Economy

NVIDIAがArmをソフトバンクから4.2兆円で買収半導体大手2社が一体に| TechCrunch Japan


数週間に、一時的な投機を経てNVIDIA(NVIDIAの)は、米国時間9月13日の夜半導体設計今後のArm Holdings(がんホールディングス)を合計400億ドル(約4兆2450億ウォン)に現在の所有者であるソフトバンクの買収意思を正式に表明した。 ソフトバンクは、2016年に320億ドル(約3兆4000億ウォン)でArmを買収した。 3社の取締役会のすべてがこの取引の概要を承認している。

関連記事:ソフトバンクは評価額約4.2兆円のArm株式売却益確保したり売却対象NVIDIAは、CPU / GPUの超大型プレーヤー

この取引に複雑な点がある。 ソフトバンクは契約に署名した後、すぐに、20億ドル(約2100億円)を現金で受け取ることができます。 その後、取引実行時に現金100億ドル(1兆600億ウォン)とNVIDIAの株式215億ドル(約2兆2800億ウォン)を受ける。 この株式は、NVIDIAの10%未満に相当する。 また、ソフトバンクは実績ベースのアンアウトに現金と株式を合わせて50億ドル(約5300億円)を受ける見込みだ。 バイヤー企業が売主企業に買収対価の一部を支払うことを規定する、いわゆるアンアウト条件と時期は明らかにされなかった。

買収価格400億ドルと、従来Armスタッフの株式報酬15億ドル(約1600億円)も含まれており、従業員は、現在、6000人以上ある場合、会社は説明している。 全体でソフトバンクは凍結アウトが実施された場合、385億ドル(約4兆ウォン)を手に入れることになる。

NVIDIAはArmのInteret of Things(モノのインターネット)部門を除く全製品グループを買収する。 物事のインターネットはArmが重要であるモバイルチップの設計事業に加えて、最近力を入れている分野の一つである。

複雑な所有構造といくつかの国が参加しているので、契約の実行に1年半かかるとみられ、規制と反トラストの承認を米国外にArmが拠点を置く英国、中国、欧州連合のそれぞれから取得する必要がある。

NVIDIAは声明の中で、英国の会社の技術部門を中心に注力することを明らかにしており、これは今年のブレード区ジットでEUを脱退した後、英国テック事業の経済の競争力のための英国政府の懸念を静める目的というのは、ほぼ間違いない。

同社は、Armケンブリッジ事業所は、拡張予定であり、「最新AI研究の新しい世界の中心の構築」予定だと説明している。

この取引は、一連の大規模な損失の回復に努めてためているソフトバンクに即効性のある現金注入である。 契約金額の大部分を占めるNVIDIA州によってソフトバンクは再び会社の主要株主となる。 日本の携帯電話会社は、いったん会社のVision Fund(ビジョンファンド)を介してNVIDIAの4.9%を保有していたが、2019年に33億ドル(約3500億円)に置かれていた(Wall Street Journal記事)。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / フェイスブック

READ  ビジネス特集中国のビニール袋、まずに有料化したが、... | 新型コロナ経済への影響

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close