうまくできると思います。この週末に得られたすべてのものを吸収して学ばなければならすべてを学び、前進なければならない」

14位:シャルルルクレール(フェラーリ)
「非常に難しいことであった。開始は非常にに良かったターン5までトウのおかげで、いくつかのランキングを高めることができた。しかし、そこから状況は悪くなっていった。まず、2回ストップで問題があり、時間を失った。第2定量奇跡を起こさないのは知っていたし、自分のポジションと前の機械の三位一体を見て、追い越すことができなかったので、何か他のことをするようにして第二のピットストップを行った。間違ったのは残念だが、最終的には今日の僕たちに必要なスペースがなかった。私達に次のレースは難しいことになるだろうが、無題のでよくくれることを期待している。団結して対応して、以前の自分た位置に戻ることができるよう努力しなければならない」

15位:ロマングロージャン(ハース)
今朝は、たとえ提案されたとしても、15位は納得していないが、フェラーリと争えるとするならば受けている。 私たちにはそれがベンチマークであり、その意味でよくやったと思う。 シャルル(ルクレール)を逆に立てておくと思いましたが、残念ながら最後のラップターン1で少し閉じ込められてしまった。 いずれにしろ、タイヤの寿命が尽きた。 ある意味では楽しかった。 ベッテル(フェラーリ)とルクレールの後ろに最善を尽くしたし、アルファロメオのレーシングは彼らの前に良い仕事をした」

16位:ニコラスラティフィ(ウィリアムズ)
「最初のフォーメーションラップとレースのスタートでマシンの感触が良くなかったかなりアンバランスだった。前日までよりコンディションが違っていたし、実際に挑戦だった。最後の定量限界まで展開にスライドし、ロマン(発光枚)と2台のフェラーリをチョトヌンルル楽しんだ。全体的には、今日非常に難しいレースだった」

17位:ケビン・ハーネスヌトセン(ハース)
「今日は天気などいくつかの助けが必要でしたが、何も得られなかった。それでも、最初のラップは今回も良かった、それについては非常に満足している。しかし、そこから特にC3タイヤを履いて、最初の定量は本当に速度がなかった。その定量序盤は遅すぎると、とにかくタイヤが過熱していた。その次は、コントロールすることができるようになり、C2の中間に交換して、また少しのようなのようなな感じで定量序盤は苦しんだが、後半までよくなっていった。終盤に再びくぼみときポジションを一つ失った。大変な一日だったが、できることはあまりなかった」

DNF:アントニオジョビナッツィ(アルファ)
「私のレースは残念な結末になった。セバスチャーのDRS距離留まるため、かなりのプッシュたが、マシンが出口からスナップした。限界に達しており、そのような状況のときミスが起こることもある。チームに申し訳ない。今回、彼らは良い結果カードが適していると考えている。もちろん、ジョージ(ラッセル)も申し訳ありませんしている。私はどのようにすることができなかったが、彼のレースも台無しにしまった。それでもこのレースで得ることができる肯定的な面もあった。今回も本当に良いスタートができたし、複数のポジションを上げて二フェラーリと戦うことができたので、これをもとにすることができると考えている。次のレースは、私のホーム、イタリアなので、次の週末に向けてリセットして、より良い状態にしていく必要がある」

DNF:ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)
「フラストレーションを感じており、誤った時間に間違った場所にあり、どのようにすることができなかった。アントニオ(ジョビナッツィ)機械の日よけのように左に行けばどこかで彼のホイールが飛んですることができて、自分のコンピュータの前面にぶつかっ壁に追いやられた。かなり大きな衝撃だったが、私は大丈夫だ。マシンハローがあり、非常に運が良かったと思います。ヘルメットの近くを通っての可能性もあった。非常に不運な状況だったが、レースでは、このようなものもある。それまで良いリズムであった。ハスウル追い越していたが、私たちは長く困難なレースがあったかもしれない」

DNS:カルロス・サインツ(マクラーレン)
「7番目の開始すべきし、レース展開を見ると、大きなポイントを獲得して、良い結果を出す非常に強力な機会を逃したことが分かったので、満足してから離れて、今年2期目のエンジンの問題であり、ポイントを失う挫折はとても悔しい。今まで僕たちに適したシーズンはないと思います。でも、私たちは気持ちを切り替えて明日から焦点を運転車切り替えていく。これから」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / F1ドライバー / F1ベルギーのGP

READ  ルノーF1 "ホンダがF1から撤退した場合に牛と再びパートナーが疑問"[F1-Gate.com]

Okano Akemi

「ベーコンオタク。ゾンビ中毒。ハードコアコーヒー愛好家。テレビマニア。音楽マニア。Twitterマヴェン。フードホリック。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close