トップニュース

Hawkish Fedは日本の債券市場機能を復活させるのに役立ちます – BOJアンケート

東京、3月1日(ロイター) – 米国の緊縮政策への期待によるボラティリティが、2月に日本の債券市場機能を復活させたという調査が、日本銀行が日本銀行の巨大な存在により減少する流動性に焦りながら歓迎できるほどの発展であることを示した。

先月、日本国債(JGB)の利回りは数年間最高値を記録しました。 米国の頑強なインフレと他の主要中央銀行の売派傾向が、日本中央銀行(BoJ)がすぐに緊縮政策を施行すべきだという予測に拍車をかけたからです。 もっと読む

その結果、中央銀行が69の金融機関を対象に2月1~7日に実施した四半期ごとの調査によると、JGB市場機能を測定する拡散指数は2月マイナス21と11月マイナス25で改善された。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

指数は、市場機能が低いと考える回答者から高いと考える回答者の割合を減算して計算します。 否定的な読書は、より多くの回答者が市場機能が低いと感じていることを意味します。

2月の指数水準は、2015年11月以降の最小マイナス数値であり、金融​​機関は、市場機能がBOJが2016年1月マイナス金利を導入する前の水準に回復したと感じました。

BOJ側の関係者は「金利が上昇し、より広い範囲で取引され、市場流動性が多少改善され、取引量が増加した」と述べた。

アンケートの回答者は、収益率が上昇し続けると予想しています。 彼らは、ベンチマーク10年のJGB収益率が2023年3月現在の0.20%に達すると予想しており、これは11月の0.15%から上昇したものです。

JGB 10年物収益率は、火曜日、ロシアのウクライナ侵攻後の安全な避難所としての債券需要の増加により、2月3日以降最低水準の0.175%に0.5bp下落しました。 もっと読む

収益率曲線管理の下で、BOJは経済を活性化するために10年の収益率を約0%に制限するために膨大な量のJGBを購入します。

長年にわたり、BOJの大規模債券買収により流動性が枯渇し、個人投資家が債券市場から抜け出して市場の機能が低下した。

BOJは、債券市場に活力を吹き込むために、10年の収益率が目標値を中心にさらに広範囲に動くように措置を講じました。

今すぐ登録してReuters.comへの無料無制限アクセス

Takahiko WadaとLeika Kiharaの報告。 サイモンキャメロンムーア編集

私達の標準: Thomson Reutersの信頼原則。

READ  「サイバーパンク2077」修正プログラム1.05配信...自動再起動すると、設定が初期化される問題などを修正 - Game * Spark

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Back to top button
Close
Close