技術

[Hothot 리뷰]4種類のダイバリエーションがある」GeForce GTX 1650」の違いを検証 – PC Watch

先日、が、同じ「GeForce GTX 1650」カードを唱えながらも、コードネーム他GPU、具体的には、TU106、TU116のビデオカードが流通している。

本来のGeForce GTX 1650はTU117ある。 そして搭載メモリはGDDR5版、GDDR6版あった。 また、TU106は本来GeForce RTX 2060/2070年生、TU116は本来GeForce GTX 1650 SUPERと1660年生である。 4仕様の違いが価格に反映されるのは、あるとし、性能的にはどうなのかだろうか。 調査しました。

4種のGeForce GTX 1650.どこ違う!?

まず製品の説明が、「TU106のGeForce GTX 1650カード」というのは玄人志向の「GF-GTX1650D6-E4GB / DF2」「TU116のGeForce GTX 1650カード」とは、GIGABYTE「GeForce GTX 1650 D6 OC 4G( rev。2.0)」である。

TU106を持つ専門家志向 “GF-GTX1650D6-E4GB / DF2」

TU116を搭載するGIGABYTE「GeForce GTX 1650 D6 OC 4G(rev。2.0)」

についての一般的なTU117版GeForce GTX 1650にZOTACの2製品「ZOTAC GAMING GeForce GTX 1650 OC GDDR6」「ZOTAC GAMING GeForce GTX 1650 OC」がある。 つまりTU117スタンダードGeForce GTX 1650にも2つのバージョンのもので、それぞれGDDR6版とGDDR5版である。

GDDR6はGDDR5の後継者として、より高いクロックの動作を可能にしているが、ゲームアイテムのビデオカードはまだ採用製品が少ない。 しかし、現在のコストの面で1つの古いGDDR5に利点があると微妙なある。 ZOTACの2つの製品について言えば、形に同じ価格帯も似ている。

TU117を搭載する「正統」なGeForce GTX 1650 GDDR6バージョンZOTAC「ZOTAC GAMING GeForce GTX 1650 OC GDDR6 “

TU117のGDDR5版のZOTAC「ZOTAC GAMING GeForce GTX 1650 OC」

これにより、各GPUをGPU-Zにわたって仕様を確認してみよう。

GPUGeForce GTX 1650GeForce GTX 1650GeForce GTX 1650GeForce GTX 1650
メーカー玄人志向ギガバイトZOTACZOTAC
商品名GF-GTX1650D6-E4GB / DF2GeForce GTX 1650 D6 OC 4G(バージョン2.0)ZOTAC GAMING GeForce GTX 1650 OC GDDR6ZOTAC GAMING GeForce GTX 1650 OC
コアTU106TU116TU117TU117
CUDAコア数896896896896
GPUクロック1,410MHz1,410MHz1,410MHz1,485MHz
ブーストクロック1,605MHz1,635MHz1,620MHz(1,590MHz)1,695MHz(1,665MHz)
メモリGDDR6 4GBGDDR6 4GBGDDR6 4GBGDDR5 4GB
メモリバス幅128ビット128ビット128ビット128ビット
メモリ帯域幅192GB / s192GB / s192GB / s128.1GB / s
ROP32323232
テクスチャフィルレート89.9Gtexel / s91.6Gtexel / s90.7Gtexel / s94.9Gtexel / s
ピクセルフィルレート51.4Gpixel / s52.3Gpixel / s51.8Gpixel / s54.2Gpixel / s
NVENC生成7位7位6位6位
補助電源端子6ピン×16ピン×1
実売価格14,500円前後17,500円前後15,500円前後15,500円前後

玄人志向「GF-GTX1650D6-E4GB / DF2」

GIGABYTE「GeForce GTX 1650 D6 OC 4G(rev。2.0)(

ZOTAC「ZOTAC GAMING GeForce GTX 1650 OC GDDR6」

ZOTAC「ZOTAC GAMING GeForce GTX 1650 OC」

まず、コアのコードネームは異なりますが、一般的な仕様でCUDAコア数は896個、およびメモリバス幅は128bitである。 メモリ容量が4GBである点も挙げられるだろう。 また、GDDR6メモリを搭載した3モデルは、GPUクロックが1,410MHzに揃っている。

ブーストクロックは、製品によって異なりますが、元のTU116 / 106 GeForce GTX 1650参照がないので、これはリファレンス仕様のブーストクロックのかOSの仕様のブーストクロックのかは確認されない。 おそらく会社の裁量としたものである。 一方、TU117のGDDR5版のみ定格がブーストクロックも高く設定されている。 これはおそらく、メモリ帯域を補完するためにある。

そしてNVENCは要注意事項とすることができるかもしれない。 TU116 / 106は、現在、第7世代、TU117は一つ前の第6世代である。 二世代の違いは、H.265 HEVCでのBフレームをサポートします。 7世代対応しているが、第6世代はサポートされない。

このほか、今後の写真でも指摘したように補助電源という違いもある。 TU106、TU116版のGeForce GTX 1650には、6ピンPCI Express補助電源コネクタが搭載されている。 一方、TU117板に補助電源コネクタはない。 電力に制限があるPC節電を要求するPCにはTU117の方が向いている。

READ  [야마다 쇼헤이의 Re : config.sys]マウスにもまだできることが残っていた - PC Watch

性能の違いをベンチマークで検証

その後、4つのビデオカードをベンチマークにわたって性能差があるかどうかを調査したい。 1つの「OC仕様」という問題がありますが、基本的にブーストクロック側のみ、そのブーストクロックも実クロックではなく、目安ですので、同じブーストクロック表記もクーラーが異なる実クロックは違うと思います鳥羽目を閉じていいだろう。 今回はすべての製品の定格ファクトリーオーバークロック状態での試験を実施する。

また、今回は、コアが違うとはいえ、すべてのGeForce GTX 1650であるため、薄氷になると予想される。 だからまず、内蔵のベンチマークを利用して、(FRAPSとOCATなどの測定に揺れが大きいので、)各テストは、安定したスコアを得ることができるSandra万3回、残りは5回持って平均を算出するなどの方法をとることにした。

検証環境

CPU:コアi9-9900K
メモリ:DDR4-2666(8GB×2枚)
マザーボード:ASUSTeK ROG Strix B360-I Gaming(Intel B360)
SSD:Intel Optane SSD 800p(NVMe、118GB)
OS:Windows 10 Pro 64bit版

3DMarkを見ると、GDDR5版TU117が若干低いスコアが、GDDR6版TU117とTU116 / 106の3製品は、ほとんど一律結果が得られた。 一応、GDDR6搭載バージョン3製品に合わせるとTU106版やや低いスコアは傾向があるようです。

グラフ:3DMark

ゲームベンチマークはTom Clancy「s Ghost Recon Wildlands、Far Cry 5、STREET FIGHTER V、Tom Clancy「s Rainbow Six Siegeを測定した。 前の2つのテストでは、60fps前後が目安後ろの2つのテストは、100fps以上を狙うタイトルである。

全体を見下ろすと、まずやはりGDDR5版TU117つの低フレームレートであることを知ることができる。 GDDR6版TU117、TU116 / 106に焦点するどうしてもTU116版最もフレームレートが高く、若干ですが次点にGDDR6版TU117は、TU106それらに若干ですが、低フレームレートである。

グラフ:ゲームベンチマーク

CUDAの性能を比較するためのテストでGeekbench 5を利用してみた。 結果は、最初のゲームのベンチマークのような傾向にある。

グラフ:Geekbench 5

ここまでの結果、まずGDDR5版TU117明らかGDDR6搭載のバージョンよりも性能が落ちることが分かる。 大きな要因は、メモリ帯域幅である。 GPUクロックはむしろ、他のより高いからである。 性能を引き出すためにはGDDR6が必要である。

以下は、TU106はGDDR6版TU117とTU116に若干スコアフレームレートが低い傾向にある。 またスペックを確認したい。 CUDAコア数はすべて同じである。 そしてGDDR6搭載バージョンについて言えばGPUクロックも一律である。 メモリもバス幅時計もGDDR6搭載バージョンは同じだ。 一つ想定することができていることがブーストクロック。 TU106をOCと変わる。

TU106を持つ専門家志向 “GF-GTX1650D6-E4GB / DF2」をOCして、定格クロック+ 30MHz(ブーストクロック:1,635MHz)で製品の定格TU106ブーストクロックが1,635MHzたTU116と比較したのが次のグラフである。

グラフ:ゲームベンチマーク(OC)

グラフ:Geekbench 5(OC)

ゲームベンチマークでTom Clancy「s Rainbow Six Siege万OC時のスコアが落ちているが、これは測定中にパッチが右影響ではないかと思われる。 上記3つのデータどおりTU106をOCとややフレームレートが上昇したとみられる。 しかしTU116は受けない。 つまり、ブーストクロックを抑制することができることがTU106の不振の原因ではないだろう。

次に、何が真の原因であるだろうか。 いろいろ試した結果、ここでだと指摘がついたが、メモリである。 スペック上で同輩メモリだが、Sandraのグラフィックスメモリのテストを実行して、見て、TU116とGDDR6版TU117より20GB / s程度遅いという結果が出た。 バス幅とクロックに差がないとすると、内部で何かの遅延が伸びるような状況になっているのではないかと推測することができる。 断定することはできますが、TU106のメモリバス幅は本来256bitであり、TU106版GTX 1650は、その半分に制限したものである。 この仕様変更、本来可能なものDisableされたもので、ボトルネックが生じた可能性は否定するだろう。

グラフ:Sandraグラフィックスメモリ1

グラフ:Sandraグラフィックスメモリ2

グラフ:Sandraグラフィックスメモリ

続いて電力を見たい。 消費電力テストは3DMarkのストレステストの実行(15分)の最大値とアイドル時間(ベンチマーク終了後15分)の最小値を測定してみた。

グラフ:システム全体の消費電力

アイドル状態に関しては、TU117版35台、TU106が37.3W、TU116が36.8Wであった。 TU117とその他に分け姿だが、ストレートダイサイズが小さいほど、消費電力も小さく言うかどうかは断言できない。 わずか1.7Wの差なので、搭載するファンや電源回路の変換効率の差で生まれた可能性もある。

高負荷になる明確な差があった。 何よりも消費電力の値がジャクアトヌンGDDR5版のTU117。 次のGDDR6版TU117は、TU116、TU106の順である。 TU106は他のものよりも頭一つはるかに高い。 電力値が最小であったGDDR5版TU117とTU106版では25W以上の差がある。 一度TU106は、今回の唯一のデュアルファンモデルであるため、その分消費電力が大きかった可能性もある。 しかし、そこには加味してもワット性能はGDDR6版TU117とTU116より良いと言うことはできないだろうか。

ちなみに、PCMark 10 Digital Content Creationスコアも示しておこう。 確かにGPUごとに差はついていますが、ここまでのベンチマークほど直進ではなく、TU106とGDDR5版TU117が健闘している試験でもある。 それでも安定的に高いスコアはTU116とGDDR6版TU117だろうか。

グラフ:PCMark 10 – Digital Content Creation

NVENCの違いを確認してください。 HEVC Bフレーム対応が必要!?

NVENCの違いも確認しておこう。 まず、各GPUのNVENCに性能的な違いがあるのか​​、Sandraのビデオトランスコーディング、テストで調査した。 VC1からH.26​​4では、H.264でH.264で言う2つのテストがあり、両方のいくつかのGPUでも誤差の範囲とすることができる値である。 NVENCエンコード性能で差がないことができる。

グラフ:Sandraトランスコード

一方、TU116 / 106は、第7世代NVENEC、TU117は第6世代NVENECある。 ここで、他のものがH.265 HEVC Bフレームをサポートしているかどうかである。 サポートしているのは、第7世代NVENCで6世代NVENCではサポートされていない。これは、NVIDIAのNVENCの比較表で確認することができる。

しかし、実際に使用することができないことを確認したい。 今回はAvidemuxを使用して、各GPUでどのような動作かどうかを調べた。

Avidemuxを開始映像をロードして、左側のウィンドウVideo Outputと、プルダウンメニューから「Nbidia HEVC」を選択する。 これH.265 HEVCの指定である。 続いてその下の「設定」をクリックしてオプションを指定することができる。 下部にある「Maximum Consecutive B-Frames」がBフレームの指定箇所になる。ここで適切な数値を入れて、ファイルを出力させてみた。

TU116 / 106に関しては問題なくエンコードが行われる。 一方、TU117はすぐにエラーメッセージが表示されました。 「Can not set up encoder。The configuration supplied to the encoder may be incompatible or the encorder may depend on futures unavailable on this system」という内容である。 H.265 HEVC Bフレームをサポートしていないため、エンコーダの設定にエラーがあるということである。

AvidemuxでNVENCのH.265 HEVC出力とBフレームの指定を行う設定

TU106 / 116では、上記の設定で問題なくエンコードが開始する

TU117 2章エラーメッセージが表示されますエンコードできない

つまり、H.265 HEVC Bフレームを処理する必要がどのGPUも同程度の性能である。 一方、これを利用しようとする方であれば、TU106 / 116用GeForce GTX 1650カードが最も安価なソリューションとすることができる。

価格、性能、NVENC電力の違いを知って賢く選択しよう

今回の調査を基に、4製品の特徴をまとめておこう。

TU106版GeForce GTX 1650玄人志向「GF-GTX1650D6-E4GB / DF2」

・安価な
・NVENCが7世代

TU117のGDDR6版GeForce GTX 1650 ZOTAC「ZOTAC GAMING GeForce GTX 1650 OC GDDR6 “

性能はわずかな差で2番目
・補助電源が必要

TU117のGDDR5版GeForce GTX 1650 ZOTAC「ZOTAC GAMING GeForce GTX 1650 OC」

・補助電源が必要
・最も電力

同じGeForce GTX 1650でありながら、4つの製品は、それぞれ特徴がある製品であった。 価格、性能、NVENC電力をすべて満たしているわけではない、1製品あたり2個程度満たしてくれる。 このように、同じGPU名で、他のコードネームを混合することはまれですが、多くはない。 今は3種、メモリを含めると、4種類の中から選ぶことができているというなかなか面白い状況だ。 GeForce GTX 1650をご希望の方は、自分のPCに何が必要なのかよく考えてみると、自作PCが楽しむ。

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close