技術

Microsoftは、コースを変更して、ゲーマーにWindows 10を固守する理由を提供しています。

大きくて / Microsoftは、最新のコンソールのさまざまなゲームのロード向上を要約するために、 “Xbox Velocity Architecture」を広告している。 まもなくリリースされるDirectStorage APIはWindows PCにこれらの利点のいくつかを提供する準備ができているが、今どちらのOSに分散されており、それぞれのさまざまな速度の期待があり、同じ影響を与えるでしょうか?

マイクロソフト

マイクロソフトの ウィンドウ11公開 6月には 会社のゲーム部門の警告:特定の “次世代” APIは、特に新しいDirectStorage APIを使用してゲームをプレイするには、Windows 11が必要です。

金曜日に会社のDirectXチームは、OSの制限を撤回しました。

DirectXプログラム管理者Hassan Uraizeeは、「Microsoftは、ゲーム開発者が新しいAPIを採用したときに、できるだけ多くのゲーマーに到達できるように最善を尽くしています。 今後DirectStorage APIは、もはやWindows 11専用ではありません。。 この声明は、開発者が集中的に3Dソフトウェアでは、この機能をすぐにテストできるようにするMicrosoftのDirectStorageプレビュープログラムのリリースと一緒に提供しています。 APIは、何よりも、3Dグラフィックス資産のI / O呼び出しをコンピュータのGPUで直接リダイレクトします。

どの「完全な」「完全な可能性」ですか?

Uraizeeの投稿によると、以前に発表されたDirectStorage柱の一つである高速SSDストレージへの移動も「選択肢」の領域に移動しました。 本質的にMicrosoftは現在、開発者がDirectStorageに構築されたすべてのゲームのロードパイプラインが性能が低いコンピュータで縮小されると同時にGPUを通じた資産の圧縮解除のようなOSレベルの調整の利点が期待できると主張します。 さまざまなバージョンのWindows(Win10版1909以上)にドロップされ、他のOSの要素と予想される競合することなく動作します。 それにもかかわらず、Windows 11の「ストレージスタックのアップグレード」は、そのOSにのみ適用されるため、Uraizeeは、ゲーマーがWindows 11がDirectStorageの「最高の潜在性」へのアクセスしたいと言います。

しかしDirectStorageの暗黙的な営業プレゼンテーションの一つは、革新的なI / Oのアプローチを中心とするリアルタイム3Dの世界をデザインすることができる能力です。 エレベーターの中でまったり狭い通路をギア通い)。 Uraizeeの簡単な説明は、DirectStorageとWin10とWin11変形がPCゲームのような野望にどのように影響を与えるかどうかについての線を尽くせません。

「DirectStorageサポートゲームは古いストレージハードウェア(例えば、HDD)があるPCでいつものように続けて実行されています。より野心的なコンソール独占製品を見ると、 XboxシリーズX / SおよびPlayStation 5、仕様に積極的なSSDおよびI / Oデフォルト値が含まれているのでUraizeeの楽観論がストレージデバイスが遅いシステムの対応するゲーム用PCのポートに適用されるかどうかを知ることができます。

いずれにせよ、これはDirectStorageのMicrosoftの前の発表で大きく外れています。 おそらくMicrosoftは、関心のあるゲーマーのPCが先月にどのように多く Windows 11の互換性テストソリッドステートメディアの不足やTPM(トラステッドプラットフォームモジュール)の検査に失敗したマザーボードのためにそしてDirectX 12 Ultimateの野望は、もはや制限されないことを保証するために混ぜた。 すでにDX12UはNvidiaのRTXをはじめとする最新のGPUが必要です。 2000年3000 家族と AMDのRDNA 2ラインは、チップ不足の世界では互換性のあるGPUでの活用は遅かった。

READ  Razer低遅延無線技術「HyperSpeed」対応のキーボードとマウス、ヘッドセット発売

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close