経済

Foot Lockerの本格的な日本クール引数

Foot Locker Incの更新

先週の月曜日、さまざまなオリンピック選手が週末に東京国立競技場で世界新記録を更新してから数時間後に原宿の奇妙な路地裏で、以前とは異なる多くのトレンディなタイプのスポーツの歴史作られていました。

昨年から進行中の取引では、米国のスポーツの靴小売チェーンFoot Lockerは atmos引数に3億6000万ドルを支払う – 最高のスポーツブランドの厳格な限定靴を販売して靴に執着する「スニーカーヘッド」コレクター – 投資家現象を作成するために助けてくれたことで有名な21歳の日本のブティックチェーンです。

この試合は非常に緩和された金融政策、目利き、事前販売製品の流動的市場は、世界で最も望ましいスニーカーとの間の異例の瞬間に作られた魅力的な試合です。

Foot Lockerはatmosを買収した場合、いくつかの良い主張があります。 日本企業が海外で企業規模の大小を買収した歴史的な鋭さにもかかわらず、日本の企業は集団的に外部バイヤーに歓迎されないという感じを発散した。

プライベートエクイティ会社は、近年、日本では慎重に自分の位置を把握し、画期的な取引を相次いで作り上げました。 いくつかは、日本を米国以外の地域で最も有望な買収市場に描写しました。 それにもかかわらず、M&Aの銀行家たちは、多くのバイヤーが期待する言語、文化、自然の抵抗の障壁が高く表示されるので、受信トランザクションのための繁栄する環境ではないと言います。

Foot Lockerは、これらの懸念を機敏に克服して、昨年の会計年度に約1億7,500万ドルの売上高を上げ49店舗(日本の39個)が米国の会社に以前に主張することができなかった、アジアの基盤を提供する会社を獲得しました。 コロナ前に、日本アットモス店の顧客の半分以上が外国人であったの大半は、アジア出身であった今はオンラインで会社から購入しています。 しかし、収益性の高い事業は、常にポートフォリオに適していますが、この取引で最も価値のある宝石は、クール・ジャパン(Cool Japan)概念です。 無形資産は、このような形で販売されている場合がほとんどありません。

ヴィンテージシューズ小売業者で開始し、靴屋と直接コラボレーションを開始したアットモスは全世界のスポーツの靴の愛好家たちに多大な影響力を行使しています。 グローバルトレンドの先駆者として原宿文化の複雑さを解読しNike、VansとAdidasのような独創的な関係を通じてスペシャルエディション、超リミテッドランラインを生成することで有名です。 これは数十年前に独占の力が古いエアジョーダンのペアまたは特別版アシックススニーカーにジェーンバーキンバッグほど強力することができていることを認識した店です。

2000年代初頭には、atmos待機列が1km以上並んで、警察が制御しなければならいました。 しばらく特に東京で最も人気のある独占商品を希望中国人の間で珍しいスニーカーの需要が急増し、再販を希望する差益トレーダーたちによって、その中に立つために支払われた学生ホームレスにキューが拡張されました。 Atmosは、特定のブランドの靴を履く人が、店頭に入場することができるドレスコードを主張することで、キューを細くして残っている人々の情熱を強化しました。

何よりも、Foot Lockerはatmosの創設者兼米国の会社が「ストリートウェアやスニーカー文化で最も影響力のある人物の一人」と描写したHidefumi Hommyoを買い入れた。 その言葉合うようです。 現在、全世界的に位置スニーカーヘッド(ほとんど男性の愛好家がスニーカーを買い集めて取引で、価格は$ 1,000がはるかに超える場合が多い)は、間違いなくatmosの最初の店から半径数百メートル以内で生まれHommyoを継続して精神的な存在として考えました。 リーダー。

先週の本社の近くのスターバックスで彼に会ったとき、彼はスニーカーヘッド現象を独特のフリップに定義しました。 20年前までは、コレクターはサブカルチャーの珍しいメンバーでした。 約10年前に、彼らは珍しい商品の主流蓄積がされた。

Hommyoは、日本の長い通話緩和実験と現在のオンライン取引所が原宿の行の後に$ 500で購入した限定版Vansのペアを販売することができる市場を提供するという事実とスニーカーとatmosの顧客の行動を直接接続します。 翌日$ 1,000に、ベトナムスニーカー頭に。 Hommyoは「国が舌のようにお金を撮っている」と言います。 「人々は現金の価値を保持したり、取得資産に置き換えることを望んでいる。 そのため、誰もが必死に収集しています。 ”

[email protected]

READ  福島が崩壊されてから10年後、この日本の地域は、海の放射能水という新しい悪夢に直面します。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Check Also
Close
Back to top button
Close
Close