トップニュース

Lenovo Tab P11 Pro発表有機EL採用のプレミアムAndroidタブレット – Engadget日本版

11.5インチの画面に厚さ5.8mm、重さ485gというiPad Pro 11インチ(5.9mm厚・471g〜473g)を強烈に意識してサイズと重量だが、Lenovo Tab P11 Proは、ディスプレイに有機ELを採用しています。

有機ELディスプレイの仕様は11.5インチ2560 x 1600ピクセル色域NTSC 108%、Dolby Vsion / HDR10対応、最大輝度500ニットなど。 画面占有率は87%。

プロセッサはSnapdragon 730G。 RAMは4GBまたは6GBのストレージは、UFS接続128GBマイクロSDXCスロットに最大1TBまで拡張可能。

その他の主な仕様は、クワッドJBLスピーカー(Optimized for Dolby Atmos)、サイド指紋センサー、カメラは背面13MP +広角5MP前面8MP + 8MP 15時間駆動のバッテリーなど。

Lenovo

フロントデュアルカメラは顔認識ゼロタッチログインのほか、ワークフロムホームで完全に増えてきたビデオ会議で背面曇りなどに使用することができます。

Lenovo Tab P11 Pro

Lenovo

オプションLenovo Precision Pen 2は、圧力感知4096段階傾き検出対応、100時間のバッテリー駆動。 スタンドとペンホルダーなるファブリック素材のカバーと18mmキーピッチ・1.3mmストロークの着脱式キーボードも提供しています。

高級タブレットといえばiPad Proが圧倒的に優勢対抗するならSurfaceなど、Windowsのノートパソコン兼用タブレット程度、他の一方でAndroidタブレットは低価格と子供が多く、高性能モデルは無視のような状況が続いているです。

しかし、レノボによると、いわゆるニューノーマルの生活様式に家で過ごす人家のさまざまな場所で仕事をする人が増えてタブレット部門は、前年同期比20%増とのこと。

ステイホームでタブレットが増え、リモートワークの生産性の高いプレミアムモデルの需要が増加した場合、iPad Pro以外の選択肢として、高度なAndroidタブレットも宝くじを果たしかもしれません。

Lenovo Tab P11 Proは、ヨーロッパでは、2020年11月に発売予定。 予想価格は付加価値税を含むで699ユーロ。 そのまま日本円にすると、8万円程度です。

READ  アップル、アプリストアの手数料を半分に - 開発者のほとんどが対象 - Bloomberg

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close