理科

Google Earthで見る地球の驚くべき地形(平アサヒコ海洋研究開発機構)| ブルーボックス

地球科学の専門家である坪餓死ヒコ先生もは、海洋研究開発機構が格闘軍生じた数々の知識や資料を網羅した「地球科学」の決定版「カラーイラスト地球科学入門地球観測 “この好評を受けています。 本記事では、家にいながら、地球を観察することができる「Google Earth」見どころを評価先生が紹介していただきました。

CIA出発したGoogle Earth

地球の衛星画像と地図情報を集めて、仮想の3D画像で表現する試みは、20世紀後半から存在していた。 当時、米国CIA(中央情報局)の創設したKeyhole社EarthViewer3Dを開発した。

Googleはこの会社を買収して、衛星写真、航空写真とGISを組み合わせて、2005年に地球の表面の3次元画像を作成した。 このGoogle Earthであり、これまでに進化を続けている。

Google Earthは、地球全体で、細部に至るまで観察し、理解する最適なツールである。 これは私たちの地球館は一変したといい。 地球全体を見ると、西太平洋、インドネシア、複雑な陸と海の地形、ヒマラヤ、チベットとアフガニスタンでとまでの褶曲帯、北アフリカの車、赤道地域の緑、陽極白、そして広大な海洋底で構成されていることが一目でわかることができる。 凄い!

また、Google Earthは、各地の写真とリアルタイム画像(ストリートビュー)、さらに海底生物や沈没船などあらゆる情報が載っており、まさに地球情報リストている。

この記事では、Google Earthのスポット点について説明している。 緯度・経度で湿らせた位置は、代表的なポイントであり、もちろん、その周りを広く観察してもらいたい。

スラスト断層褶曲の

スラスト断層褶曲帯(Thrust and Fold Belt)の構造は、世界的に認められる。 例えば、パキスタン、アフガニスタンでイランにかけ一帯は全域が壊滅的な膜スラスト断層褶曲地帯と言ってされる。 特にイランのペルシャの褶曲構造は素晴らしい(27°39’N 52°50’E)。

これらの褶曲構造の形成が、石油の移動胚胎に関係していることを理解することができる。 また、これらの褶曲構造の形成が岩塩層を滑り層(調輝度)しており、岩塩ダイヤピールや岩塩・泥火山を多数伴うことが分かる(例えば、27°00’N 55°06’E)。

東アフリカ大地溝の

ジブチ三角地帯でエチオピア高原そして、ケニアに至る東アフリカ大地溝の写真は圧巻である。 特にケニアのブーツルカや湖の南では、リフトの断層や火山活動の様子をよく読んで(1°30’N、37°Eにリフトの東断層群)。

READ  自動化により、データ科学は不必要になるだろうか? | TechCrunch Japan

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close