OpenAI、東京事務所開設とともに日本事業入札

Estimated read time 1 min read

サム・ナッシュ(Sam Nussey)

東京(ロイター) – マイクロソフトが支援する人工知能スタートアップオープンAI(OpenAI)が月曜日東京に初のアジア事務所を開き、日本事業に対する広報をした。

オープンAI CEOのサム・アルトマン(Sam Altman)は、映像メッセージを通じて「これは日本国民、政府の指導者、企業、研究機関との長期的なパートナーシップになることを希望することの最初の段階に過ぎない」と述べた。

2022年末にChatGPTが作成したAIチャットボットを発売して以来、消費者の間で興味を引き起こしたこのスタートアップは、世界中で新しい収益源を成長させようとしています。

アルトマンと最高運営責任者(COO)のブラッド・ライトキャップ(Brad Lightcap)は、今月米国と英国で数百人のフォーチュンジ選定500大企業役員を招待して事業広報をしたとロイターが報じた。

昨年、アルトマンは岸田文夫(Kishida Fumio)首相に会った後、日本進出を検討していると明らかにしました。 このスタートアップはロンドンとダブリンにもオフィスを開いた。

日本はますます強くなっている中国と競争し、デジタルサービスへの転換を加速し、深化する労働力不足を緩和するためにAIを活用することを希望しています。

ライトキャップは東京で記者たちに「私たちは需要が押されている」とし「時間が経つにつれて日本が意味のある貢献をすると期待する」と付け加えた。

オープンAIは日本語に最適化されたカスタムモデルを保有しており、日本事業は長崎忠雄アマゾンウェブサービス社長が率いると明らかにした。

国内は技術が後進国とされる一方、通信会社であるソフトバンク、NTTなど国内企業は大規模な言語モデルに投資している。

OpenAIの日本の顧客には、自動車メーカーであるトヨタモーター、メーカーであるダイキン工業、地方政府があります。

マイクロソフトは先週、日本のクラウドおよびAIインフラストラクチャに2年間にわたって29億ドルを投資すると発表した。

(Sam Nussey 記者、Christopher Cushing 編集)

READ  日本のインフレはBOJ決定を控えて予想以上に高まった。
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours