エンターテインメント

Juice = Juice宮本佳林卒業「愛してくれてありがとうございます」その笑顔はハロプロの歴史|頑固ジェイピーnews – 最新芸能ニュース相次い!

「Hello!Project誕生15周年記念ライブ2013冬」の結成総合力が高いアイドルグループで定評のある「Juice = Juice “そんなJuice = Juiceが12月10日(木)日本武道館で6月から延期されていた「 Juice = Juiceコンサート2020〜継続するSTORY〜宮本佳林卒業スペシャル」を開催した。

Juice = Juiceオリジナルメンバーロイ日までの活動継続された宮本佳林卒業してソロ演技者としての出発を祝う盛大な宴は圧巻のパフォーマンスあり、時には涙と大盛況を見せた。

暗転する日本武道館のステージ。 鈴の音、そして拍手と一緒に舞台に現れたのは…宮本カリン。

そのままアカペラ歌い始めてメンバーとの合流を果たすと、卒業公演1曲目は “”一人で生きることができる」とそれね賞賛している?」大人っぽい音」が好きだと言っています “艶やかなダンスに魅了”プラトニックプラネット」と続いて、この日最初のMCパーツに。

9人全員の挨拶 “We are Juice = Juice!」が響き渡る。 マイクを投入した宮本は「今日は考えを拍手に変えたダダダ」と大切な場所で噛んでしまい、会員総タックルを受ける場面がありながらも、「今日は幸せな気分に戻っていただければ」とMCを締めくくった。

4曲はしっとり “風に吹かれ、「5曲はシンセサイザー・サウンドの美しい「禁断少女」、6曲は涼しく感傷的な”愛・愛・傘」7曲に踊りも可愛い「銀色テレパシー」、そして壮大な幸せな8曲 “散水」と続いて二番目のMCパートに「あなた方にお楽しみいただけるでしょうか!」と、久しぶりに大舞台の単独コンサートを会長と一緒に噛みしめるJuice = Juiceのメンバー。舞台は「公共の場で歌うは本当に幸せなことだ」とのテーマで熱くなったとき上村光が「ね〜」と煮え切らない相槌をしてしまい、金沢智子より「待って、相槌蛇口!? 」とタックルが入ってくると大きな笑い。そして、「継続してこちらのコーナーです!」と9曲に用意されたのは、宮本とメンバー一人一人が歌をイオガヌンヌン叔母もメドレー曲。この演出は、感極まるファンも続出した。

[메들리 곡]

「伊達じゃない私たちの生活は、「with井上鈴音」アレコレしたい! 「with工藤由愛」背伸び」with松永里愛」Vivid Midnight “with稲葉相川」Sexy Sexy” with段原瑠たち」スクランブル」with上村あかり “最後のキス」with高木事由キー「香水」with金沢智子「大人の事情」with金沢智子・高木事由キー・上村あかり

MCパートに移動すると、「メンバーゲゲインワ上メドレー選曲をしたものですが、この歌歌う時こんなことあったな〜といろいろな思い出がよみがえった」と言う宮本。

現状のまま」の心を熱くして楽しんでいただければと思い!ネクスト番号、フープ!」と注入された10曲は、ライブ後半を感じさせない熱く激しいロックナンバー「CHOICEとCHANCE」、11曲目はKAN作詞作曲のキュートな “大衆音楽”、また、”世界が捨てたゴンはない」と続けたら、13曲は、初お披露目となる宮本のソロ曲「未来のフィラメント」会場には美しく透明感のある声が響く。この宮本のソロ曲の応答集りで8人体制となったJuice = Juiceが「頑張れない」を披露する流れは、目頭を熱くするファンも少なくなかった。

MC部分では、「告知することができず、おなじみの宮本が告知します!」と、ソロ曲「未来のフィラメント」がすでにiTunesで配信開始されているかどうか、そして宮本カリンYouTubeチャンネル開設」また、YouTubeチャンネルは「未来のフィラメント」ミュージックビデオもアップします! ぜひ見て欲しいのでよろしくお願いします!」とアピールした。

15曲はアップテンポのダンスナンバー「微炭酸」16曲大人っぽいブラスサウンドが印象的ダンサーブルーナンバー「私が話す前に抱いて必要です」17曲は、感情的な「ロマンスの間に “18曲目は「生まれたばかりのBaby Love」と相次いで展開されると、ラストの19曲に含まれているのは、「泣いても大丈夫。」

「泣いてて大変だった今日も、すべての思い出であり、いつの日か「そんなた」と笑おうよ」

タイトル通り会場は温かい涙に包まれた。

これまでの活動を振り返るVTRが流れアンコール舞台に現れた姫をイメージしたドレスに身を包む宮本。 「継続するSTORY(Symphonic Version feat。Karin)」をワンコーラス歌ってファンとメンバーに向かって「普段の感謝の言葉を言葉で言うこと恥ずかしく性能に転送なんてありますが、今日は言葉が想定してみましょう」「こんな私を応援てくれているJuice = Juice家族の皆さん私を応援してくれて、本当にありがとうございます。このような奇妙な私を理解所を与え、メンバーのみんなも本当にありがとう。メンバーすべて愛する!」というメッセージを伝えた。

これに応じたのは、リーダー金沢智子。

「カリンは友達のような家族のような…しかし、そのどちらとも違う。 大切な存在」と「後輩たちにもカリンの存在は大きかった “” “孤独な心がない」といえば嘘になりますが、カリンの新たな一歩をしっかり応援したい! 卒業を祝うしたい! 卒業おめでとうございます! 」と涙を流しながら手紙を朗読した。

この日2回目の「We are Juice = Juice!」が響くと、ロックされた」Magic of Love(J = J 2015Ver)」が披露され、最後の曲は、キラキラ輝く「Wonderful World」が到着した。

「この世界は美しいですよねなんてまぶしい光にあふれている」

宮本カリンのJuice = Juice卒業しソロ演技者として新たな一歩は、実に素晴らしいものになった。

次のページ:宮本カリンメッセージ全体に
READ  シンシナティコートストリートプラザで開かれる今回の週末アジアフードフェスティバルで食べることができるすべてのもの2021年10月9日10月10日 - 秘密のメニュー項目を含む

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close