技術

Googleは、第1世代Nest HubからFuchsia OSのリリース

Googleの長い開発された、最初から開始するオペレーティングシステムであるFuchsiaは今、実際のMade by Google機器、すなわち第1世代Nest Hubで実行されています。

Googleは、今日から2018年に最初にリリースされた第1世代のNest Hubの所有者にアップデートが配布され始めたと明らかにした。 すべての意図や目的のために更新さは変更されません。 いくつかの Nest Hubの機能の一つである、内部的にスマートディスプレイは、以前に使用したLinuxベースの「Cast OS」の代わりにFuchsia OSを実行します。 実際Nest Hub使用経験は、本質的に同じです。 Googleのスマートディスプレイの経験が Flutterで構築、アプリを複数のプラットフォームに継続的に提供するように設計された マゼンタを含む

私たちは、Fuchsiaの発展を追跡しています 2016年から、で始まる 野心的な実験UI、GoogleのスマートホームとChromebookラインナップの全範囲を網羅するFuchsia用Googleの多くの内部テストデバイス上で実行されます。 それ以来OSは徐々に発展し、最近では 安定したリリース予定開始

今月初めに、我々は最初に実行される第1世代Google Nest Hubを発見した。フューシャ1.0“リリースはBluetooth SIGから新しい承認を受けました。 これは、GoogleがFuchsiaを内部テストプロセスでより普及したことで拡大することを意味しました。 当時、私たちは、開発者が新しいOSを簡単にしようとすることができる方法と考えることがあると仮定したが、会社の開発者中心のイベントであるGoogle I / Oを介して現在Googleが作業に大きな計画を立てたようです。 。

Nest HubのFuchsiaベースの更新は、プレビュープログラムのアップデートを開始し、今後数ヶ月にわたって発売される予定であり、最終的にはより広範囲に使用可能になります。 インターフェイスと経験が変わらないことを考慮すると、Nest Hub所有者は、Fuchsia OSに移行したという事実に気づかないでしょう。 つまり、Googleは、オペレーティングシステムを切り替えることが簡単なアップデートがないため、数ヶ月で、この展開を慎重に進めていることが見えます。

今日のリリースでは、一般人が利用できるオペレーティングシステムであるFuchsiaに向けGoogleの最大の公開ステップです。 実機での現場テストを使用してGoogleは「Linux以外の「オペレーティングシステムがCast OSのドロップイン代替品として、スマートホームで使用する準備ができたことを証明することができます。 現在のところ、Googleが他のCast OSベースの機器をFuchsiaに移植する計画であることをわからない。

つまり、スマートホームは、GoogleがFuchsiaのために移動した多くの方法のいずれかであるだけです。 OSは、デスクトップとスマートフォンの両方に電源を供給することができるように設計されました。 基本的にはAndroidアプリの実行。 Googleの提案通り 2019年宏ロックハイマー、スマートホームはMade by Google機器でFuchsiaの出発点になることがあります。 以降

電話とPCだけではありません。 IoTの世界では、オペレーティングシステムと新しいランタイムなどを必要とする装置の数が増加しています。 強みと専門性が異なる複数のオペレーティングシステムのための余地がたくさんあると思います。 マゼンタは、そのようなことの一つなので、ご期待ください。

– Hiroshi Lockheimer、Android、Chrome / OS、Playや写真のGoogle SVP

Fuchsiaに関する追加情報:

FTC:私たちは、輸入輸入自動アフィリエイトリンクを使用します。 多く。


より多くのニュースを表示するには、YouTubeで9to5Googleを確認してください。

READ  iPad Air(2020)は、憎らしいほど「事故」がiPadの選択を難しくした(西田宗ちか) - Engadget日本版

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close