技術

[PR]在宅勤務・巣ごもり時代」の家庭用の普通のコンピュータ」を選択の新しい基準はこれだ! 「家庭用の普通のコンピュータ」を選択の新基準。 Core i5 Wi-Fi 6、SSDやWebカメラが負担のない価格で購入するサードウェーブ」DX-C5」 – PC Watch

感染予防のために、多くの企業で導入されることになった在宅勤務学業の場でも、オンライン授業を活用し、エンターテイメントの分野でも、様々なオンラインイベントが開催されている。 このような状況であれば、自宅で使用しているPCは、特に設置場所と移動を柔軟に行うことができるノートパソコンの性能が日常業務や生活の質に影響を与えるものである。 したがって、数年の間に継続して使用自宅のPCを交換する家族のために新しい買いたいと思う考えを持っている人は多いだろう。

しかし、現在販売されているノートパソコンであれば、どれを購入することも幸せになれるわけではない。 在宅勤務に付き物のビデオ会議を問題なくこなしたり、インターネットイベントを快適に視聴したい場合は、少し余裕があるスペックがほしい。 また、カフェや出張先でも作業する機会があれば、重量とデザインにもこだわりたい。 もちろん予算は無制限ではない。 より安いほうがいい。

7万円を切る価格ながらも、「巣ごもり」に必要なスペックを過不足なく準備DX-C5

今回ご紹介する第ウェーブの「DX-C5」シリーズは、これらの様々な要件を高いレベルでクリアしながらも、6万7,980円(税別)というオドロキ価格で購入できるノートPCだ。 今回はDX-C5を在宅勤務と巣ごもりコンピュータで使用すると適当に対して様々な側面から検証してみたい。

[재택 근무 시대의 집 노트북 PC의 조건은 이것이다! ]

  • 4コア以上の現行世代CPU(前世代CPUはクアッドコアでもビデオ会議ソフトウェアなどの重いことができる)
  • 250GB以上のSSD
  • 8GB以上のメモリ(未来を考える16GB以上の拡張可能であれば良い)
  • フルHD解像度のディスプレイ
  • Wi-Fi 6対応の高速無線LAN
  • 1.8kg以下の重量(家庭でも簡単にナビゲート)
  • だからなるべく安く!

在宅勤務に付き物のビデオ会議も快適にこなせる

在宅勤務は、一般的な書類の作成や事務処理、Webブラウザを利用した情報収集のほか、上司や同僚との協議などでZoomとMicrosoft Teams、Google Meetなどを利用したビデオ会議をする場合が多い。 事実がビデオ会議、意外と要求するスペックが高く、5年前の古いノートパソコンで快適に利用できない場合も少なくない。

また、ビデオ会議中にPower Pointスライド、WordやExcelの文書を見てもWebサイトを検索したり、PDFファイルを開いたりなど、さまざまな作業を同時に行うことも多い。 複数のアプリケーションを同時に実行する状態でも安定して、快適に使用できる基本的なスペックはほしい。 具体的には、CPUは、現在の世代Core i5またはCore i7メインメモリは8GB以上搭載しているノートPCがベストだ。

液晶ディスプレイの上部にWebカメラとマイクを搭載

その点DX-C5は、CPU 4コア8スレッドのIntel Core i5-10210Uを搭載メインメモリは8GB搭載する。 ビデオ会議をはじめとするオンラインコミュニケーションツールを利用する上で必須となるWebカメラとマイク、スピーカーはもちろん、標準である。

[DX-C5의 기본 사양]
カテゴリー名前
CPUインテルコアi5-10210U
(4コア8スレッド、GPU内蔵)
メモリ8GB DDR4 SO-DIMM
(PC4-21300 DDR4 SDRAM 8GB×1)
ストレージ250GB SSD(M.2、Serial ATA 3.0接続)
ディスプレイ15.6インチ液晶(1,920×1,080ドット/ 60Hz)
カードリーダーmicroSDカードリーダー(SDXC対応)
ネットワークギガビットLAN×1、無線LAN(Intel Wi-Fi 6 AX201)、Bluetooth、5.1
バッテリーリチウムイオン電池(駆動時間約7.7時間)
サイズW358.9×D247.1×H19.9mm、約1.55kg

実際TeamsとZoomのビデオ会議機能を利用してみたところ、10〜15%程度の負荷率で推移しており、映像が途切れたり、音声が途切れたり、することはなかった。 また、背景をマスクしてお気に入りの画像を表示する機能を利用しても、20%に届かない状態だ。 また、この程度の負荷率であれば、PDFファイルやWord、Excel、書類などを背景に、開いても全く問題ないだろう。

PCMark 10のビデオ会議の成果測定時の画面。 PCMark 10は、実際のアプリケーションの使用のパフォーマンスを測定することができるアプリケーションで、 “Essentials”はビデオ会議/ Webブラウジング/アプリケーションの起動」Productivity」は、スプレッドシートやドキュメントの作成の性能、 “Digital Content Creation」は写真と映像作成の性能を表す

最も多く使用される一般的なアプリケーションの動作速度で、実際の使用感を数値化することができるPCMark 10の実行結果は、次のとおりである。 Core i5-10210Uの薄型ノートPCとしては平均的な数値であり、在宅勤務で行う書類を作成し、Webブラウジングなどの軽い作業は問題なくこなせるだろう。

PCMark 10の測定結果。 「Essentials」と「Productivity」は4,100と4,500以上の良いスコアされており、本製品は、在宅勤務、オフィスの作業に非常に高い適正を見せている。比較対象の2010年頃2013年頃のノートPCと比較しても性能が大きく成長していることがわかる

ビデオ会議を円滑に行ったり、インターネットイベントを楽しむのもう一つ重要なのが、ネットワーク機能である。 映像データと音声データが転送されるデータの量が大きいため、高速無線LANまたは有線LANそうでなければ、通信が安定しておらず、やはりスムーズに使用できない場合があります。

この点DX-C5は、最新の「Wi-Fi 6 “に対応した無線LAN機能を搭載している。 高速インターネット回線を提供してビデオ会議やインターネットのイベントに参加して無線LANが足首をつかむことはできない。 また、最近の薄型ノートでは珍しく、本体に有線LANポートを備えている。 実際には2 LAN機能を利用して、インターネットを介してデータ交換は迅速に行うとのビデオ会議は、問題なく使用することができた。

ストレージにも注目しよう。 最近では、職場でも、大容量の画像データと動画データを扱う機会が多くなった。 また、HDDに比べてはるかに高速なSSDを搭載したPCが、より使用感は快適である。 しかし、少し形抜けノートパソコンは、64GBローエンドのノートPCに128GBなどの容量が少ないSSDを搭載するモデルも存在するが、そのようなモデルでは、インストール可能なアプリケーションの数と、コンピュータに保存できるデータの量にすぐに限界が来たのだ。 HDD搭載モデルと価格も大容量の場合が多いが、性能面で不満が出てくる。 やはり250〜500GB級SSDを搭載したノートPCがベストだ。

DX-C5の内蔵ストレージはSSD小型カード形状のM.2仕様を内蔵

DX-C5は、Windows 10およびアプリケーションを迅速に開始し、快適に利用することがSSDを搭載。 また、容量は250GBである。 ローエンドモデルと比較すると、誰でも利用できる容量は大幅に増加しており、安心して長く継続して使用される。 同じデザインの上位機種であるDX-C7なら500GBのSSDを搭載しており、さらに余裕のある方法がある。

ストレージのパフォーマンスを測定する「CrystalDiskMark」の測定結果。 ストレージ最高の性能であるシーケンシャル読み取り/書き込み(連続読み取りと書き込み、測定結果の1,2番目)の値は、一般的なHDDに比べて4倍程度ランダム読み取り/書き込み(不規則・不連続データを読んで、測定結果の3,4番目)は、数十〜数百倍もの差がある。これは誰にでも明らかに違いがわかるほどの性能差である

執筆に関連する部分をけちるなく!

長く安心して利用する場合は、各種操作に使用するキーボードとタッチパッド、液晶ディスプレイ搭載するインタフェースもよく確認したい。 キーボードやマウス、液晶ディスプレイは、日常的な書き込みを左右する重要な要素であり、インターフェイスに関する知識備えラップトップは、拡張性に優れ、陳腐化が難しいからである。

キーボードの右側にテンキーを装着するタイプ

DX-C5はかなり広い配列のキーボードを搭載しており、キーパッドも装備する。 感覚的には、デスクトップPCに結合されたフルサイズのキーボードに近い柔らかなタイプです。 タッチ操作の目にストロークはそれほど深くないのでタンタンと軽快なタイプしていくことが良い印象だった。

タッチパッドは、実測値で幅10.7cm、奥行きは6.1cmマルチタッチをサポートしている

液晶ディスプレイは、表面処理がまぶしの15.6インチパネルを搭載する。 解像度は1,920×1,080ドットのフルHDタイプ。 テスト機で確認したところ、視野角が広く、上下左右どこから見ても色の変化が少ない。 グレア防止パネルタイプなので、在宅勤務などの業務で長時間使用すると、反射光がなく、目が疲れにくい。

もし年齢視力に文字がいくつかのよく見え感じた場合は、Windows 10の設定で倍率を125%に設定すると、テキストとアイコンが鮮明鮮明に表示される。

左側面には、ACアダプタ用コネクタ、HDMI、USB 3.0ポート、USB 3.1ポート(Type-C)、マイク/ヘッドフォン端子を備える

右側面にはMicroSDメモリーカードスロット、USB 3.0ポート、有線LANポート、セキュリティスロットを備える

主なインタフェースでは、左右の側面にUSB 3.0ポートを1基ずつ搭載するほか、Type-CのUSB 3.1ポートを左側に装着する。 コネクタの上下を気にせず差し込めType-Cコネクタを搭載したデバイスは、急増。 数年の間に使用することになるかもしれない家のノートパソコン機器では除去できないと言うことができる。

また、左側にはHDMIを搭載しており、外部の液晶ディスプレイを接続すると、簡単にマルチディスプレイ環境を構築することができる。 ノートパソコン側に書類を作成するために使用するWordのウィンドウの外部液晶ディスプレイ側に参考資料のWebブラウザやPDF、Excel、ウィンドウを表示すると、アプリケーションのウィンドウを切り替えることなく、効率的に作業ができる。

これらの複数のデスクトップを利用して、作業効率を向上させる技術は、在宅勤務で特に有効である。 また、ホームユースでも広いデスクトップ利便性の向上に直結する。 外部LCDを設置スペースがある場合、必ず検討したい拡張計画の一つである。

下部のカバーを外すとボードのメモリスロットとM.2スロットにアクセスすることができ

また、本体底部のカバーを外すとボードのメモリスロットとM.2スロットに簡単にアクセスできるようになる。 購入時の仕様に満足できなくなったとしても、自作PCのように、後でパーツを追加して、換装してパワーアップを図ることも可能である(但し、各種保証/保険適用から除外される点に注意)。

READ  妻のスマートフォンは、Pixel 4aを決定した - 物足りなさを感じない理由は - Engadget日本版

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close