経済

[Hothot 리뷰]Tiger Lake搭載で税別11万円台から! ASUS 13.3インチモバイルノート「ZenBook 13 “を実機レビュー – PC Watch

「ASUS ZenBook 13 UX325EA「税金11万3,455円〜

 ASUS JAPAN株式会社は第11世代(Tiger Lake)の「Core i7-1165G7」を搭載した上位モデルをラインナップした13.3インチの貝殻のノートパソコン「ASUS ZenBook 13 UX325EA」を11月25日に発表し、同日から販売を開始した。税別店頭予想価格は11万3,455円。

同時にディスプレイの回転型2in1」ZenBook Flip S」、3300×2200ドットの13.9インチディスプレイとキーパッドの対応タッチパッドを内蔵した「ZenBook S」も発表されているが、ZenBook 13はフルHDディスプレイと一般タッチパッドを搭載し、 3シリーズの中で最も軽い約1.15kgの軽量ケースを実現したスタンダードモデルとして位置づけられる。

しかしながら、上位モデルは、他のシリーズと同様に、Core i7-1165G7が搭載されており、かなりの冷却性能に差がない限り、処理性能に引けをとらないこと。 そこで、今回のレビューでは、一般的なベンチマークだけでなく、高負荷時のCPUの発熱、クロック周波数のシステム全体の消費電力なども入念にしましょう。

CPU、メモリ、オフィスアプリが他の3つのモデルを用意

ZenBook 13 OSにWindows 10 Home CPUにCore i7-1165G7(4コア8スレッド、4.7GHz)またはCore i5-1135G7(4コア8スレッド、4.2GHz)を採用。 メモリは8GBまたは16GBのストレージは512GB SSD(PCI Express 3.0 x2接続)を搭載。 オフィスアプリケーションは、「Microsoft Office Home&Business 2019」または「WPS Office Standard Edition(3製品共通の使用を含む)」が用意されている。

つまり、構成の違いがあるのは、CPU、メモリ、オフィスアプリケーションが。 下記のように個人は3つのモデルが用意されている。

  • UX325EA-EG124TS(税別15万8,910円前後)
    Windows 10 Home / Core i7-1165G7 /メモリ16GB / SSD512GB / Microsoft Office
  • UX325EA-EG109TS(税別13万6,182円前後)
    Windows 10 Home / Core i5-1135G7 /メモリ8GB / SSD512GB / Microsoft Office
  • UX325EA-EG109T(税別11万3,455円前後)
    Windows 10 Home / Core i5-1135G7 /メモリ8GB / SSD512GB / WPS Office
[표 1]ASUS ZenBook 13シリーズのスペック
商品名ASUS ZenBook 13 UX325EA
販路パーソナル
番号UX325EA-EG124TSUX325EA-EG109TSUX325EA-EG109T
それほどWindows 10 Home 64ビット
CPUCore i7-1165G7(4コア8スレッド、4.7GHz)Core i5-1135G7(4コア8スレッド、4.2GHz)
GPUIris Xeグラフィック
メモリ16GB(LPDDR4X-4266)8GB(LPDDR4X-4266)
ストレージ512GB SSD(PCIE 3.0 x2接続)
ディスプレイ13.3インチフルHD LCD(1920×1080ドット、166ppiワイド非光沢、輝度比公表、色域非公表タッチ非対応のスタイラスサポートされていない)
通信Wi-Fi 6(IEEE 802.11ax)、Bluetooth、5.0
インターフェースThunderbolt 4×2、USB 3.0、HDMI、microSDXC
カメラ92万画素Webカメラ
バッテリー容量67Wh
バッテリ駆動時間約14.4時間約13.9時間
バッテリー充電時間約2.2時間
本体サイズ304×203×13.9mm(幅×奥行き×高さ)
重量約1.15kg
セキュリティWindows Hello対応顔認識カメラ(赤外線カメラ)
オフィスアプリケーションMicrosoft Office Home&Business 2019WPS Office Standard Edition(3製品共通の使用を含む)
同じ製品専用スリーブ、ACアダプタ、USB、イーサネットアダプタ、USB Type-Cオーディオジャックアダプター、製品マニュアル、製品保証書
ファイングレー
税別店頭予想価格価格15万8,910円前後13万6,182円前後11万3,455円前後

Thunderbolt 4×2を装備、有線LANとオーディオ端子は、アダプタを介して

本体サイズは304×203×13.9mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約1.15kg。 67Whリチウムポリマーバッテリー(4セル)を内蔵しており、バッテリ駆動時間はCore i7-1165G7モデルから約14.4時間、Core i5-1135G7モデルから約13.9時間。 バッテリの充電時間は、すべて約2.2時間同じだ。

また、ケースは、米国国防総省制定MIL規格「MIL-STD-810G」に準拠の圧力、高い温度、落下、振動試験をしていると宣伝している。

ディスプレイは13.3インチフルHD LCD(1920×1080ドット)を搭載。 ディスプレイ上部ベゼルは9.75mm、左右のベゼルは、それぞれ4.72mmで、最大画面占有率85%の狭額縁仕様。 カメラは92万画素WebカメラとWindows Hello対応顔認識カメラ(赤外線カメラ)が内蔵されている。

インターフェイスはThunderbolt 4×2、USB 3.0、HDMI、microSDXCカードスロット、通信機能はWi-Fi 6(IEEE 802.11ax)、Bluetooth、5.0をサポートします。 有線LANは「USBイーサネットアダプタ」のイヤホン・ヘッドホンは「USB Type-Cオーディオジャックアダプター」を介して接続する仕様である。

MacBookさえ搭載されているオーディオ端子をアダプタを介しては果敢な仕様。 イヤホン・ヘッドホンにあらかじめ装着しておけば脱着自体は面倒なものではない貴重なThunderbolt 4×2のいずれかを占有してしまうのはもったいない気がする。 個人的にはBluetoothイヤホンヘッドホンを使用したほうがいいと思う。

本体右側面にmicroSDXCメモリカードスロット、USB 3.0、左HDMI、Thunderbolt 4×2を装備。 有線LANは「USBイーサネットアダプタ」のイヤホン・ヘッドホンは「USB Type-Cオーディオジャックアダプター」を介して接続します。

第11世代(Tiger Lake)のプロセッサは、GPUのパフォーマンスの向上が顕著

最後に、ベンチマークの結果を見てみよう。 今回は、以下のベンチマークを実施している。

  • 総合ベンチマーク “PCMark 10 v2.1.2506”
  • 3Dベンチマーク「3DMark v2.15.7078 “
  • CPUベンチマーク “Cinebench R23.200”
  • CPUベンチマーク “Cinebench R20.060”
  • CPUベンチマーク “Cinebench R15.0」
  • 3Dゲームベンチマーク「ファイナルファンタジー-XIV:漆黒の反逆者ベンスチーマー – クリックして “
  • ストレージのベンチマーク “CrystalDiskMark 7.0.0」
  • Adobe Lightroom Classic CCで100枚のRAW画像を現像
  • Adobe Premiere Pro CCでの瞬間5分の4K動画をエクスポート

比較対象としては、第10世代(Ice Lake)のCore i7-1065G7のマウスコンピュータの15.6インチノートパソコン ‘マウスB5-i7「(税別90,000 9,800円)のスコアを転載しました。次の検証機の仕様および結果だ。

[표 3]検証機の仕様
ZenBook 13 UX325EA-EG124TSマウスB5-i7
CPUCore i7-1165G7(4コア8スレッド、4.7GHz)Core i7-1065G7(4コア8スレッド、1.3〜3.9GHz)
GPUIntel Iris Xeグラフィック(1.3GHz)Intel Iris Plusグラフィックス(300〜1.1GHz)
メモリLPDDR4X-4266 SDRAM 16GBDDR4-2666 SDRAM 8GB
ストレート – ジ512GB PCIe NVMe SSD256GB SATA SSD
ディスプレイ13.3インチ1,920×1,080ドット(166ppi)15.6インチ1,920×1,080ドット(141ppi)
それほどWindows 10のホーム
サイズ(幅×奥行き×高さ)304 x 203 x 13.9mm360×239.3×19.8mm
重量約1.15kg約1.59kg
[표 4]ベンスチーマー – マーク結果
ZenBook 13 UX325EA-EG124TSマウスB5-i7
PCMark 10 v2.1.2506
PCMark 10ポイント4,8322,875
骨子9,8367,793
アプリの起動スコア13,0319,979
ビデオ会議スコア8,0976,708
Webブラウジングスコア9,0197,072
生産性6,7665,622
スプレッドシートの得点5,9715016
書き込みスコア7,6686,303
デジタルコンテンツ制作4,6013,510
写真の編集スコア7,3884,775
レンダリングと視覚化スコア2,7492,456
ビデオ編集スコア4,7963,688
PCMark 10モダンオフィスのバッテリ寿命12時間42分3時間58分
3DMark v2.15.7078
タイムスパイ1,559627
ファイアストライク超1,197
ファイアストライクエクストリーム2,167
ファイアストライク4,456
ナイトレイド14,1826,559
スカイダイバー12,8626,078
シネベンチR23.200
CPU(マルチコア)4,697点4,291点
CPU(シングルコア)1,402点1,180点
シネベンチR20.060
CPU1,823点1,628点
CPU(シングルコア)543点446点
シネベンチR15.0
OpenGL88.09fps
CPU878 cb
CPU(シングルコア)217 cb
ファイナルファンタジー-XIV:漆黒の反逆者ベンスチーマー – クリック
1,280×720標準品質(ノ – トPC)9,278(非常に快適)
1,920×1,080ドット、標準品質(ノ – トPC)6,335(非常に快適)
SSDをCrystalDiskMark 7.0.0測定
1M Q8T1シーケンシャルリード1,809.300 MB / s562.47 MB​​ / s
1M Q8T1順次ライト972.913 MB / s482.03 MB / s
1M Q1T1シーケンシャルリード1467.171 MB / s540.54 MB / s
1M Q1T1順次ライト908.589 MB / s424.10 MB / s
4K Q32T16ランダムリ – ド344.804 MB / s397.22 MB / s
4K Q32T16ランダムライト440.939 MB / s330.06 MB / s
4K Q1T1ランダムリ – ド39.137 MB / s31.59 MB / s
4K Q1T1ランダムライト110.229 MB / s69.82 MB / s
Adobe Lightroom Classic CCで100枚のRAW画像を現像
7,952☓5,304ドットカラ – – 自然6分09秒69
Adobe Premiere Pro CCでの瞬間5分の4K動画をエクスポート
3840×2,160ドット、30fps4分12秒31

ZenBook 13 UX325EA-EG124TSはCore i7-1165G7(4コア8スレッド、4.7GHz)、mouse B5-i7はCore i7-1065G7(4コア8スレッド、1.3〜3.9GHz)を搭載しているが、「Cinebench R23 .060 」のCPUスコアは約1.09倍の4,697 pts」Cinebench R20.060」のCPUスコアは約1.12倍の1,823 ptsにとどまっている。

一方、大幅な性能向上を見ることができたことが3Dグラフィックス。 「3DMark v2.15.7078」のTime Spyは約2.49倍の1,559、Night Raidは約2.16倍の14,182、SkyDiverは約2.12倍の12,862という高いスコアを記録した。 やはり内蔵グラフィックスに「Intel Iris Xe Graphics」を搭載するTiger Lakeは、3Dグラフィックス性能の向上が顕著である。 「ファイナルファンタジー-XIV:漆黒の反逆者ベンスチーマー – ク」もフルHD解像度で「非常に快適」と判定されている。

ストレージのベンチマークは、mouse B5-i7はSATA接続SSDを搭載しているので、スコアに大きな差があった。 といってもmouse B5-i7もユーザーのお買い上げNVMe接続SSDを選択することができていることを付け加えておきたい。

一方、今回の「Cinebench R23.060 “ベンチマークを実施したしてくださいには、CPU温度、クロック周波数のシステム全体の消費電力を測定してみた(室温19℃前後で測定)。

ベンチマークの実行直後はクロック周波数が3,684MHzまで上昇したが、CPUの温度が93〜94℃付近についたまま徐々にクロック周波数が低下して、47秒経過時点で3,105.8MHzから2,941MHzに1分02秒経過した時点で、 2,929MHzから2,770.1MHzクロック周波数が大きく低下し、そのクロック周波数は2,720MHz前後のCPUの温度は75℃前後で行った。 システム全体の消費電力もほぼ同じ傾向の動きを見せている。

今回のベンチマークは、「MyAsus「ファンモード」パフォーマンスモード」Windowsの電源モードを「最も高いパフォーマンス “で実行したが、高負荷時にも、一定時間を超えると、80℃以下を維持するように調整されて見える。

最新の技術を採用して、重要なスペックを押し、標準モバイルノート

ZenBook 13は、まるで標本のような標準的なモバイルノートPCだ。 ZenBook Flip SとZenBook Sのような派手さはないが、同じCPUを採用しながらNVMe接続SSD、Thunderbolt 4 Wi-Fi 6などの重要なスペックは、しっかりと押している。

だから税別店頭予想価格は11万3,455円〜15万8,910円前後安い。 最新の技術を採用したコスト効率の高いモバイルノートパソコンを獲得しようとする人は、最初に購入を検討の一つだ。

READ  ★今日の[강추 결산]ネック大きな有機竹内製作所(10月2日) - 週乗車

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close