トップニュース

M1搭載MacBook Airレビュー新たな扉を開いたAirは、多くの人々にお勧めしたいAppleのシリコンMac | TechCrunch Japan


ハードウェアのレビューは、概して退屈な仕事である。 時には、何か新しいものや、地球を落とすことができていることが登場するが、全体的に安定した発電があるだけだ。 製品を最新の状態に維持するために小さく、徐々に変化を刻んでいく中で、どのように間違ってなければ、ライバルとの差別化を達成することができる。

リンゴ(アップル)ももちろんそのような意味で誰にも負けないほど罪がある。 これは12ヶ月で24ヶ月で繰り返される製品サイクルの宿命に過ぎない。 すべての更新が革命になることができないだろう。 しかし、常にであるとしても、最終的にゲームチェンジャーています。 製品ラインは、深い変革をもたらし、否定することもできないことだが、状況を変えるものである。 過去3ヶ月の時間をかけて開催された2020年3回目の大型プレスカンファレンスで発表された3種のMac(マック)は、まさにそれが適用される。

一度アップルがこれまで10年以上に依存チップ技術のPowerPC(パワーPC)でIntelプロセッサにジャンプ移してから15年が過ぎた。 その時の切替は、Appleが選択された技術の限界に直面したため、行われたものである。 今までのPowerPCは、Appleを非常に支持していたが、それでも、Appleがしたい、次世代携帯端末のための電力が不足していたのだ。

その時の切り替えだけでなく、Appleのシリコンの動きは、数年前から続いてきた。 同社は、サードパーティのコンポーネントから離脱する全体的な努力を続けてきた。 特に市場で、基本的にメーカーのような部品を使用している製品を差別化することはますます難しくなっている。 もちろん、自分のプロセッサを作り出すことは、時間がかかる困難なプロセスである。 しかし、幸いなことに、会社は縁起の良い良いスタートをすることができた。

画像提供:Brian Heater

この会社のモバイルデバイスを駆動するArmベースのチップが優れた出発点となった。 アップルはこれまで何世代にもわたっ続けてきた学習成果に基づいて構築することができ、アップルのソフトウェアが追求する永遠の聖杯、すなわち完全な互換性クロス生態系にますます近づいていくだろう。 iOSで実現された要素は、数年の間にmacOSで少しずつ詰めてきた(このような傾向は、Big Surでかなり加速している)。 また、Intel Macの所有者の移行を簡単にするために、AppleはmacOSとiPadOSからソースコードを共有することができCatalyst(カタリスト)を提供している。

画像提供:Brian Heater

無数の噂と数ヶ月延ばした後、3種のAppleシリコンMacがついに登場した。 そして、その結果は、一言で言うならば「良い」である。 最後の数日間、地域社会に多くの驚きをもたらし、様々なベンチマーク結果を明らかに目にしているのだ。 アップルが自分のプレゼンテーションでその性能について言ったことは事実だが、具体的なベンチマークなく、そのような数値は、割引考えがちである。 TechCrunchは3人の記者が3つのシステムを分担して検討することになった。 そして正直なところ、誰もがこのシステムになることがで圧倒されたといっても過言ではない。

ここでは、まず、M1を容易に導入する。

  • 2倍の性能向上を謳う8コアCPU
  • 最大2倍のグラフィックス性能の向上を提供する7または8コアGPU(利用Airモデルによって異なります)
  • 16コアの神経エンジン
  • 処理性能の向上
  • 画像信号処理の改善

特にAirエアは2020年3月にリリースされたこのシステムの最新バージョンの真の力の強化版である。 すべてが明らかになった今は、まるで遠い昔のことだったように感じるかもしれないが、実際にはわずか8ヶ月前のことである。 このシステムは、特に2つのベンチマークで優れている。 つまりバッテリー持続時間(簡単なビデオ再生で測定)とシステムのCPUとGPUの性能を実際の状況をシミュレートしながら、テストGeekbench(オタクベンチ)である。 続いながら言うなら、すべてのすべての動作が機敏である。

画像提供:Brian Heater

アプリケーションは、ほとんどすぐに開いて4Kビデオ編集などのリソースを集中的作業は、信じられないほどキビキビ動く。 これらのいくつかは、システムを限界まで追い込んなく簡単に分かることができ変化だ。 スリープモードからすぐに利用可能である成功デバイスの数を考えてみよう。 これは、モバイルデバイスでは、当然のことだが、デスクトップではあまり見られない。

これらの発展は、おそらく当然のような形で到着した。新しいMac mini(未訳の記事)と13インチProと同様に、Airは、今年初めに発売されたもので、一見は似ている。 おそらくアップルは、製品内部に劇的な変化を達成するため、外見上は一貫性を維持しようとしているのだ。 それとも再設計がArmへの移行と補助が整っていないかも。 さて、またはAppleは現在のデザインを薄型軽量ノートPCのプラトン的以上のようなものだと思っているのかもしれない。

いずれにせよ、新しいAirをラインナップから選択するかどうかに読者は心配しているのだ。 私は公にそのシステムを使ってみたが、私は次世代Macで少し従うことに気がつく人はいなかった。 率直な心情を言えば、もしAppleがこの瞬間を素晴らしい劇的な再設計に飾ってくれれば良かったのにと思う。 少なくともコンテンツの変動に応じて外観が変わったことを非難する人はいない。 まあそれでも素直になろう。 Air物理設計は、過去数世代変わって来なかったが、それでも、市場で最も象徴的な外観に優れたノートパソコンしたままである。

ここでは、MacBook他の製品との差別化された薄く斜めデザインが採用されており、2.8ポンド(約1.27kg)という重量は、13インチMacBookより0.2ポンド(約90g)軽い。 それは大きな違いはないが、時間をかけて腰に来る負担に差が出てくる。 このことは、このシステムを週末に15マイル(約24.1km)程度かけて運搬した人間としての意見だ。

画像提供:Brian Heater

今回も2つのUSB-Cポートが同じ側に配置されている。 私はいつもより多くのポートが必要であると主張している、特にポート1つ、ほとんど常に充電ケーブルで詰まってしまう現実を考えるとなおさらだ。 私はまた、ポートの間隔を広げるもらいたい。 可能な場合は、コンピュータの両側に配置してくれればありがたい。 置いケーブルに余裕がない場合、またはポートに少し幅があることをさして書き込もうとする場合には存続である。 もちろん、これらの点は、今回のアップグレードでは、2つのポートを失った新しい13インチProとは異なり、驚くべきことではない。

しかし、Proの変更は、アップグレードを検討しているユーザーには辛い。 この変更は、新しいM1 SOCの制限と関係しているのだ。 しかし、もし私がギャンブルならきっと様々な可能性が来ることは合理的に予想することができるだろう。 たとえば、プロユースに焦点を当てたチップの次のバージョンでは、最初のAppleシリコン16インチMacBook Proなどで、より多くのポートが採用されるだろう。

実際、Appleは2021年のどこかで登場する可能性が高い新しい専門家のためのデバイスとの差別化のために、今回の発表では、多くのアップグレードを控えた可能性が高い。 それはすべてのアップルのMac戦略の構成の一部であり、我々はスローモーションでその進行を見ているところだ。 新しいAir 13インチMacBook ProとMac miniは、Mac製品のエントリレベルを代表するものである。 このカテゴリは、最近、Appleのより注力しているカテゴリーで、iPhoneとApple Watch製品ラインでも見ることができる。

もちろん長いプレミアム」Apple Tax」(Apple歳)の概念は、残っているが、Appleは、低コストの製品を改善するための努力を傾けている。Macによるこの戦略のさらに驚くべき側面の一つは、AppleがMacBook Air 13インチMacBookの間の間隔をどのように小さなものにしたのかという点だ。もちろん、両方のデバイスの間には違いがある。多くの人々に大きな違いは、Air 999ドル(日本の価格の税10万4800円)と13インチMacBook Proの1299ドル(日本の価格税金13万4800円)という低価格で300ドル(日本の価格は3万円)の差である。

は、Appleが価格差をどのように正当化しているのだろう? さらに重要な点は、ほとんどのユーザーに高額商品を購入することができどのような違いにつながるのだろうか? さらに進む前に、新しいAirとProの主な違いを書き出そです。

  • バッテリーPro:最長20時間までAir:最大18時間まで
  • ディスプレイPro:明るさ500nit、Air:400nit
  • マイクアレイPro:スタジオ品質の3マイクアレイ、Air:3マイクアレイ
  • せいチーバProでは、Air:なし
  • スピーカーPro:高ダイナミックレンジのステレオスピーカー、Air:ステレオスピーカー
  • ファンProでは、Air:なし

最後のポイントは、パフォーマンスの面で最も重要である。 M1の登場でファンレスMacBook Airが可能であることを示した。 これは、以前のモデルでは、聞いたことがない。 これは、将来登場するMacBookの厚さを予告するものであり、最近の効力は非常に静かな動作を意味する。 実際に数日間どのようにストレステストを加えても、システムはいっても沈黙したままである。 しかし、実際にストレスをかけ続けた場合は、手動冷却システムは、Airが、高温になる可能性があることに注意しよう。 また、ワークロードの観点から資源を大量に消費する作業中にシステムが遅くなることがあります。 しかし、そのためには、心からのシステムを運転しなければならない。

たとえばFinal Cut Proから5分8Kクリップをエクスポートすることができを考えてみよう。 Proで33分13秒、Air 32分59秒は、その結果の違いは、率直に言って無視してもかまわないだろう(なお、参考までにMac Proは、5分半という圧倒的な速度で両者に成功した)。 WebKitのコンパイルを一緒に実行してみた。 それAir 25分5秒Proは、20分43秒であった。 この違いは、完全に無視できるものではない、あるシステムも2019年の16インチMacBook Pro 26分56秒を破るさせた。 そして二M1システムも過程で失われたバッテリーは9%程度に過ぎず、これは16インチMacBook Proの39%にはるかに少ない。

新しいM1チップリソースを集中的な作業を実行する場合にも、非常にエネルギー効率の高いいる。 動画再生のテストは、16時間の再生が可能だった。 これは、Appleが述べた最大18時間よりも短いが、それにもかかわらず、驚くべき数字だ。 おそらく充電器を持たず家出ても不便を感じないだろう。

Matthew記者の数によると、Proはまた優れている。 彼は、Appleの宣伝文句に示された20時間前後を達成することができた。 高い数値を達成することができたのは、ノートPCの厚みがあるため、バッテリーの容量が大きいからだ。 しかしいずれにせよ、2つの新しいシステムは、2019年の16インチと13インチのProを完全に敗北した(こちらは、それぞれ8時間8分6時間40分であった)。 これは重要なメトリックの中でも特に大きなものである。

画像提供:Bryce Durbin

その後、Geekbenchの5つの数字を見てみよう。 新しいAirとProの数は非常に似ている。 これは、それぞれの内部を考慮すると、予想された結果だ。 繰り返しになるが、ファンレス設計Air目に見える問題を発生させるためには、長時間に渡って厳密にシステムを実際に運転する必要がある。 Proは、シングルコアで1711マルチコアで7549を記録した。 Airは、平均、それぞれ1725と7563を記録した(良い比較のために、Mini似1748と7644を記録したことを付け加えておこう)。

Geekbench数値の歴史的な文脈を示しておこう。 いくつかの関連の例2020年の初めにCore i7 MacBook Airの平均は1136の平均だったが、13インチProは1240であった。 (Rosetta 2エミュレータを使用して)ベンチマークIntel版を実行してみると数字は予想通り悪化したが、それでもIntelシステムを上回っている。 そして実際には、Intel用に設計されたアプリケーションは、非常にスムーズに実行された。

画像クレジット:TechCrunch

私たちが行ったベンチマークのほとんどで、両方のシステムは、お互いにかなり近いスコアを記録した。 良い変更このレベルでシステムを探している人のほとんどは、限界にぶつかることはほとんど起こらないと考えた方が安全であることである。 ハードウェアの限界に挑戦する作業を頻繁に実行するような人にとっては、新しい13インチProを今すぐ購入したり、16インチのようなモデルが店頭に登場することを待つのか難しい選択になる。 その情報について詳しく知りたい場合は、Matthew記者による新しい13インチProのレビュー記事を読みたい。

画像提供:Apple

しかし、より確実に言えるのは、Appleはクリエイティブプロに戻って焦点を定めたはるかに強力な使用ケースを手に入れたものである。 このカテゴリは、長い間、クリエイティブの専門家と切っても切り離せない関係だったが、アップルがその市場の一部をMicrosoft(マイクロソフト)のSurface(サーフェス)シリーズなど渡したものとみなすことができる場面もあったした。 アップルは、Touch Bar(タッチ​​バー)が、その関係を再燃させると主張したが、私は以前のモデルよりもはるかに重いワークロードを処理することができるMacBook Airが、プロとの関係の再燃をはるかに強く起こすだろうと考えている。

率直に言って言うなら、私はTouch Barがなくても全く困らない。 私の主力ノートPCは、Touch Bar 15インチProが、その機能は、私のワークフローに実際に影響を与えるものではない。 もちろんやったことのないものではない。 ProとAirを区別しようとする人には問題となる機能の違いはほとんどないだろうか。 それはともかく、Touch Barの私のお気に入りの機能であるTouchID提供されている。 これは、前のAirで見ることができたのだ。 全体的に薄いTouch barの写真や絵文字をスクロールする機能よりも指紋でログインする機能が便利だと思う。

画像提供:Brian Heater

タッチといえば、誰もが認識しているが言われていない部分がある。 いくつかの噂があったタッチスクリーンのMacには、今回のイベントで発表されなかった。 それでもmacOSとiOSの間に線がぼやけ続け遠くない将来のある時点で、それが登場することを期待するのは合理的である。 モバイルオペレーティングシステムの主要な機能を採用する傾向を続けているBig Surを見れば、それをよく知ることができる。

画像提供:Brian Heater

私は最近macOS 11.0(Big Sur)の記事しかし、書いたように、多くの機能が実質的にタッチスクリーン操作を問うようになっていた。 コントロールセンターに新たに追加されたスライダーを考えてみよう。 もちろん、トラックパッドでも正常に動作することができる。 しかし、それを指でスワイプすることができことが満足度は高い。 これはM1から基本的に実行することができるiOS用に最適化された特定のゲームをプレイするとき、より顕著になる。 ゲーム “Among Us(アマン旧アス)」を例に取ろう。人気のソーシャルゲームを新しいAirプレイしてみた。ゲームは予想通りスムーズがトラックパッドでの操作は、タッチより自然さが足りない。

この実装では、画面のジョイパッドを制御するために、マウスを使用したり、単に登場キャラクターをポイントして、正しい方向を示すものである。 ゲームは、固定された大きさのウィンドウに表示され、そのウィンドウを全画面表示に拡大することができない。 M1チップは、将来のMac環境を開拓するためにはまだ時間がかかる。 そのエコシステムでは、チェックボックスをオンするだけで、簡単iOSアプリをMac App Storeを介して配布することができるようになるだろう。 しかし、多くの場合には、特にプロユースを意識したアプリケーションの場合は、追加の最適化が行われることは確実である。

画像提供:Brian Heater

その他の基本的な入力装置としてのキーボードは、最新のIntel Airとほぼ同じである。 これは、以前のものに比べると、かなり良いものとされている。 それ以前のものは確かにアップルが忘れたいキーボードの黒歴史である。 それは岩のように固く、激しいやかましかった。 また、動かなくなることで、多くのユーザーに過度のストレスを引き起こした。 最新バージョンで採用されたはさみ機構は、以前蝶メカニズムに比べてはるかに優れている。 現在のことが最高のラップトップのタイピング経験とは言わないが、以前のモデルと比較すると、天と地の差だ。

言及しなければならないもう一つの側面は、ウェブカメラである。 ほとんどのノートPCのレビューで接することができることはほとんどないが、とにかく、今年は2020年である。 それは奇妙な要求が生まれた奇妙な年であり、私たちは、Zoom(ズーム)を介して他の人間との相互作用の大部分をこなしている。 とんでもない話だが、それが人生だ。 多くの人がすでに在宅勤務への移行の一環として、外部Webカメラに投資しているのは間違いない。 おそらく最初の多くまたはほとんどの人々にウェブカメラが購入を決定する重要な要素となったのだ。

画像提供:Brian Heater

実際には、Appleは以前Airのために、カメラをアップグレードした。 しかし、それは完全なものではなかった。 つまり、今回はセンサーが同じカメラは今でも720pに固定されているが、M1のSOCデザインの一部として含まれている新しいイメージシグナルプロセッサ(ISP)がより良いイメージを作り出すものである。 上の写真で、その違いを見ることができるだろう。 率直に言えば、すべて素晴らしいとはできないが、一つは、他の人よりも明らかに行動の程度が低い。 左が新しいAirの画像である。

解像度はまだ低いが、特に色は確かに改善されている。 ホワイトバランスは、現実に近い影もよりうまく処理されている。 自分の外部のウェブカメラに関しては、例えば、Extra Crunchパネルの機会に出演するまでまだ持っておこうと思いますが、少しの会議であれば、Airに参加しても構わない。 今回は、Appleが新しいシステムでは、Webカメラを再生し、交換のための絶好の時期であったのだ。 一般的に、ノートパソコンのカバーの厚さを与えるカメラのハードウェアに制限があることが知られているが、もし大胆に予想するなら明らかにアップルは、ウェブカメラProモデルの差別化要素として考慮していると考えている。


一方、マイクはAirとProを区別するポイントの状態である。 上記のリンクからIntel版とArmバージョンのAirで録音した音声を聞くことができる。 違いがわかるだろうか。 率直に言って私には区別がつかない。 ウェブカメラと同様に、これらの日常的な会話で使用することは問題ありませんが、例えば、ポッドキャストの録音に使用したいとは思わない。

今回発表された3つの新しいシステムは、Macの未来に向けた第一歩を示している。 Appleシリコンの妥当性は、興奮することがたくさんある。 M1チップは、ほとんどの操作で劇的な性能向上を実現して、消費電力を削減よると、バッテリの寿命の大幅な向上も達成することができた。

画像提供:Brian Heater

しかし、このモデルは、知的なければならないいくつかの制限があります。 現在の構成では、2つのUSB-Cポートが最大であると思われる。 3つのモデルは、すべて16GBのRAM最大容量である。 これらの制限が問題になる場合でも、アップルは、当分の間は、Intelモデルを販売続け与える。

READ  楽天・石井一久監督の肩書きは「取締役GM兼監督「前例のない中であること契約は複数年(スポニチアネックス) - Yahoo! - スポーツナビ

6月にWWDCでAppleシリコンが発表されたとき、Tim Cook(ティム・クック)CEOは、完全な製品ラインの移行は、2年かかると指摘した。 つまり、私たちはまだ、この旅行の入口に立っただけであり、例えばMakBook Proの真の姿がどのように劇的に異なるのかという多くの疑問を解いて行かなければならない。

一般的な要求のほとんどのユーザーにAirは良い選択である。 もし今、新しいMacBookを購入する必要があれば、私はAirを選択し、追加のメモリとストレージを強化するものである。 これは、コンパクトなボディに沈んだ驚くべき強力なシステムである。

関連記事:
・macOS Big Surレビュー、Appleは、主要なOSの統一に向けて一歩踏み出した
新型MacBook Airは、再入力したいと思うのさせてくれるノートPC

カテゴリー:ハードウェア
タグ:リンゴMacBook Airのアップルシリコンレビュー

画像提供:Brian Heater

[原文に]

(翻訳:sako)

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close