トップニュース

Iceye、Makoto Higashiを採用して、日本の運営を率いて東京事務所の計画

Iceye Japanの総支配人Makoto Higashi。 写真:Iceye

Iceye 日本での事業拡大を計画しており、日本で会社の事業運営統括責任者としてMakoto Higashiを採用しました。 この会社は、水曜日東京に事務所を開いて1年以内に日本市場にサービスを提供する10人のチームを雇用する計画だと発表した。

Higashiは、以前に 日本の宇宙映像工事、GEOINTゼネラルマネージャー 日立株式会社

「政府機関の顧客の厳しい要件を耐えた衛星データ会社だけ繁栄しました。 ICEYEはこれと関連して、世界的に非常に尊敬されています。 日本市場はICEYEが提供しているデータ製品を使用して信じられないほどの航空宇宙能力にアクセスする機会があります。」とHigashiは言いました。

Iceyeはフィンランドのヘルシンキに本社を置き、ポーランド、米国、英国、スペイン支社を置いています。 東京事務所は、1年以内にドアを開く予定です。 Iceyeはすでに日本の多国籍保険持株会社にサービスを提供しています。 トキオマリンは、顧客。 新しいSAR(Space Synthetic Aperture Radar)会社として運営され、日本のスタートアップ競争することになるでしょう。 Synspective、日本の会社で最初の商用SAR画像を公開しました。 今年2月に

READ  「カプセル」帰国 "複雑な分子構造を持つものと期待」(2020年12月8日) - ANNnewsCH

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close