技術

Logitech親指操作型トラックボール “ERGO M575」を11月26日発売。定番製品M570の後継機種がついに登場

2020年10月28日Logitech International(以下Logitech)の日本法人であるロジクールのワイヤレス型トラックボール “ERGO M575ワイヤレストラックボール「(以下ERGO M575)を11月26日に発売すると発表した。直販価格は税込6050円ある。

ERGO M575

ERGO M575はLogitechの定番製品である「M570 Wireless Trackball」(以下M570)の後継機種となる親指操作型の右手トラックボールである。全体的な外観は、M570を踏襲しているが、メインボタンの形状やスクロールホイールの角度を検討で快適な使用感と操作精度の向上を実現しているという。
ERGO M575の写真を手元にあったM570とLogitechのハイエンドトラックボールである「MX ERGO Advanced Wireless Trackball」(以下、MX ERGO)と比較してみたところ、メインボタンのサイズが大きくなって、体の傾斜きつめMX ERGOと同様のものとされているまた、左メインの横にあるボタン2つのサイズが大きくなっていることも違いとすることができる。
また、グラファイト、オフホワイト、ブラックの3色を用意しているのも見どころだ

ERGO M575は、3色を用意
画像集#003サムネイル/ Logitech親指操作型トラックボール

また、M570はLogitech独自の無線方式にしか対応していなかったが、ERGO M575は独自方式に加えて、Bluetoothで接続にも対応している。 その後、独自方式とBluetoothをそれぞれ区別して2台のPCを一つのERGO M575に移行しながら作業することができだろう。
電池単3形乾電池1本使用することはM570と変わらない。 しかし、ERGO M575は、バッテリ駆動時間も増加しているとし、独自方式の無線接続は、最大2年Bluetooth接続で最大20ヶ月使用できると強調している。

ただし、メインスイッチの耐久性は、約300万回以上なので、M570と変わらないようだ。 M570のヘビーユーザーなら同意してくれると思いますが、この製品は、メインボタンのスイッチが、耐久性が不足して1年以上使用すると、ボタンが誤動作(ワイワイ)を起こす場合が多かった(※MX ERGOは約1000万回以上) 。 その点が改善されていないのは残念である。

READ  「GPD WIN 3」予告。 VAIO type UのようなスライダーUMPCに

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close