GICは、日本が企業とより多くの参加を求めているので、「興奮」

1 min read

東京 – GICは、日本の数多くのガバナンス改革により、日本企業と協力して収益を高めるより多くの機会を見ています。

シンガポール国家ファンドは、支配構造の改編とデフレ終息で市場がより魅力的になり、日本の見通しとより多くの取引を模索することに「興奮している」とグループ最高投資責任者であるブライアン・ヨ(Mr Bryan Yeo)が語った。

女氏は東京でのインタビューで「最近数年間、政策立案者たちが出した計画が彼らにもっと一生懸命考え始める刺激剤を与えたと思う」と話した。 「過去1〜2年間、私たちはより良い価値を生み出し、結果として株価を上昇させるための潜在的なソリューションについてはるかに建設的な対話をしました。」

女子氏は新しい役割を引き受けた後、最初のインタビューで会社が日本に関連する取引を検討する従業員40人からなるチームを増やす計画であり、パイプラインが成長すると期待すると述べた。 彼の発言は、会社の日本へのグローバルな割り当てが長年にわたって中断された後に来たものです。 GIC全体のポートフォリオで占め​​る国家比率は2019年3月12%から2023年6%に落ちた。

日本株は2024年に史上最高値まで急騰したが、これはアナリストと投資家が少なくとも部分的には企業が株主収益率を高めようとする努力に起因したものと評価します。

女氏は「不動産を含む日本企業のファンダメンタルと価値評価はかなり肯定的に見える」と語った。 「現在、私たちが座っている取引パイプラインは、3年または5年前に見たよりもはるかに大きいです。」

女氏は、GICが企業と対話することは、株主提案をしたり、特定の目標や経営変化を公開的に要求することで、変化を追求する日本の行動主義投資家とは異なると述べた。

女氏は、「私たちは会社の成長に役立つ可能性のあるソリューション、結果、戦略に積極的に参加し、それを探しています」と述べました。 「潜在力はあります。重要なことは、私たちとパートナー、日本企業が実際にこれを促進し、仕事を推進できるということです」

こうした機会の中には、活用度の低い不動産や非核心事業保有資産を売却するための企業との議論かもしれないと女氏は語った。

GICは世界最大のローカルファンドの1つです。

コンサルティング会社のGlobal SWFによると、投資家は管理中の資産を公開していませんが、保有資産を7,690億ドル(1兆4,000億ドル)に達すると推定されています。

GICが多くの有名不動産を売却する過程にあることが分かったにもかかわらず、杉本健日本代表はインフレ、賃金、金利がすべて上昇し、不動産市場が「前例のない領域」に参入していると述べた。

杉本氏は「私たちは過去35年間でこのようなことを見たことがありません」と話しました。 「私たちは日本の不動産市場が非常に良く、根本的に良いと信じています。 非常に深く液体で透明です。」 ブルームバーグ

READ  日本、企業に育児休職目標設定・公開義務化する計画
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours