技術

[Hothot 리뷰]コナミが作ったゲームPCである「ARESPEAR C700 +」「コナミさ」を醸し出す開始の一つ – PC Watch

ゲームのコナミがeスポーツ専用PCを作った

コナミグループでアミューズメントマシンを担当するコナミ遊びがeスポーツのためのコンピュータとデバイスを扱う「ARESPEAR」シリーズの配布を開始した。

コナミは、伝統のゲームメーカーで、家庭用ゲームやアーケードゲームなど、さまざまな分野に拡張している。 eスポーツの努力にも積極的で、「ウイニングイレブン」、「実況パワフルプロ野球」、「beatmania IIDX」というタイトルでプロリーグも開催されている。

そのような状況を加味しても、ゲームメーカーがPCを作成し、一般販売するのは異例だ。 6月には、esports銀座store」をオープンして、eスポーツの関連ソフトハードボックス(建物)を総合的にプロデュースしたいという思いがあるかもしれない。

「ARESPEAR」シリーズのゲーム用PCは、現在の3モデル展開で、今回のテスト」ARESPEAR C700 +「最上位機種である。非常にユニークなシステムに仕上がっているので段階的に見てみよう。

サウンドカードの設定で音へのこだわりが見える

「ARESPEAR C700 +」のスペックは以下の通りです。

【表1】ARESPEAR C700 +
CPUCore i7-9700(8コア/ 8スレッド、3〜4.7GHz)
チップセットインテルZ370
GPUGeForce RTX 2070 SUPER
メモリ16GB DDR4-2666(8GB×2)
SSD512GB(M.2 NVMe)
HDD1TB
光学ドライブなし
サウンドカードASUS Xonar AE
電源750W
それほどWindows 10 Home 64ビット
汎用ポートUSB 3.1×2(1つは、Type-C)、USB 3.0×6、USB 2.0×2
カードスロットなし
映像出力HDMI 2.0b、HDMI 1.4b、DisplayPort v1.4×3、DisplayPort 1.2、DVI-D
有線LANギガビットイーサネット
その他音声入出力、S / PDIFなど
本体サイズ(幅×奥行き×高さ)230×575.3×501.5mm
重量約17kg
直販価格338,000円(税込)

CPUはCore i7-9700、GPUはGeForce RTX 2070 SUPERの構成。 ハイエンドで1度落ちるが価格性能比でよい。 CPUには水冷ユニットを搭載する。 メモリとストレージなどの構成は、標準的なラインである。

ユニークなのは、サウンドカードにASUS Xonar AEを搭載している点。 最近では、オンボードのサウンド機能も高性能さ、サードパーティのゲーム用PCでサウンドカードを追加することはほとんどない。 音楽ゲーム「beatmania IIDX」をeスポーツタイトルとして扱わするには妥協できない部分というのだろうか。

価格は税込みで338,000円となっている。 下位モデルの「ARESPEAR C700」は、「ARESPEAR C700 +」が基本仕様は共通で、LEDの装飾がないことになる。 また、下の「ARESPEAR C300」は、Core i5-9400F(空冷クーラー)、8GBメモリ、GeForce GTX 1650などに変更される。

他社製品と仕様だけで比較すると価格はかなり高額に違いない。 その後、その価格差はどこに発生するかは、視線も含めて実機を見たい。

ハイエンドに迫る性能でフルHDゲーミング万全

次は、実際の検証に移す。 まずベンチマークテストを試みた。 利用は「PCMark 10 v2.1.2506 “、” 3DMark v2.13.7009 “、” VRMark v1.3.2020」、「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITIONベンチマーク」、「ファイナルファンタジーXIV:漆黒のヴィランズベンチマーク “、”ファンタジースターオンライン2キャラクタークリエイト体験版EPISODE4」、「Cinebench R20」、「CrystalDiskMark 7.0.0」

超ハイエンド構成ではありませんが、スコアはかなり健闘している。 「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITIONベンチマーク」は、4Kでも「普通」評価され、画質を少し下げる実用的なレベルになりそうだ。 ただ、製品の位相を考えると4KよりフルHD級の信頼性と高いリフレッシュレートを意識しているのだと思う。

CPU系のベンチマークスコアを見ると、Core i7-9700がハイパースレッディング非搭載なので、8コアに比べて、マルチコアプロセッシングの性能はそこまで高くない。 ただのゲームでは、実際の8コアで不足していることも考えにくく、ゲーム界のベンチマークスコアでも不利を感じさせ値はなかった。

[표 2]ベンチマークスコア
「PCMark 10 v2.1.2506」
PCMark 106,756
骨子10,316
アプリの起動スコア15,473
ビデオ会議スコア7,756
Webブラウジングスコア9,149
生産性8,389
スプレッドシートの得点9,406
書き込みスコア7,482
デジタルコンテンツ制作9,671
写真の編集スコア11,703
レンダリングと視覚化スコア12,273
ビデオ編集スコア6,298
「3DMark v2.13.7009-タイムスパイ」
スコア9,652
グラフィックスコア10,137
CPUスコア7,597
「3DMark v2.13.7009-ポートロイヤル」
スコア5,988
「3DMark v2.13.7009-ファイアストライク」
スコア20,372
グラフィックスコア24,148
物理学スコア18,017
総合スコア10,307
「3DMark v2.13.7009-ナイトレイド」
スコア52,181
グラフィックスコア108,072
CPUスコア13,276
「3DMark v2.13.7009-スカイダイバー」
スコア44,687
グラフィックスコア79,652
物理学スコア15,472
総合スコア30,613
「VRMark v1.3.2020-オレンジルーム」
スコア12,667
「VRMark v1.3.2020-シアンルーム」
スコア9,657
「VRMark v1.3.2020-ブルールーム」
スコア3,204
「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITIONベンチマーク」(高品質)
3,840×2,160ドット4,308
1,920×1,0809,544
「ファイナルファンタジーXIV:漆黒のヴィランズベンチマーク」(最高品質)
1,920×1,08018,182
「ファンタシースターオンライン2キャラクタークリエイト体験版EPISODE4」(簡単な構成6)
1,920×1,080100,467
「シネベンチR20」
CPU3,056点
CPU(シングルコア)471点

ストレージはSSDに東芝「KXG60ZNV512G “HDDに東芝「MG04ACA100N」が使用されていた。 SSDは連続読むから約3.3GB / sの高速読み取り速度の不満が出てくることはないだろう。

東芝KXG60ZNV512G

東芝MG04ACA100N

オリジナリティ溢れる背面カバー必ず

プロジェクターを前と後ろを撮影。電源ボタンの位置を確認しなければどちらが先なのか分からない

READ  スマートフォンでもPCでも使用できるUSB Type-CとNFCを搭載した物理的なセキュリティキー」YubiKey 5C NFC」レビュー - GIGAZINE

続いて実機を見たい。 一見品の感想はほぼ全てが「どちらが先なの?」に違いない。 その理由は、ケースの前後に装着されている水玉模様に穴があいたカバー。 前後の両方で見ても、ほぼ同じように見えるデザインになっている。

背面カバーが装着されたPCは、極めて稀である。 裏面は、一般的に各種ケーブルの接続場所であり、排気口になる場合が多いので、可能な限り防ぎたくない。 そうでなくて、PCの背面が見える状況は少なく、装飾の価値も高くない。 それでも背面カバーを設置しは観戦を前提としたeスポーツでの使用を考えたのだろう。

背面カバーによって使用感はどうだろうか。 背面カバーを取り外すと、通常のPCと同じデザインで、様々なケーブルを接続することができる。 ケーブルは、下段の取っ手部分を介して接続して、すべてのケーブルが本体の底近くで出てくる姿になる。 今カバーをかぶせても、ケーブルがスッキリまとめて外に出るようになる。

背面カバーを開け配線

ケーブルは、下部のハンドルを逃がすことで、背面カバーを取り付けられる

ケーブルが自然ギョルジョンドゥェルヌンスマートいいと思うが、各種ケーブルの長さに注意が必要である。 たとえば、主にキーボードとマウスを接続するものと見られる上部のUSBポートであり、そこでは下段の持ち手部分を突き抜けて底から出てくるようになれば、ケーブルの長さを数十cm消費する。 筆者の検証環境でプロジェクタをテーブルの横の左の足のキーボードを表の右側に置くと、ケーブルの長さが1.5m、キーボードであれば、少し届かない。

排気については水滴部分の裏側に、より小さな水玉模様の穴が開いた黒いプレートが取り付けられている。 カバーのほぼ全体換気ているので、気流の心配はないようだ。

裏蓋には賛否あると思うが、実物を見た筆者としては、ケーブルが届かない問題を解決することができ、単に非常に良いアイデアだと思う。 家庭でも、リビングなどで目に入って来やすい場所にコンピュータを置きたい人はいるだろう。 本製品であれば横に置いても違和感なく置けるし(サイズの存在感はありますが)どの方向から見てもすっきりとした外観はかなりありがたい。

カバー以外の部分も見てみよう。 フロントカバーのみのボタン類がなく、天面電源とリセットボタンアクセスランプ、ヘッドフォンとマイク端子、USB端子が用意されている。 USB端子は、通常時はカバーが装着されており、取り外すと端子に接続することができる。

そう操作に関することはない。 光学ドライブは非搭載で後付けすることができるような5インチベイもない(内蔵用5インチベイ2つあり、1つ以上の空きがある)。 また、端子類は、一般的にケース前面に近いところにまとめて本機は、最高委員会、中央から内側に向​​かって垂直に配列されている。 ユニークなデザインで使い勝手も悪くないが、机の下などに置いておきたい人は注意が必要である。

上面に電源ボタンと各種端子が縦に並ぶ

左側面にはアクリルパネルの内部が見える。空気を通過暇はない

右側面には、ロゴが描かれただけで空気穴などはありません

床は、メッシュがある。電源は、床から吸引される

最上位機種のカラフルなLED照明

電源を入れるとLEDが光出す。とにかく派手である

本機の電源を入れると、筐体の左右を囲むように配置されたネオンサインの形のLEDバーと左側面のアクリルパネルを介してボールケースの内部に配置されたLEDが光る。 過去にLED照明を採用したゲーミングPCはいくつかあるが、ここまで派手な装飾をしたのは記憶にない。 仕事をする筆者の横でさんざんゲームPCを見たことがあるの妻が「語、何これ!」と声を高めたほどだ(笑)。

LED照明の色と演出は、ユーザー定義が可能で、製品サイトの「AREPSEAR LED EDITOR」というWebアプリケーションを使用する。照明は左右のLEDバーとケース内部のLED 3部位を個別に設定することができ、色はRGBフルカラーに調整することができる。指定された色の輝く時間やループのタイミングを大幅に細かくカスタマイズ可能である。

Webアプリケーション「AREPSEAR LED EDITOR」でLEDをカスタマイズすることができ

設定が終わったら、画面上部の「down load」ボタンを押して、設定ファイルをダウンロード、通知領域に常駐している「ArespearLED」アプリケーションからロードして、本体に設定が反映される。 保存された設定を「AREPSEAR LED EDITOR」側にロードする」up load」も可能である。

「AREPSEAR LED EDITOR」によるカスタマイズ機能は非常に細かく、強力なものですが、操作方法がユニークで直感的とは言い難い。オリジナルWebアプリケーションを介して設定ファイルをエクスポートという構造が複雑である。このように頻繁に触れ設定ではないかもわからないが、少なくとも現地で完結することができる形態に入れておいてほしかった。

「AREPSEAR LED EDITOR」でエクスポートした設定ファイルを「ArespearLED」アプリケーションにロードする。人の手にかかることが残念だ

本製品は、どうしても外見に気を使うが、それ以外の使用感もチェックしよう。 アイドル時は、様々なファンが緩く回っている音が程度で動いているのは、知っている(音の前に光で明らかだが)騒音が気になるほどで​​はない。

ベンチマークテストで高い負荷をかけてみると、ファンからホワイトノイズと似たような音が徐々に大きくなっていく。 CPUは水冷式であるため、音の変化が緩やかだが、GPUのファンは数十秒で適当に回転していることがわかる。

数分後にCPUファンの騒音大きくなっています。 音質はCPUファンのようなホワイトノイズ系の風切り音に耳高音はほとんどない。 GPU自体の騒音に比べて劇的にうるさいということもなく、スピーカーからの音もあまり邪魔にならない範囲で入っている。

設計と使用の部分で妥協することが見える

左側のパネルを外したところ

そのような場合、内部も見ていく。 内部にアクセスするには、まず、背面パネルを引いて削除して続いて同様に、前面パネルを取り外します。 次の上面パネルを前にスライドさせて外しますが、電源ボタンなどのケーブルが接続されているので、完全に落ちる。

次は、背面の下部に接続されているLED照明のコネクタを分離した。 その次に裏面の左サイドパネルのネジを緩めて後ろにスライドさせる抜き。 ついに内部にアクセスすることができる。

内部は非常にきれいにしている。 CPU周りは水冷式で高さのヒートシンクなどはなく、ケース前方にも、ドライブベイなどを最大限に置かないことに大きなスペースがある。 配線積極的に裏に回しており、非常に美しい。 左側面から内部が見えることや、LED照明を搭載していることもあり、かなり努力しているようだ。

ファンは、今後巨大な吸気ファンが2つ。 裏面にはファンが1つ。 上部に装着されたCPUの冷却用ラジエーターにはファンが2つあり、空気の流れは、前面から吸引し、背面と上面から排出する形態である。 天面のカバーに穴がないが、カバーとケースの基本となるフレームの間に隙間がケースの前後で空気が排出されている。

前面に大型吸気ファンが2つ

背面排​​気ファン

上部に貼り付けつく形でCPUのための水冷ラジエーターが

その他の部品を見ると、一番最初に目についたのが電源に書かれたSeasonicのロゴ。 スペックシートは750Wとだけ書かれて、特にメーカーと製品の指定はないが、今回の搭載されていたのはSeasonic製の「FOCUS-GX-750」の市場価格は2万円以上する高級品だけに、ここで本当の1万円は、製品のコストが高まっている。

ビデオカードはMSI製品で、シングルファンを取り付けたもの。 その下にASUSのサウンドカードXonar AEが搭載されている。 ビデオカードとサウンドカードは、3スロット分置き、船熱処理への配慮も見られる。

MSI製ビデオカードはシングルファン搭載

ビデオカードの下にASUS製サウンドカード、その下にSeasonic第電源が見える

右サイドパネルも開けてみた。 裏通し配線以外は特に何も見えませんが最小限に絞られた配線を適切に結束して最短距離でケーブルを増やしている。 空気の流れにもほとんど影響を与えない場所なので裏面配線はごちゃごちゃしていることも多い本製品は、こちらも非常に美しくまとめられている。 このあたりが、コナミアミューズメントのノウハウなのだろう。

右サイドパネルを外したところ。裏配線無駄なくすっきりとした

コナミしかできないゲーム用PCを実現

ざっと触ってみた感想としては、設計から組み立てまで非常に丁寧に作られた機械と感じた。 本業ではなく、コンピュータ製作の初期の形態であるため、何かバラがあると身構えたていたものだが、洗練されたデザインと丁寧な組み立て逆驚かせた。 使用上の問題も一切なく、他のコンピュータの製造元でも十分に競争品質である。

背面パネルとLED照明などのオリジナル要素も賞賛しなければならない。 すべてのデザインは好みが分かれることで、本製品のデザインも予備知識なしに見ると、過剰なほど派手とするしかない。 しかし、これは「beatmania IIDX」をプレイするケースであると思ったら、あちこち光る派手なアーケードケースが画像されなるほどと納得がいく。

「ARESPEAR」という名前は、ギリシャ神話に登場する「戦争」を担当する神である “ARES”とその代表的な武器であるウィンドウ」SPEAR “を組み合わせた名前だそう。 そこだけ聞けば約PCに付けるネーミングセンスだとは思えない。 しかし、ロゴと一緒に見れば、それこそゲームメーカーのようなデザインで、そのままシューティングゲームのタイトルロゴをすることができるようだ来る。

同意してくださる方は多くないかもしれないが、筆者がカメラを見ると、「スパ米で招待プレイステーション時代コナミさ」があれこれと漂ってくる。古い言いたいのではなく脈々と受け継がれるコナミのDNAのようなものを仕方なく感じてい製品が包装された段ボールさえ開く」ARESPEAR」というゲームの特別限定版が出てくるような感じがしています。

ゲーム用PCをLEDでキラキラ輝くという流行はもはや役に立たないと思うが、本製品に限りゲーマーのときめきを呼び起こすはコナミしかできない演出がされていると思う。 「アーケードゲームを知っている人がゲーマーに向けて、コンピュータを作成すると、このようになるのか!」と驚く部分は多い。

そこで、本製品は、ゲームメーカーだけ唯一無二の魅力と確かなデザイン開発力による完成度の高さがあるのは間違いないが、そのようにしても価格はかなり高価なければならない。 現象とかなりデザインを好むか、またはコナミの愛にあふれる人一はなかなか購入を断行することは難しいと思う。 しかし、本製品は、まだブランドの第1弾製品。 eスポーツ全体の関係の一環として、今後の展開にも期待したい。

背面カバーデザインとLED照明は、他にない魅力ある

ゲームメーカーらしさを強く感じさせロゴはボックスに描かれている

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close