技術

PS5のDualSenseコントローラにSteamクライアントが徐々にサポートを開始| AUTOMATON

Valveは11月19日Steamクライアントのベータ版の更新を実施。 PS5用コントローラDualSenseの対応を行った。 既存のDUALSHOCKをベースにしながら触覚フィードバックと適応トリガーなど、さまざまな機能が搭載された次世代コントローラです。 Steamで動作するように徐々に調整されていっているようだ。

PS5がリリースされましたすぐにValveはDualSense対応を開始。 元PS4用DUALSHOCK 4は手厚くサポートしており、様々なコントローラのサポートを推進する背景がある。 11月13日には、一旦コントローラで認識されるものですボタンとスティックの操作がサポートされた。 しかしDualSense特有の機能は、委託した。

※11月14日時点での動作

11月18日には、これらの特有の機能に部分対応している。 DualSenseのLEDやトラックパッド、振動やジャイロ機能に対応している。 また、トラックパッドとジャイロを用いたスワイプ操作もサポートします。さらに19日もアップデートが実施されたBluetoothを介して振動に対応。 また、振動の激しさも緩和されて、振動機能を有効にするために、外部音声を基にした触覚フィードバックを生成可能となった。 DUALSHOCK 4位の充実サポートはされていないこと、じわじわDualSenseがSteamで利用することができているようだ。

また、次世代ゲーム機であるXbox Series X | S用のコントローラについては、ベータ同様サポートし始めた。 SteamでXbox Oneコントローラーとして認識され、2つのコントローラにまとめという特有の現象も解消。 これを支援し、改善が進んでいる。 両次世代コントローラがSteamで完全にサポートされている日を楽しみにします。


READ  Xbox Series X開封プレビュー驚くべき低騒音と性能を両立クイック再開は、次世代の快適 - Engadget日本版

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close