経済

Netflix、ユーティリティ連携で日本の農村地域の成長動力の確保

TOKYO – Netflixが日本最高のストリーミングサービスの地域ユーティリティとしての地位を強固にするために、意外なパートナーの助けを受けました。

2015年、日本の発売以来、Netflixは、オリジナルのコンテンツの人気のおかげで、都市の若者の間で急速に人気を集めました。 しかし、TV放送が東京のような大都市以外の地域ではまだ最高を占めている状況では、この技術の大企業は、他の方法では、加入していない可能性がある新しい加入者を誘致するために努力しています。

このような努力の一環として、Netflixは金曜日Tohoku Electric Powerの地域ユーティリティであるTohoku EPCO Frontierと提携して、11月からのサブスクリプションと電気サービスバンドルを提供することを発表しました。 バンドルに加入すると、年間最大9,300円($ 85)を節約することができます。

6つの県にまたがる約420万世帯が割引パッケージを受け取ることができます。 Netflixは、過去に携帯電話料金とサブスクリプションをバンドルしたが、日本での通信部門以外の会社とのパートナーシップを結んだのは今回が初めてです。

Netflixのようなスマートフォンで利用可能なストリーミングサービスは、特にTVを所有していない若い視聴者に人気があります。 Netflixは2019年に13.8%のシェアで、日本最高のレジストリマーました。 東京に拠点を置く調査会社であるジェムパートナーズ(Gem Partners)によると、感染症が原因で、より多くの人々が家に滞在し、2020年にはほぼ6ポイント上昇し19.5%を記録しました。

しかし、彼らは日本の最大の都市の外だけ多くの関心を得ませんでした。 東京に拠点を置く市場調査機関であるMacromillによると、7月に日本北東東北地域のNetflixアプリユーザーの割合は3.4%で、東京が属する関東地域の4.2%よりも低い。

8月21日ネットフリックスを介して全世界に公開される「ネイキッドディレクター」シーズン2のスクリーンショット。 (写真提供:ネットフリックス)

代わりに、東北の観客は、東京の観客よりもTV視聴に多くの時間を過ごすことになります。 調査会社Intageが集計したデータによると、秋田県のスマートTVの所有者は、平均的に8月10日にTVを視聴するために361分を送った。 東北の他ヒョンドゥルも上位10位以内に入った。

ネットフリックス消息筋は「東京の若い視聴者を越えて顧客層を拡大したい」と語った。

ファンデミク期間Netflixの成長は、主にサービスに積極的に参加して、加入者によって駆動された。 しかし、このプラットフォームは、現在、世界的に多くの聴衆を引き付けるための努力を強化しており、7月には、スペインの電力会社ともパートナーシップを結びました。

Netflixのビジネス開発役員Masato Shimoiは「私たちは、現地で最も大きな影響力を発揮するパートナーと協力して地域コミュニティに深く幅広く到達したいと思います。」と言いました。 この会社は、日本での顧客基盤を拡大するために東北地域を越えて、より多くの電力会社とのパートナー関係を結ぶ予定です。

ネットフリックス、アマゾンドットコムなどのグローバルメーカーのほか、若い視聴者の生放送関心の欠如を懸念する放送局も加えている。 公営放送NHKは2020年4月のストリーミングサービスを開始し、今年の夏、東京オリンピックを契機に大きな力を得た。

Visual Media Research InstituteのKoichi Yomoda所長は「視聴時間の競争はTV局が運営するサービスを含むストリーミングサービスの間でのみ加速するでしょう。」と言いました。

READ  日本の株式市場は、経済不安、円高で下落

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close