技術

Microsoft、Xbox Series X / S下位互換機能に関する新しい情報を「Xbox Wire」で公開

Microsoftは、北米時間2020年10月13日、Xboxシリーズの情報サイト「Xbox Wire」を更新し、11月10日全世界同時発売が予定されている次世代の消費者製品、XboxシリーズX / S背面交換可能な機能を解説した記事をアップした。

 5月29日に掲載したニュースで伝えたように、これまでの第3世代(Xbox、Xbox 360、Xbox One)用に作られたタイトルとの互換性を提供するXbox Series X / Sが過去のゲームを単にプレイするだけでなく、見た目と感じなどを向上させる数の基本的な目標の一つとする。
互換性のあるタイトルは、Xbox Series X / S特殊モードではなく、基本的に駆動するために、最新のCPUやGPUなどの恩恵を受けた高い性能と安定したフレームレートを提供するだけでなく、最大解像度と品質の画面でプレイすることができているという。 特に、Xbox Velocityアーキテクチャによる高速SSDてロード時間も大幅に短縮されることが強調されている。

画像集#003サムネイル/ Microsoft、Xbox Series X / S下位互換機能に関する新しい情報を

また、最近のゲームは、明るさの範囲を広げてレンダリングを実行して、画像の品質を向上させるHDR(ハイダイナミックレンジ)の実装が増えているが、Xbox Series X / S準備「オートHDR」機能してHDR前SDR(標準ダイナミックレンジ)のタイトルでもHDRを拡張することができるものと言及されている。 Auto HDR機能は、ハードウェアで実現されているので、実行によるゲームのパフォーマンスの低下も発生しない。

画像集#004サムネイル/ Microsoft、Xbox Series X / S下位互換機能に関する新しい情報を

また、Xbox Series X / Sは、レンダリング速度を向上させ、フレームレートを自動的に2倍し、ゲームの動きをよりスムーズにする機能も用意されている。ソースの物理的な効果とアニメーションにも影響を与えるため、すべてのタイトルに適応できるわけではありませんが、記事は「放射性降下物4」を使用した動画機能の紹介が行われており、30fpsと60fpsそれぞれのゲーム画面の違いを確認することができる。


この他にもXbox One Xで初登場した「Heutchy Method」も実装されてXbox 360用720pのタイトルとXbox用360pタイトルをXbox Series Xは4K解像度もXbox Series Sは1440pでプレイ可能。互換性のあるタイトル質感の異方性フィルタリングも改善されて、ほぼすべてのタイトルで16倍の異方性フィルタリングが有効になるという。

記事では、発売まで、より多くの時間をかけて互換性のあるタイトルの性能向上と外観を改善し、より良いゲーム体験をすることができることを目標としている。 詳細については、「Xbox Wire」の該当ページを参照してください。

READ  2021年に新しいデザインMacBook Pro2機種が登場? 8日のハードウェア新製品を発表? まで、最新のアップルの噂まとめ - Engadget日本版

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close