トップニュース

M9地震が日本北部を襲うと、ほぼ200,000人が死亡する可能性があります: CDMC

東京 — 日本政府は最近、日本北東部と北部太平洋沿岸で規模9の地震が発生し、北海道や青森を含む7県で最大199,000人が死亡できると警告した新たな被害推定値を発表しました。

中央災害管理協議会(CDMC)は、ほとんどの死亡者が津波によって発生し、日本海口に沿って地震が発生すると最大22万件の建物が破壊されると予測しています。

地域および国全体の潜在的な経済的影響は、約31兆3000億円(2,754億ドル)になる可能性があります。

政府は、来年初めに市議会で生成される千島海口に関する提案に基づき、適時に避難すれば、北東部および北部地域の推定死亡者を80%削減できることを踏まえ、災害管理措置の更新プロセスを加速します。 作成されます。

日本海口は北海道から東京近くの房総半島東に伸びており、千島海口は日本の主要北部島で、クリル列島とも呼ばれる千島諸島にまたがっています。

日本政府は、2011年に日本東北部を荒廃させた地震と津波以降、災害管理を検討しています。

過去にも海口周辺で規模7以上の地震が発生したことがあります。 2006年に発表された以前の評価では、強い振動が発生すると最大2,700人が死亡する可能性があると推定されています。

ただし、今回の評価では、規模9以上の強力な地震がこの地域を強打したと把握されていない。 政府はすでに2つの異なる大規模地震(南海トラフと東京内陸)のレビューを完了しています。

日本西部から中部まで続く南海トラフで発生した海口型地震で最大323,000人が死亡し、東京内陸で23,000人が死亡すると推定されます。

日本海口と千島海口の見積もりの​​ため、評議会は災害が発生した季節​​や時間に応じて様々なシナリオを検討した。

最悪のシナリオは、冬季の遅い時間に日本海口付近に大規模な地震が発生し、住民の20%だけが直ちに避難することができます。

このシナリオでは、北海道で137,000人、青森で41,000人、岩手で11,000人が死亡する可能性があります。 市議会は、津波避難塔や地震に強い構造物を建設するなど、必要な措置を取れば総死亡者数が約30,000人とかなり低くなるという事実を公衆が知るべきだと話しました。

評価によると、建物の被害の大部分は津波で発生し、規模9の地震が発生した場合、翌日まで避難人員が最大901,000人に達することになります。

潜在的な経済的影響に関連して、被害地域の建物およびインフラの破壊は25兆3000億円を占め、残りの約6兆円は日本の残りの地域に移ると予想されます。

千島海口周辺で発生した超大型地震は、福島や茨城を含む7県で10万人が死亡し、84,000軒の建物が破壊されることがあります。

推定値は、青森、宮城、福島、茨城県の原子力発電所には言及していない。 政府は、特定の施設に関連して発生する可能性のある被害を予測できないと述べました。

これは、2020年4月の内閣専門家パネルが発表した津波予測に基づいています。

パネルは、両海口周辺で超大型地震が発生すれば、津波高さが岩手県宮古市29.7m、北海道駅前27.9mに達することができると述べた。 — 刑務所

READ  2020年、日本料理店の売上高15.1%下落

Hayakawa Hideo

コーヒーの達人。問題解決者。ライター。認定ソーシャルメディア支持者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close