トップニュース

IOC副:日本が緊急状態にあっても、東京オリンピック開幕

延期された東京オリンピックを担当するIOC副社長は金曜日増加するCOVID-19の事例により、都市と日本の他の地域が緊急事態に直面しても、景気が2カ月ぶりに開かれると述べた。

3日間の会議を終えた東京主催の仮想記者会見で、オーストラリアで演説したJohn Coatesは、現地の医療専門家が、オリンピック開催に反対するアドバイスもこれが事実であると言いました。

「WHO(世界保健機関)の助言と、私たちが持っている他のすべての科学的および医学的なアドバイスは、 – 私たちは要約したすべてのアクションは、私たちが実行しているすべてのアクションが満足らしく安全な健康面でのゲームです。」とCoatesは言いました。 「それ緊急事態が有無に関係なく同じです。 “

世論は、日本が質問をどのように表現するかによって、7月23日、オリンピック開幕の60〜80%で動いているのだ。 Coatesは、より多くの日本人が完全に予防接種を受ける世論が改善されることを示唆している。 その数値は、現在、約2%です。

Coatesは「そうでなければ、私たちの立場は、私たちが仕事を続けることができるようにしなければならないということです。」と言いました。 「そして、私たちの使命は、これらのゲームは、すべての参加者と日本人の両方に安全であることを確認することです。」

IOC関係者は東京湾に位置するオリンピックビレッジの住民の80%以上が予防接種を受けて大衆との接触が大きくブロックされることが予想と言いました。 約11,000人のオリンピック選手と4400人のパラリンピック選手が参加することが期待されます。

Coatesはオリンピック出場権の約80%が予選で授与され、20%はランキングで出てきます。

Coatesは、スイスに本社を置く国際オリンピック委員会が、東京オリンピックが起こると信じていることに疑いの余地はありません。 IOCは、収益のほぼ75%を放送権販売で取得します。 そして東京は正式にオリンピックを組織するために154億ドルを費やしていたが、政府の監査によると、実際の数ははるかに高いです。

東京、大阪、および他の多くの県は現在、緊急事態に直面しており、医療システムが拡大しています。 緊急措置は、5月31日に終了する予定だが、延長されると思われます。

尾崎晴夫東京医療協会長は週刊誌アエラに「現在の状況が続けば、5月の終わりに緊急事態を終わらない政府が知恵を探してほしい」と語った。

OzakiはCOVID-19の拡散を制御するための政府の措置が不十分であると一貫して言いました。 日本で約12,000人がウイルスが原因で死亡しており、日本では完全に予防接種を受けた人がほとんどいないため、状況が悪化しました。

Ozakiは緊急事態が延長されない場合、ウイルスと感染の亜種が急速に拡散すると警告しました。

「そうなれば、大きな発生が起きゲームを開催することが絶望的であることができる」と彼は付け加えた。

この警告は、尾崎だけありません。

6000人で構成され、東京医療関係者協会は先週菅義偉首相、小池東京支社、床カー多摩よオリンピック長官、橋本聖子組織委員長に送った手紙の中で、オリンピックのキャンセルを促した。

「私たちは、正しい選択は、感染した人と死亡者数を増やす可能性がある事件をキャンセルすると信じています」と手紙は言いました。

橋本は普通の日本人の心配を解消しました。

「現在、海外で多くの人が来るところで試合が行われるという事実に不安を感じる人は少なくない」と彼女は言った。 「日本の医療システムに負担になることがあると憂慮する方もいます。」

彼女は海外から日本に来る “利害関係者”の数が18万人から約8万人に減少したと述べた。 彼女はオリンピック “利害関係者」が59,000人に達し、二重23,000人がオリンピックの家族と国際連盟になると述べた。 彼女は追加された17,000人のテレビ著作権保有者と6,000個の、より多くのメディアを含むこととした。

彼女はまた、毎日230人の医師と310人の看護師が必要と述べた。 東京と外部の約30の病院が、オリンピックの患者を世話するために連絡を受けたと述べた。 主催者は、以前にオリンピックに1万人の医療関係者が必要と言いました。

Hashimotoは引退した看護師も召しを受けることができていると述べた。 これとは別にIOCは、匿名の全国オリンピック委員会から不特定多数の医療スタッフを利用できるようにすると発表した。

海外から来たファンたちは数ヶ月前に禁止されました。 橋本は会場の観客の数は、「感染拡散にかかっている」と述べた。 彼女は来月に会場収容人数の決定を約束しました。

1988年のソウルオリンピック柔道銅メダリストであり、日本オリンピック委員会の委員である山口香織は今週共同通信とのインタビューで、主催者が集まって聞い示唆した。 彼女は続行することに懐疑的でした。

「私たちはもはやキャンセルすらできない点に到達し始めました。」と彼女は言いました。

IOCの最も高位のメンバーであるRichard Poundは、日本のJiJi Pressとのインタビューで、オリンピック撤回期限がまだ一ヶ月残ってました。

「6月末までに、あなたは本当に[はい​​]または[いいえ]を知らなければなら」とJiJiはポンドを引用した。

ポンドはIOCが言ったように、ゲームを今できない場合はキャンセルされ、再び延期されないと繰り返しました。

トーマスバッハIOC会長は現在、7月12日のみ、東京に到着する予定です。 彼はコロナ19の増加により、今月の日本旅行をキャンセルしなければならいました。

READ  ThinkMarkets、日本のFX市場進出許可

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close