Indian Sports Live、2月17日:インドが日本を破り、BATC決勝に進出し、Yarrajiがアジアの屋内金メダルを獲得しました。

Estimated read time 1 min read

ここでは、ESPNの毎日のブログでは、様々なオリンピックスポーツやフランチャイズリーグに関連するすべてをワンストップで提供するダイナミックなインドスポーツの世界のすべてのニュースを提供しています。

2月には多くの主要イベントが開催されます。 ESPN Indiaのスポーツイベントでイベントを見ることができます。

2月17日金曜日の主なアップデートは次のとおりです。


ISL:東ベンガルが不運なハイデラバードに勝った。

だからそれは2人のコルカタ大男の子の勝利です。 クレイトン・シルバの前半のゴールで、イースト・ベンガルがハイデラバードFCに勝った。

イーストベンガルはプレイオフに到達できる距離内で移動し、ハイデラバードは最下位に根を置いており、最後の2番目から10点差があります。


ISL:Mohun Baganが北東部を抜いて2位に上がった。

試合開始45分、Baganは0-1で後退した。 その後、ダウンタイムが来て、Liston ColacoとJason Cummingsの驚くべき二重打撃が発生しました。 Tomi Juricは再開後5分に同点ゴールを決めましたが、Dimi PetratosはDimi Petratosが行ったのと同じことをしました。

BaganがGoa(ゲームを持っている)よりも一点高い2位に上がるにつれて、非常にHabasらしくないスコアであるSalt Lakeで4-2で終わりました。 一方、NEUFCは6位で最後のプレーオフ席で1点遅れた7位を維持しています。


陸上競技:ジョティ・ヤラジ(JYOTHI YARRAJI)、アジアの金メダル

Jyothi Yarrajiは、テヘラン(イラン)で開催されたアジアの屋内陸上競技大会でインド初のメダルを獲得し、60mハードル種目で8.12秒の新しい国家記録で金メダルを獲得しました。

彼女のコーチJames Hillierは次のように語った。 ジョヨティにとって本当に良い結果でした。 私たちはBhubaneswarで3週間のトレーニングキャンプを行いました。 とても役に立つセッションでした。 彼女はシーズンを良い雰囲気で始めたかった。 彼女は訓練中に小さなけがをしたし、深刻ではありませんが、週に訓練することはできませんでした。 今彼女は体を取り戻した。 これは彼女にとって良いレースだった」


素晴らしいBATCの勝利の詳細

次は、Zenia D'CunhaがインドのスポーツのGOATの1つであるお守りであるにもかかわらず、インドの若い才能がどのように自分の体重を超えてパンチを飛ばしたかについて書いています。


BATC:AshmitaがOkuharaを気絶させ、インドが日本を破り、決勝に進み、Anmolが再び輝きます。

アンモール・ハーブはインドのナツキを破り、インドを率いて日本を抜いてバドミントンアジアチーム選手権決勝に進出し、再びインドの決定的な勝利を収めた。 試合が2-2で同点の状況で、Anmolは5回目で最後の試合を行い、華やかなショーを披露し、Nidairaを21-14、21-18に勝ち、インドを初決勝に進出させた。

インドを中国を抜いて8強に進出させた若い国家チャンピオンアンモール(Anmol)は前半戦11-7に先立ち、19-14に先んじて早い時間内に開幕戦を終えた。 Nidairaは第2ゲームで強力な戦いを繰り広げて4-1リードを獲得したが、Anmolは反撃して11-9で自分に有利な結果を得て、勝利を確定する前にかなりのリードに向かって逃げた。

この日の午前、Ashmita Chalihaは全世界チャンピオンであり、世界1位の奥原希を21-17、21-14に破り、インドに2-1に先んじて途方もない異変を起こしました。 チャリハは彼のキャリアで最大の勝利を収めるために最善を尽くし、PVシンドゥが開幕戦で敗れた後、インドにとって非常に重要なリーダーを獲得しました。

負傷により復帰した新頭は、開幕戦で日本の大濠彩に13-21、20-22で完敗し、トーナメント初戦で敗れた。 2回目のオリンピックメダリストの大濠は、2回目の試合で素敵な反撃を繰り広げ、痛みを伴うほど決定権を行使することになったが、大濠がより情熱的な相手に対して初勝利を収めた。

次に、GayatriとTreesaのダブルスデュオが登場し、松山志田に対して強力な出発を見せた。 インドのデュオは、開幕戦で21-17で勝利し、日本は2回目の試合で21-16で勝利し、再び大会に参加しました。 すべてが決定的な3番目のゲームに帰結し、Gayatri-Treesaはギャップで快適な11-7リードを維持しましたが、松山シダは18-19でわずか1点差で反撃しました。 インディアンのペアは勝利を収め、チャリハは素晴らしい勝利を収めました。

4回目の対決では、SindhuはAswhini Ponnappaとチームを結び、宮浦-桜村を相手にして珍しいダブルス登場を見せた。 ここで勝利した場合、インドは決勝に進出したでしょう。 しかし、Sindhu-Ponnappaは14-11、11-21に敗れたので、急な挑戦であることが判明しました。 しかし、アンモールは記憶に残る勝利を収めるという圧力に対抗して戦った。


今日どうしたの?

  • バドミントン: インド女子代表チームがバドミントンアジアチーム選手権大会準決勝で日本と対抗する。

  • 陸上:インド選手がアジアの屋内陸上選手権大会でシーズンを開始します。

  • サッカー: 土曜日には、Mohun Bagan Super GiantがNorthEast United FCと対戦し、East Bengalがハイデラバードに旅行するダブルヘッダーの試合です。

  • カーボディ: PKL S10のPanchkulaセクションは、Haryana SteelersがU Mumbaを主催し、UP YoddhasがGujarat Giantsと対決します。

  • バレーボール:PVLシーズン3は今日もチェンナイで続きます

  • テニス: バンガロールチャレンジャーが続きます。


昨日何があったの?

  • バドミントン: インド女子代表チームは香港を破って準決勝に進出して初のメダルを獲得し、男子バドミントンアジアチーム選手権大会8強では男子代表チームが日本に敗れた。

  • ホッケー:Gurjantの最後のゴールで、インドはアイルランドを軽く打ち、1-0の勝利を収めた。

  • サッカー: Chennaiyin FCはISLの「Southern Derby」でKerala Blastersに1-0敗北を与えた。

  • カーボディ:Haryana Steelersはパトナ・ピラテスを破り、最終的なプレーオフの座を占め、Jaipur Pink Panthersはレイド・フェスティバルでTelugu Ti​​tansをわずかに上回った。

  • テニス: Sumit NagalはAdam Waltonを7-5、6-2で勝ち、Bengaluru Open準決勝に進出した。

  • バレーボール: ムンバイはスリラーでデリーに勝利し、カリカットはプライムVolleyballリーグS3のケララダービーでコチに勝った。

  • 体操: Dipa KarmakarとPranati Nayakは、カイロ体操ワールドカップトーマ決勝に進出した。

昨日のニュースイベントのすべての内容を確認できます。 ここ

READ  クワッドアクセル? 私たちはオリンピックを最初に見ることができます
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours