経済

[Hothot 리뷰]1kgを切るLEVEL∞のIris Xe搭載ゲーミングノートパソコンはどこまで戦う? ビジネス用途を含む検証してみた – PC Watch

Iris Xe Graphicsに移動ゲーミングノート

レベル-14FH057-i7-UXSX

ユニットコムiiyama PCブランド「LEVEL∞」でゲーミングノートパソコン「LEVEL-14FH057-i7-UXSX」が発売された。 別途、価格は10万7,980円(執筆時点では9万9,980円割引)。

本製品は、最新の第11世代Core i7プロセッサーを搭載した14インチのノートパソコンで重さは約0.98kgと1kgを切っています。 は、モバイル用の軽量ノートパソコンかなと思いきや、ゲーミングノートパソコン「LEVEL∞」ブランドを冠した製品である。

ゲーム用PCに高性能グラフィックス機能が必要ですが、離散GPUは搭載せず、内蔵Iris Xe Graphicsに対応する。 Iris Xe Graphicsは、高性能であるため、個々のGPUがなくても、ゲームに対応できるという立場である。

価格も税別10万円と手頃な価格のゲーム云々を離れても、魅力的な製品だ。 しかしながら、ゲームPCを名乗る以上、実際のどこまでゲームを楽しむことができるか見てみたい。 高画質グラフィックで楽しめるまで行かなくても、現地でのいくつかのオンラインゲームを覗ける程度のモバイルノートがあればビジネスゲーマーとしては幸いである。

モバイルノートで魅力的な構成

「LEVEL-14FH057-i7-UXSX」のスペックは以下の通りです。

[표 1]LEVEL-14FH057-i7-UXSXのスペック
CPUCore i7-1165G7(4コア/ 8スレッド、1.2〜4.7GHz)
GPUIris Xe Graphics(内蔵GPU)
メモリ16GB DDR4-3200(8GBオンボード+ 8GB)
SSD500GB(M.2 NVMe)
光学ドライブなし
ディスプレイ14インチ非光沢液晶
解像度1,920×1,080
それほどWindows 10のホーム
汎用ポートThunderbolt 4、USB 3.1、USB 3.0
カードスロットmicroSD
映像出力HDMI、Thunderbolt 4
ワイヤレス機能Wi-Fi 6、Blunetooth 5
有線LANなし
その他前面100万画素のカメラ、マイク、音声入出力など
本体サイズ(幅×奥行き×高さ)322×218×19mm
重量約0.98kg
別途、価格10万7,980円

CPUはTiger Lakeマイクロアーキテクチャを採用したCore i7-1165G7。 GPUは、前述したように、CPU内蔵のIris Xe Graphicsある。

メモリは16GB、SSDは500GB。 モバイルノートと考えると十分ですが、ゲームで考えると、ストレージは少し大きいほうがいいかもしれない。 ユーザー定義の最大2TBまで選択することができる。

また、薄くて軽いケースを採用していることもあって、ストレージM.2 NVMe 1つだけが2.5インチドライブと光学ドライブは内蔵することができない。

ネットワーク周辺では、有線LANは非搭載。 無線LANは、Wi-Fi 6に対応している。 実機で確認するとIntel Wi-Fi 6 AX201が使用されており、160MHz幅で最高2.4Gbpsをサポートする。

最新のモバイルCore i7を搭載しながら重さは1kg未満、厚さは19mmで減らし、14インチのディスプレイを搭載するモバイルノートPCとしてもかなり魅力的なスペックとなっている。

画質設定に応じて、3Dゲームも現実

以下は、実機を見てみましょう。 まず、ベンチマークテストを試みる。 利用は「PCMark 10 v2.1.2506 “、” 3DMark v2.16.7113 “、” VRMark v1.3.2020」、「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITIONベンチマーク」、「ファイナルファンタジーXIV:漆黒のヴィランズベンチマーク “、”ファンタジースターオンライン2キャラクタークリエイト体験版EPISODE4」、「Cinebench R23」、「CrystalDiskMark 8.0.0」

[표 2]ベンチマークスコア
「PCMark 10 v2.1.2506」
PCMark 104,738
骨子9,618
アプリの起動スコア12,706
ビデオ会議スコア7,845
Webブラウジングスコア8,928
生産性6,991
スプレッドシートの得点6,189
書き込みスコア7,889
デジタルコンテンツ制作4,295
写真の編集スコア7,007
レンダリングと視覚化スコア2,353
ビデオ編集スコア4,808
アイドルバッテリ寿命9時間11分
近代的なオフィスのバッテリ寿命8時間3分
ゲームのバッテリ寿命1時間37分
「3DMark v2.16.7113-タイムスパイ」
スコア1,205
グラフィックスコア1,104
CPUスコア2,510
「3DMark v2.16.7113-ファイアストライク」
スコア3,311
グラフィックスコア3,918
物理学スコア6,825
総合スコア1,129
「3DMark v2.16.7113-ワイルドライフ」
スコア7541
「3DMark v2.16.7113-ナイトレイド」
スコア10,837
グラフィックスコア13,500
CPUスコア5,118
「3DMark v2.16.7113-スカイダイバー」
スコア10,778
グラフィックスコア12,665
物理学スコア6,416
総合スコア9,826
「VRMark v1.3.2020-オレンジルーム」
スコア1,694
平均フレームレート36.93FPS
「VRMark v1.3.2020-シアンルーム」
スコア1,107
平均フレームレート24.12FPS
「VRMark v1.3.2020-ブルールーム」
スコア249
平均フレームレート5.42FPS
「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITIONベンチマーク」(1,920×1,080)
高品質1,164
標準的な品質1,517
軽量品質1,773
「ファイナルファンタジーXIV:漆黒のヴィランズベンチマーク」(1,920×1,080)
最高品質2,164
高品質(ノートPC)3,098
標準的な品質(ノートPC)3,883
「ファンタシースターオンライン2文字クリエイト体験版EPISODE4」(1,920×1,080)
簡易設定61,599
簡易設定52,589
「シネベンチR23」
CPU(マルチコア)3,117点
CPU(シングルコア)886点

最近ゲームノートPCと比較すると、CPUとGPUがはるかに低い値となっている。 CPUに関しては、最近6コア、8コアなど、より多くのCPUコアを持つ製品が多い最新世代は言っても、低消費電力のモバイル用クアッドコアは絶対性能で劣るなどしている。

ゲーム界のベンチマークテストは、フルHD解像度でも画質を上げるとスコアが低かったため、それぞれの画質を下げ再テストしている。

「FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITIONベンチマーク」は最も低い画質の「軽量品質」を選択しても「動作にくい」の評価から抜け出せずにプレイはつらい。 「ファイナルファンタジーXIV:漆黒のヴィランズベンチマーク」は、最高品質では「普通」の評価であるが、「標準的な品質(ノートPC)」と「快適」までの評価が上がった。 これならぎりぎり遊ぶなくもないというくらいだろうか。

「ファンタシースターオンライン2キャラクタークリエイト体験版EPISODE4」は、最高品質の「クイック設定6」とフレームレートが30fps程度だったが、一つ下げ「簡易設定5」と、40〜50fpsされた。 まだ画質を下げる余地はあるが、このあたりで普通にプレイ可能であると考えられる。

既存の内蔵GPUのことを考えると、フルHD正しく動く3Dゲームが適当な状態に到達しただけでもすごいだろう。 さらに、3DMarkの「Port Royal」のようなリアルタイムレイトレーシングを使用し、テストを除いて、すべての最後まで問題なく動作した。性能はともかく、まず移動しようとする欲求は満たさしてくれるようだ。

READ  育児休暇取得も進行する「男の出産休暇」とアリ?厚生労働省に「交錯」という女性が多い理由(1):J-CAST会社ウォッチ

ちょうど「VRMark “友人、VRへの利用はまだ難しいもの。 VR用PCの基準は、GeForce GTX 1070となっており、ここに並ぶには、まだいくつかの世代の時間がかかるようだ。

バッテリー持続時間は、オフィスワークであれば8時間以上と非常に長い。 ゲームであれば、1時間半ほどになるので、ゲームプレイ時には、ACアダプタ必須だと考えておくのがよい。

ストレージは、Micron製の2210シリーズ “MTFDHBA512QFD」が使用されていた。 シーケンシャルリードで2GB / sを超えてロードゲームも不満がないレベルで活用することができる。

ミクロンMTFDHBA512QFD

薄いケースでも、全体のバランスが良好

上部は平らロゴが入っている専用シンプル

続いて、製品のいくつかの場所を見てみたい。 本製品の厚さは19mmとなっているが、底のゴム足の方も加えられているようで、ケース部分だけを実測すると15mmくらい。 厚さは全体でほぼ一定である。 上部は完全にフラットでLEVEL∞ロゴがあるだけ。 カラーもブラックで統一されており、ビジネス目的のために使用しても何の問題もないデザインになっている。

重量0.98kgのケースは非常に軽くて持ちやすい。 ディスプレイを閉じた状態では、ケースをねじる動きも全く歪みが感じられない。 ただし天面・下段ともに薄く押す軽く湿らせて反応があるので、満員電車などで圧迫される状況には注意が必要かもしれない。

ディスプレイ部は厚さ約4mmで薄い。 ここでは、左右の角をジャプヌンダグァねじりの動きに若干の屈曲が出てくるが、通常の開閉動作であれば、どこを持っても問題なく動くことができる。 ちなみにディスプレイ部キーボード部分と水平に約180度まで開くことができる。

ディスプレイは上下左右に角度を見ても色の変化はありません。 視野角も十分広く、光量もしっかりある。 色味も特別センセンハンヌンなくても自然で違和感がない。 左右の額縁部分は約6mmと狭く厚さも約4mmで薄いことを考えると、品質が非常に高いと感じられる。

ディスプレイは、左右が約6mmの狭額縁

視野角も良好である

ディスプレイ部の厚さは約4mm

約180度まで熱

キーボードはテンキーのない絶縁タイプ。 配列も、伝統的に終わりの方のキーまでの正方形のキートップの形状を維持しようとする意図が感じられる。 右下の矢印キーは、縦方向に半分程度までつぶれているので、方向キーの使用頻度が高い人だけ注意が必要である。

キータッチは薄いケースそれなり浅いストロークしながらしっかりとしたクリック感があり、強化の反発力がある。 スペースキーとエンターキーなどの大規模なキーでエッジ側を押しても正常にまっすぐキーが下がる。 普段はデスクトップPCを使用している筆者が、キーのサイズと配置にブラインドタッチで支障なく使いやすい。

キー配置は、標準サイズも余裕が感じられる

タッチパッドも、伝統的な

スピーカーは本体側面の前方左右に内蔵されている。 薄い本体に内蔵された小型スピーカーなので、音質は全く期待していなかったが、大きさの割にはまともな音が出てくる。 低音はさすがほとんど出ていないが、人間の声と高音良いバランスで小型スピーカーにありがちな耳の感覚も控えめ。 簡単な動画視聴程度なら十分使用できる。

船熱処理のための空気排出口は、背面の左右にある2箇所だけである。 左空気口からファンの音が聞こえないので、左から吸引して、右から排出しているものと思われる。

騒音はアイドル時と低負荷時には無音でファンの回転が完全に止まったようだ。 ベンチマークテストなど高負荷になると、ファンの回転音が聞こえ始めたが、長時間待っている小さなファンが回る音がかすかに聞こえるほど。 スピーカーからゲーム音が出るほぼ忘れ去られてしまうほどの騒音になりやすいゲーミングノートパソコンの中ではかなり静かである。

キートップの熱伝導は、高負荷時には、上部に若干の暖かさが感じられる。 特に左は中程度まで熱が伝わっており、W / A / S / Dキーも少しだが暖かいしまう。 筆者は違和感を覚えほどではない、夏には気になる人もいるかもしれない。 アイドル中の任意の場所熱を感じないので、オフィスワークステーションなどでは問題にならないだろう。

ACアダプタは、本体と同じくらいの厚さに小さくて軽いものを採用している。 出力は65WでこのごろならUSB Type-Cくれ心もあるが、ACアダプタが十分に小型である点を評価したい。

薄く小さなACアダプタ

モバイルノートに非常に優れてゲームも一応は可能

ビジネス用途をメインに考えると満足度が高い

本機を一通り触ってみて感じるのモバイルノートパソコンで製作利点である。 薄くて軽いながらディスプレイとキーボードなどの品質は高く、決して軽さと価格だけを追求した製品ではない。

最新のCore i7を搭載しただけ、基本性能は十分に高い。 事務プロジェクターを使用して、困ったことはないだろう。 バッテリー持続時間もモバイルノートでは十分である。 Thunderbolt 4ポートを搭載しているのも、将来の安定感がある。

ただし、本製品をPCゲームを主目的で購入することは、果たして難しい感じている。 3Dゲームでも「マインクラフト」をプレイたいくらいなら大丈夫ですが、最近、海外メーカーの3Dゲームを楽しむことができるものとは考えないほうがいいだろう。

それこそ旅行中のMMORPG少しログイン姿を見たいとか、軽いゲームをいくつかの遊びたいとか、そういうニーズを満たすものと考えたほうがよい。 逆に言えば、1kgサンモバイルノートでその程度のことができてしまうというのが、本製品の魅力と言っていいだろう。

ゲーミングノートと呼んで良いか悩ん性能だが、モバイルノートとしての完成度は高く、出張が多いビジネスマンのゲーマーはどの程度一致するものである。 そのようなプロダクトをゲーミングノートブランドのLEVEL∞ラインナップに含まれていなければならないということは容易であり、商売上手だと思う。

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close