経済

[Hothot 리뷰]モバイルノートパソコンに完成度が高くなった」XPS 13」16:10画面でA4用紙次の移動性が魅力 – PC Watch

XPS 13(9310)

 デルテクノロジーでIntel 11世代Coreを搭載した「XPS 13」、「XPS 13 2-in-1」が登場している。 現世代のXPS 13シリーズは、Intel Evoプラットフォームに準拠した製品である。 今回は「XPS 13(9310)」のクラムシェルモデルをテストする機会を得たので紹介しよう。

また、直販価格はなんと23万円以上だが、執筆時点では、年末の割引が行われており、Core i7-1185G7メモリ16GB、SSD 512GBモデルが1万8,780円割引に、しかも20%割引クーポンで18万2,712円で購入可能となっている。

Thunderbolt 4×2だけがモバイルで使いやすいインターフェース

スリムを追求するモバイルノートは、インタフェースが犠牲になる。 特にUSB Type-A、HDMIなどの端子は、高さがあるので非搭載されている場合が多い。 ここでは、XPS 13も同じだ。 XPS 13のインターフェースは、左側がThunderbolt 4とmicroSDカード、右側面がThunderbolt 4およびオーディオジャックである。 なお、USB Type-C→Type-A変換アダプタが1つ含まれている。

USB Type-C→Type-A変換アダプタが1つ含まれた

このように、周辺機器を接続できる端子は最低である。 モバイルでは、そこまで支障はないかもしれないが、家庭で使用してください考えると片側にUSB PDの充電器を接続し、残りは1ポート。 USB Type-Cをディスプレイ出力に使用外部USBキーボードを使用し、外部USB HDDを接続などを組み合わせることで、本体の端子だけでは無理である。 事実確認もここが首を感じた。 USB Type-C HubまたはThunderbolt Hubで補充することを考慮したいと思う。

セキュリティは、電源ボタンに指紋センサー、Windows Hello対応Webカメラを搭載している。 また、スマートフォンと連携することができる「Dell Mobile Connect」は、Bluetoothを利用して、スマートフォンとペアリングしてXPS 13で電話をかけたりアプリを操作している。

リモートワークが一般化して、約1年、筆者は、PCで完結されたWeb会議が、必ずしも最高というのはないという事実を知ることに、アプリケーションに応じスマートフォン版を使用してPC上でメモの作成などの方法を編み出したが、Dell Mobile Connectを使えばそこを統合することができるようだ。

狭いフレームベゼルの狭いスペースにWebカメラが内蔵されている。赤外線カメラもあり、Windows Helloを利用することができる

電源ボタンが指紋センサーを兼ねている。 Powerなどの刻印と電源LEDがないのはこのためである

幅が30cmを切ってXPS 13がキーボードは19mm程度のキーピッチを維持している。 また、日本語のキーボードでも比較的標準的な配列を実現しているところが良い印象だ。 気づい場所には右AltがないPageUp / PageDownは上下左右キーの上下に割り当てPrintScreen / Home / EndがF10〜F12のFnと、DeleteがBackSpace上で一つずれているなどのあたり。 この程度なら慣れても問題ない。

キーボードの配列は、比較的クセが薄いので慣れるまでに時間がかかりそうだ

右Alt話

Home / Endこの機能キー部分の

スリムなノートパソコンですが、キーストロークは比較的大きくとられているようだ。 反発力も多少強く調整されているのだろうか、スリムノートPCの中で比較するとしっかりとしたタイピング感が得られる製品である。

また、XPS 13は、「リードセンサー」が搭載されている。天板の開閉を検出することで、これの便利な点は、たとえ電源がオフの状態でも、天板を開くと、電源が入るだろう。天板を開くと、=そのPCを使用することはそこから、電源ボタンを押す操作は、よく考えると余計な一手間することができる。そこを抜くことがリードセンサです。一般的に、ノートパソコンの電源をオフにする機会は少ないが、あれば便利な機能することができる。

Tiger Lakeを中心に性能重視の構成

内部仕様を見てみましょう。 評価製品は、CPUにCore i7-1165G7,16GBメモリ、1TB SSDを搭載する構成であるが、カスタムモデルを選択することができますので、詳細については、購入・検討してください確認してください。

まずCPUのCore i7-1165G7は4コア8スレッドのTiger Lake世代CPUで、定格はTDP-upが28Wの2.8GHz、TDP-downが12Wの1.2GHz、ターボブースト時最大が4.7GHzなどの仕様である。 しかし、執筆時点では、製品サイトを調査した結果、いずれもCore i7-1185G7を搭載する構成であった。 Core i7-1185G7は1165G7より高いクロックのモデルである。

CPUはTiger Lake世代のU-SKU。 Core i7-1165G7が搭載されていた

グラフィックス機能をCPUに内蔵された機能を利用する。 Core i7-1165G7はIris Xe Graphicsある。 今までのIntel UHD Graphics系でアーキテクチャを変え、より高性能に進化した統合GPU機能である。

GPUは性能向上を達成したIris Xe Graphics

メモリはLPDDR4x-4267。 Core i7-1165G7自体は、通常のDDR4-3200をサポートしていますが、より性能の高いLPDDR4xを採用していることがXPS 13のポイントとすることができる。 また、ユーザーは32GBまで搭載することができるので、メモリ消費の強力なアプリケーションを使用している方は、ユーザーに挑戦してみよう。

メモリは16GBまたは32GB。 LPDDR4x-4267とされる

ストレージは、NVMe互換SSDの容量に関しては、カスタムモデルごとに異なる。 Tiger LakeはPCI Express 4.0に対応しているが、評価機のSSDはPCI Express 3.0をサポートのものである。 しかし、転送速度は、シーケンシャルリードで3.197GB / sと十分速い。 性能を求めるならPCI Express 4.0をサポートSSDは選択肢もあるが、4.0のサポートSSDは消費電力と発熱が大きいため、スリムなモバイルノートPCに搭載するにはまだ難しいかもしれない。

ストレージはNVMe SSD。 PCI Express 3.0 x4インタフェースで最大3GB / s前後の転送速度のものが採用されていた

ネットワークインターフェイスの部分で説明したように、有線非搭載で無線だけである。 その無線だが、チップKiller Wi-Fi 6 AX500-DBSがあった。 Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)用チップでBluetooth 5.1も統合されている。 Wi-Fi 6チップの主要IntelのWi-Fi 6 AX200はないが、KillerもIntel製であり、Evoを満たす条件は、Wi-Fi 6日だけでチップは問わないようだ。

無線LANは、Wi-Fi、6対応のKiller Wi-fi 6 AX500-DBS

Ice Lake→Tiger LakeのCPUとGPU性能の両方アップ!

でベンチマークを使用してXPS 13(9310)の性能を見たい。 まず、システムのパフォーマンステストに用いたベンチマークソフトは、UL Benchmarksの「PCMark 10 v2.1.2506 “、” 3DMark Professional Edition v2.16.7094「Maxonの「Cinebench R23」と「Cinebench R20」、「Handbrake v1.3.0 “の5種類である。 比較対象としてIce LakeバージョンXPS 13(9300)のスコアを加えている。

[표 1]検証機
XPS 13(9310、Tiger Lake)XPS 13(9300、アイスレイク)
CPUCore i7-1165G7(4コア/ 8スレッド)Core i7-1035G7(4コア/ 8スレッド)
チップセットTiger Lake-U / Y PCHアイスレイクPCH
GPUIris Xe Graphics(内部CPU)Iris Plus Graphics(CPU内蔵)
メモリ16GB DDR416GB DDR4
ストレージ1TB NVMe SSD512GB NVMe SSD
それほどWindows 10のホームWindows 10のホーム
【表2】ベンチマーク結果
XPS 13(9310、Tiger Lake)XPS 13(9300、アイスレイク)
PCMark 10v2.1.2506
拡張スコア4,5303,593
Essentialsシナリオ9,7839123
アプリの起動テスト12,72111,689
ビデオ会議のテスト8,2028,185
WebブラウジングTset8,9757,937
生産性のシナリオ6,7065,570
スプレッドシートのテスト6,0924,977
書き込みテスト7,3836,235
デジタルコンテンツ制作のシナリオ4,7933,964
写真の編集テスト7,8075,589
レンダリングと視覚化テスト2,9222,708
ビデオ編集テスト4,8274,117
ゲームのシナリオ3,6192,337
Fire Strikeグラフィックステスト5,1302,840
Fire Strike Physics Test9,95310,284
ファイアストライク複合テスト1,4471,064
3DMarkv2.11.6846
TimeSpy1,504877
FireStrike4,1632,496
年齢トレード12,0598646
スカイダイバー12,8958,179
シネベンチR23
CPU(マルチコア)4,6803,681
CPU(シングルコア)1,4251,201
シネベンチR20
CPU2,0411,435
CPU(シングルコア)560462
手動ブレーキv1.3.0
4K / 60p / MP4→フルHD / 30p / H.264 / MP4 Fast SW20.19fps17.98fps
4K / 60p / MP4→フルHD / 30p / H.264 / MP4高速HW(iGPU)26.86fps24.27fps
4K / 60p / MP4→フルHD / 30p / H.265 / MP4 Fast SW20.91fps19.52fps
4K / 60p / MP4→フルHD / 30p / H.265 / MP4高速HW(iGPU)26.03fps24.01fps

PCMark 10は、ほとんどの項目でTiger Lake版Ice Lakeバージョンを上回るスコアを示している。 CPU性能の影響が大きいProductivityシナリオもGPU性能の影響が大きいDigital Content Creationシナリオも全て向上している。

3DMarkはこれの代表的なベンチマークでも最適化が行われているのだ。 テストでは、70%以上の向上率を示したものもある。 おそらくクラスの製品でよくプレイされているものである光DirectX 11という位置のSky Diverは57.7%の向上を示している。 逆にこのクラスでは、負荷が高すぎるだろう高負荷のDirectX 12のテストTime Spyは、測定最大の成長率を見せ71.5%の向上があった。

CPU性能を見るCinebench R23 / R20も、すべてのテストのスコアが向上した。 Cinebench R23は概ね20%向上。 シングルスレッドのテストよりも、マルチスレッドのテストスコア向上率が高い。

Handbrakeでエンコードテストも向上を確認できた。 CPUの処理も向上しているが、Quick Sync Videoの処理速度も向上しているようだ。

[표 3]ゲーム系ベンチマークの結果
XPS 13(9310、Tiger Lake)XPS 13(9300、アイスレイク)
ファイナルファンタジーXIV:漆黒のヴィランズベンチマーク
1,920×1,080ドット、最高品質2,9592,198
1,920×1,080の高品質(ノートPC)4,4173,125
1,920×1,080ドット、標準的な品質(ノートPC)6,1014,329
ドラゴンクエストXベンチマークソフト
1,920×1,080ドット、最高品質11,7707,906
1,920×1,080ドット、標準的な品質12,4099,061
1,920×1,080ドット、低品質14,83510,975
ワールド・オブ・タンクenCore RT
超(1,920×1,080、RT解除)4,8892,899
中(1,920×1,080、RT解除)10,0626,900
最低(1,366×768 RT解除)47,07936,081

ゲームのパフォーマンステストは、「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITIONベンチマーク」、「ドラゴンクエストXベンチマークソフト」、「World of Tanks enCore RT」で行なった。もちろん、測定したすべてのテストのスコアが向上している。

FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITIONベンチマークに関しては、各プリセットでXPS 13のTiger LakeバージョンはIce Lakeのバージョンよりも一段階高い評価まで向上させることらしい。 快適非常に快適に多少快適快適で、通常はややリラックスで述べた状態である。 1,920×1,080、最高の品質で2,959ポイント、やや快適にとどまったが、品質は4,417ポイントの快適評価(30fps程度)を得ている。

ドラゴンクエストXベンチマークソフトはかなり軽量ですので、1,920×1,080ドットであれば、Ice Lake版でも最高の品質で非常に快適評価を得ることができる。 しかし、Tiger Lake版は高得点で、より重いプリセット程度の性能差が大きくなるようだ。

World of Tanks enCore RTは画質超でも良好な結果との評価を得ることができる。 Ice Lakeバージョンで許容可能な結果という評価であるため、大幅に改善(68.6%)することができる。

最後に、バッテリーの寿命について報告したい。 PCMark 10のバッテリーテストModern Officeシナリオをパワーモード(より良いバッテリー)でテストした結果は、9時間53分であった。 Ice Lakeバージョンの結果は、10時間42分だったので、少し短かったが代わりに性能スコアは7,066でIce Lakeバージョンの5,495より高かった。

おそらく同じ(より良いバッテリー)も、その詳細な設定は、他のものである。 性能を同じ程度ならIce Lakeバージョンに近い寿命になるかもしれない。 しかし、PCMark 10の負荷でこれだけの駆動時間を得ることができれば生産は問題ない。 次に、性能評価が高い方が快適場合もあるだろう。

完成度の高さに感心したIce Lakeバージョンを超えることができ

Tiger LakeバージョンXPS 13は、デザイン面では、洗練されたIce Lakeバージョンを継承しつつ、内部はTiger Lake世代でリフレッシュ、CPU、特にGPU機能が大幅に強化されたのがポイントだ。 PCMark 10のバッテリ駆動時間のテストで分かるように、モバイル時の性能も良い。 モバイル性能に加え、モバイル生産性が向上したことで、リモート操作、およびワークプログラムに最適のモバイルノートとすることができる。

しかし、モバイルでは十分なスペックだが、家で運用をするときは、機器を追加するのが良い。 他のモバイル製品も同様だが、スリムになるとのインタフェースが犠牲になる。 Thunderbolt 4(USB Type-C)が2ポートあるため、USB PD通過充電が可能なUSB Type-C HubないしはThunderbolt毒を一緒にしたい。

デッロ言えば汎用ドック-D6000性能毒 – WD19DCまたはUSB Type-C準拠のディスプレイなどである。 それらまで含めるとかなり高価されてしまうが、XPS 13本体を含む得られる快適さかに次世代を感じることができることになるだろう。

READ  三菱重、従業員の派遣をトヨタ系列に打診業績悪化に=関係者| ロイター

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close