技術

PS5専用ゲームデータの内部SSDで移動したり、バックアップ不可であることが判明(追記あり) – Engadget日本版

Engadget日本の

ソニーの新型ゲーム機PS5は発売時点では、内部SSDスロットは、ストレージ拡張に対応していないこと発表されています。 したがって、当面は、標準的な内部ストレージで耐えることですが、新たに「専用のゲームデータを、内部SSDから外部ストレージに移動する手段(記事執筆時点では)存在しない」ことが明らかになりました。

ゲームハードの分析に精通しているDigital Foundryの調査によると、PS5のメインストレージ(内蔵SSD)でPS5専用ゲームデータを外部にコピーする方法はないということ。 つまりSSDがいっぱいになったとき避難する場所ではなく、新しいゲームをインストールする唯一の方法は、「古いゲームを削除すること」だけということです。ちなみにPS4ゲームに関しては、外部ストレージに移動この制限は適用されません。

競争ハードXbox Series X | Sも専用ゲーム内部ストレージ(Xboxの場合1TB拡張カード)でのみ実行できるという共通点があります。 この違いは、Xboxシリーズは、新旧すべてのゲームを外部ストレージに保管することができるということ。 そこから新世代のゲームを直接実行することができませんが、少なくとも、再ダウンロードしなくても、いつでも外部から内部SSDに書き換えることができます。

実際に海外のゲームメディアEurogamerがPS5の内部ストレージ(実際に使用できる容量は667GB)をPS4ゲームで埋めでPS5ゲームをインストールしようとしたが、「他のゲームを消してください」と言うだけで「コンテンツを消去」以外の代わりに、提示されなかったということです。

FullSSD

ゲーム自体は消しても再度ダウンロードすると終わる話ですが、問題はPS5専用ゲームのセーブデータ、各ユーザーに独特の資産を処理する方法です。

PS4のゲームには、セーブデータをUSBを介して外部バックアップすることができますがPS5ゲームに関しては、USBオプションは消滅。 EurogamerはPS4のセーブデータが数年に渡って、ハッキングされたことから、ソニーがPS5で完全に制御下に置こうとしていると推測を示唆しています。

ソニーは、有料サービスPS Plusでセーブデータ保管(オンラインストレージ)を提供していますしかし、未契約ユーザは火の事態に備えてどのようにバックアップするのか。 Nintendo Switchも発売当時、同様の懸念が指摘されていましたしかし、目下Eurogamerが、ソニーに問い合わせ中とのこと。 速報を待ちたいところです。

【11月10日11時10分追記】その後、ソニー公式[11월10일11시10분추기】그후소니공식PS5の公式FAQこの公開された「未来のPS5のタイトルをUSBストレージデバイスに保存する(プレイすることができません)することができるように検討しています」との見方が発表されました。つまり、「将来的には「ローカルUSBストレージに保管し、内蔵SSDに戻し、再プレイが可能である、Xbox Series X | Sと同様の仕様になる模様です。

出典:ユーロゲーマー

READ  MSI、AmazonプライムデーでゲーマーのためのノートPCを最大20%割引の特別価格で販売

Nakama Shizuka

"フリーランスの学生。微妙に魅力的な料理の達人。トータルベーコンの先駆者。旅行の第一人者。自慢のオーガナイザー。"

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close