技術

[Hothot 리뷰]今日発売の最強ゲームスマートフォンASUS」ROG Phone 3」を検証〜おなじみの合体クーラーと特殊効果で遊び心いっぱいの – PC Watch

ROG電話3

 ASUS JAPANこのゲームスマートフォン “ROG電話3「今日(26日)発売した。税別店頭予想価格は、メモリ12GBモデルが119,800円、16GBモデルが129,800円前後の見込み。

ROG Phone最新SoCと144HzのディスプレイのAMOLEDを組み合わせて、従来の合体と冷却ギミックも継承した製品である。 しかし、ゲームだけでなく、高性能スマートフォンで日常的な作業で快適に、今までより幅広いユーザーのための製品に進化したと主張している。 テスト機を評価する機会を得たので紹介する。

応答が良くベタベタスムーズ表示ディスプレイ

ROG Phone 3は、メモリ搭載量別に2モデル用意されている。 一つは、12GBモデル「ZS661KS-BK512R12 “そして他の一つは、現在の国内Android端末では、最大容量という16GBモデル「ZS661KS-BK512R16」である。16GBとすると、ほとんどのコンピュータの世界と変わらなくなる。

今回入手した評価製品は、12GBモデル。 ハイエンドのスマートフォンは、高価になりがちなのに対し、SoCの進化など最強スペックことができる期間は短い。 16GBモデルは最強のゲームのパフォーマンスを必要とする愛好家のために。 一方、サブ12GBモデルは、ゲームが目的でも費用も考慮し方や、ASUS言葉ハイエンドを追求する非ゲーマーが対象となるのはないだろうか。

ROG Phone 3は、以前のモデルROG Phone IIとデザインコンセプトは大きく変わらなかった。 ROG Phoneも第3世代ですデザインコンセプトが固まってきたと言うことができるだろう。 しかし、ブラックケースは確かにゲーマー方向であるかのように感じられるが、正面から見ると、一般的なスマートフォンと大きく変わらない。

ROG Phone 3のデザイン的特徴は、主に裏面である。 中央にはLEDを仕込んだROGバッジその右には、内部のヒートシンクが透けて見える窓を設けてアクセントしている。 しかし、それもカバーを装着すると、ゲーム、スマートフォンさはほとんど感じられない。

ROGバッジとその下にヒートシンクが透けて見える窓がある。 表面は非常に滑らかで平らな面に滑りやすかっ

冷却構造は、液晶パネルと直下のメインフレームの間にグラファイトフィルムを用い、メインフレームは、アルミニウム、また、背面カバーの間にヒートシンクを装着している。 ヒートシンクのサイズはROG Phone IIの6倍という。

ROG Phone 3銀しか外部の冷却装置」AeroActive Cooler 3 ‘を装着することができるので、長時間のゲームでも万全の冷却対策が快適プレーを約束してくれる。

本体サイズは78×171×9.85mm(幅×奥行き×高さ)。 横幅は、ハイエンドのスマートフォンに標準かもしれないが、縦は長く感じられる。 ベゼルは、最近のスマートフォンそれなり狭く画面占有率も十分。 つまりそれだけ画面の表示領域があり、Webサイトなどでは、一度に多くの情報を表示することができる。 本体背面には非常に硬く平滑滑りやすい感じだ。

重量は公称値で240g。 やや重い部類と言えるだろう。 手に持ってもどっしりとした内容が盛り込まれた装置との印象を受ける。 成人男性なら普段使いに痛みになるほどで​​はなくても、苦しいことかもしれない。

ディスプレイは6.59インチの解像度が2,340×1,080。 アスペクト比は19:5.9となる。 AMOLED(有機EL)パネルを採用して10bit HDR対応。 色差を表すΔE値は1以下になっており、表示品質が非常に高い。

そしてリフレッシュレート144Hzの応答速度1msになっている。 ゲームでは、敵の行動を迅速に検出勝負を有利に導くために高いリフレッシュレートパネルに役立つ一般的な用途にもブラウザに表示されたサイトや写真ライブラリなどで目に入ってくるスムーズなスクロールを実現してくれる。

また、タッチ操作のサンプリングレートは270Hzで応答速度が25msのスライドの遅延が18msと入力操作系のスペックも優れている。 応答速度25msというのは、従来比2倍の強化されているという。 ゲームでは、操作が迅速かつ正確に反映されるなどの利点がある。 一般的な用途にも心構え応答が良いように感じられる。

3カメラの構成に強化した。 スナップ十分な機能と性能

カメラはROG Phone II時背面2カメラ背面3カメラ増えている。 レンズ構成は、メインが6,400万画素(ソニーIMX686)で26.6mm / F1.8広角サブセカンドが1,200万画素の11mmの超広角第マクロの500万画素。 加えて、前面が2,400万画素の27mm。

リアカメラは3カメラ増えた。 横には、フラッシュ

他のスマートフォンと同じカメラ部分は突出する

フロントカメラは、右

メインおよび補助カメラアプリ写真モードで使用することができ、マクロカメラアプリケーションでマクロモードを選択使用する。 メインと補助は性格が異なるようで、近くの構図で撮っても印象が異なる写真になりそうだ。 また、セカンド超広角は曲線があるので、そこを生かせば、ユニークな写真を撮ることもできる。

動画撮影は、7,680×4,320ドット(8K)/ 30fps、3,840×2,160ドット(4K9 / 60fps、1,920×1,080(フルHD)/ 60p他.8Kを選択すると、発熱、警告メッセージが表示されたが、4K以下では、これらの表示は、ない。フォーマットはH.264 / H.265。

動画撮影時の手ブレ補正は、強力なフルHD撮影時は、9月下旬曇天やや暗く夜17時、手持ちの状態でもピタッ止まっ写真だった。

「PROビデオ」では左にズームアイコンが表示され、クリックして選択すると、フォーカスポイントを指定する枠が表示され、その下にタッチスライダーが表示される。スライダー緑色の円を左に移動すると、さまざまな側面に右にスライドするとテレ側に柔らかく、一定の速度のズームている。

マクロは、対象物に相当近接する

手ブレ補正オンフルHD / 30p設定で手持ち撮影をしてもピタッとブレのない映像が撮影された

PROビデオは、各種マニュアル設定やソフトズームを行う

Snapdragon 865 PlusのXモードで3D性能が強力

簡単なことになるが、基本的なパフォーマンスのためのベンチマークテストの結果を紹介する。

今回使用したのは、ULの「PCMark for Android Benchmark」同「3DMark」Primate Labs “Geekbench 5」AeroActive Cooler 3を装着した後、Xモードの設定はLv.3、すなわちROG Phone 3が最適なパフォーマンスを発揮できる状態にテストした。

また、比較のためにGalaxy Note8(N950FD)の結果も追加した。 別の比較用には適していませんが、2017年頃のハイエンドのスマートフォンのために、ここでのスコアの差はそろそろ交換を検討している方に役立つのではないだろうか。

ROG Phone 3のスコアはすべて高得点で3年前にハイエンドのスマートフォンに大きな差をつけている。 特に3DMarkスコアは高い。 このあたりは、ゲームを主体にデザインされ、スマートフォンと呼ばれる点だろう。 装着したAeroActive Cooler 3のベンチマークでも、静かで耳の近くようやく音を拾うほどだ。 ゲームプレイを妨害することはない。

PCMarkのようにシステム全体に高負荷を長時間かかる場合、本体側面のアルミ部分はそれなりに熱くなっていた。 しかし、横にホールドオーの左右はグリップの位置は、そこまで熱くならないようで、ROG Phone 3のデザインの良さを感じることができる。

第3世代となって完成度がしましたROG Phone

ROG Phone 3のデザインこそROG Phone IIで大きな変化はないが、SoCの発展に性能が向上してい現在Androidスマートフォンを眺め最高のハイエンドと言えるだろう。 応じて冷却面ではAeroActive Cooler 3へと進化し、カメラの性能も一般のスナップショットは、十分な品質であるかのように感じられた。

アクセサリーによる拡張性という従来の概念を継承している。 いくつかの以前の世代の付属品との互換性を持たせる点については、既存ROG Phoneユーザは、次もROG Phoneを選択することができようにとの配慮かもしれない。 ハイエンドのスマートフォンは高価なので、新機種が登場するたびに交換する負担アクセサリーに要する費用等を勘案すると、これらの施策は嬉しいところだ。

READ  革新的な着用温冷装置POLAR SEAL GEMM | ギズモ・ジャパン

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close