Miki House、国内市場縮小で760ドルの子供用パジャマに「メイドインジャパン」アピール – Reuters

1 min read

浦中美穂、ロッキースウィフト

TOKYO (Reuters) – ますます少数の出産をしている国で高級幼児・子供用品を製造する日本のMiki Houseは、100,000円($760.40)ゴールドラベルブランドのパジャマなどの製品の生産と顧客の両方を海外で探しています。

木村浩一社長は、日本の技術と品質に基づいて世界的な名声を築いてきた大阪に本社を置く会社が、人口の高齢化や人員の減少に伴い海外に目を向けたと述べた。

彼はロイターとのインタビューで200の国内パートナー工場ネットワークに言及し、「できるだけここで生産したい」と話した。 「『メイドインジャパン』が私の願いだろうが、職人たちが消えて容易ではない」

労働政策研究グループRecruit Works Instituteによると、個人所有のミッキーハウスは他の日本企業と同様に、2030年までに約341万人の人員が不足すると予想される人員減少と密接しています。

衣料品店は、ボタンが窒息の危険にならないようにボタンを取り付ける技術などの細部に注意を払い、数世代の親に愛されてきました。

しかし、日本の人口が高齢化するにつれて、すぐに成長する幼児のための242,000円の白いグースダウンコートなどの製品に対する需要が減少しています。

木村が1971年にMiki Houseを設立したとき、日本は年間約260万人の誕生があり、急速な経済拡大を経験していたため、両親は子供のために流行する製品にお金を注ぐようになりました。

2022年には、出生児数が800,000人未満と記録された最低値を記録しました。

生産シフト

日本最大の衣料品販売業者であり、割引ブランドであるユニクロの所有者であるファストリテーリングは、ほぼすべての製品を海外で生産します。

ミッキーハウスは依然として約70%の製品が国内で生産されていますが、子ども化などの一部の品目は地元で大規模に生産されず、ベトナムで製造されています。

売上の約60%が海外で発生するなど需要も変化しています。 Miki Houseは16カ国と地域で95店舗を運営しています。

GlobalDataの小売アナリストであるNeil Saundersは、ブランドの日本の遺産が品質の位置と高価格をサポートするのに役立つと述べた。

彼は「生産を海外に移転することは日本との文化的関連性を毀損するリスクが非常に少ないが、より大きな挑戦は生産基準や製品品質が希釈されないようにすること」と付け加えた。

2022年2月まで年間172億円の売上を記録したミッキーハウスは、2019年度赤字を出した後、過去2年間に黒字を記録したと数値は明らかにしなかった。 木村は安定した利益成長を達成すれば上場を推進できると述べた。

同社はファンデミック以来の旅行の反騰により、2025年まで日本観光客の購入が総売上の25%まで増加すると期待しています。 関税と輸送コストの違いにより、同じ商品は日本でほぼ50%安くなります。 弱い円。

希望のニュースを入手

興味のある株式のパーソナライズされたフィードで市場に行くニュースをお読みください。

アプリを入手

低出産問題を解決するために、日本政府は子育ての家族を助けるためにもっと多くのことをすることができるとKimuraは言いました。 しかし、Miki Houseは即時転換を期待していません。

彼は「海外進出を通じて下落税のバランスをとらなければならない」と付け加えた。 「52年間の事業の終わりについにバランスをとりました。」

($1 = 131.5100円)

(このストーリーは、セクション2でHisaichiではなくKoichiに名前を固定するように正式に修正されました)

READ  日本、ジェンダー賃金格差解消努力強化アラブニュースジャパン
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours