エンターテインメント

PS5開封レポート! ボックス&本体のディテールをチェック&PS4とのサイズ比較も – GAME Watch

プレイステーション5.プレイステーション4の発売から実に7年ぶりに新型プレイステーション、超高速ローディングSSDや3Dオーディオ新型コントローラ「DualSense」に搭載されている2つの新しい機能などのグラフィックスだけでなく、機能面でも大きな発展を遂げている。

時間の流れは早いもので2019年10月8日にPS5が公式発表された後、発売まで残り半月ほどになった。 9月18日予約開始されましたPS5が「Amazon」の予約はすぐに完売、各店舗と販売サイトで抽選予約と直接予約の戦いはまだ冷めないほどの人気だ。

そんなPS5が、その製品のバージョンがGAME Watch編集部に到着した。 まだこのPS5の「すべての」を見せは行われないが、本稿では、開封レポートをお届けしたい。

[PS5가 도착했습니다! ]

[PS5 Game Play Feature 트레일러]

見つめてくるPS5とDualSense新型ゲーム機を箱から取り出した瞬間はいつがも耐え

まず開封前のボックスをチェック! パッケージには、PS5本体と新型コントローラ「DualSense」がいきなり。 ここをクリアし続け見つめてきているようで、少しかわいい(?)。 背景はプレイステーションでお馴染みの「△○×□」マークが大きくデザインされている。第一印象は「やはり大きい」である。 また、パッケージの色がほとんど白ということもあって、ゲーム機よりも家電機器とのような印象を受ける。 しかし、それにもかかわらず、新型ゲーム機「ボックス」というのは、見ているだけでワクワクしてしまうのだ。

もちろんPSアイコンに「PS5 “ロゴ、SONYも記載

裏面は製品の説明容量である「825GB」も左に記載されている

横ロゴと本体画像

それでは早速開封する予定だ。

まず披露はマニュアルとケーブル、および「DualSense」である。最終的にPS5が手元に!というリアリティを感じることができる生々しがあり、ここは一度置いておいて主役である本体を取り出してみよう。

ところで、PS5を言う避けることができないのは、その大である。 比較もせずに、既存のプレイステーションと一回り大きいことがわかるが、比較していないことができない。 今回用意したのは、PS4とPS4 Pro。 プレイステーションユーザーであれば、想像しやすいかと思う。

左から「PS4」、「PS4 Pro」、「PS5「パー大きいことがわかる

スペック表でサイズは横とき約390mm×104mm×260mm(幅×高さ×奥行き)。 PS4の幅が約265mmでPS4 Proが約295mmであるため、約10cmより14cm程度の差がある。 インストールのみしてしまえば、このサイズでも中に慣れ考えられるが、今PS4を設置する場所は、場所を変えてしかない人もいるだろう。 PS5は垂直に設置することがスペースを取らず、いいかもしれない。

ちなみにPS5が垂直にも水平にも同じスタンドを使用する。 このスタンドがよくなっており、インストール時に必要なネジとキャップを収納できるようになっている。 このスタンドはなくなる微細部品の収納も完結していることは非常に有用である。

また、PS5両側の白いパネルは取り外しが可能である。 最初は要領があるが、パネルを持ち上げて横にスライドするだけで脱着のために、2回目以降は、簡単にすることができるだろう。

パネルを削除すると、まず目につくのは、冷却ファン。 一方では、そのすぐ隣に拡張ストレージに読み取り速度が速いPCIe 4.0をサポートしているM.2インターフェースが用意されている。

それでは、最後に他の内容を見てみましょう。 PS5はクイックスタートガイドと安全ガイド2種類のマニュアルのほか、電源コードとHDMIケーブル、そして新型コントローラ「DualSense」と充電に使用するUSB​​ケーブルである。 オンラインゲームを除けば、接続しようとするモニターを用意してPS5本体を購入するだけで遊ぶことができる。 電源コードは、これまでと同様に細身電源タップに接続している場合でも、使いやすい。

また、PS5、本体には、3Dアクションゲーム「ASTRO」s PLAYROOM “がプリインストールされている。” ASTRO「s PLAYROOM」では、ゲームを楽しみながら、「DualSense」の新機能である触覚フィードバックと適応トリガーを体験することができる。 “DualSense」の新機能については、次の記事を参照してください。

今回ご紹介することができるのはここまで。 また、今後のレビューを提供するため、待っていただきたい。

かわいいロボットを操作するアクションゲーム

歩いている地形に応じて、コントローラの振動が変化する

PS5の発売が待たれる……

READ  KinKi Kids扮装デュオ本兄弟に岸優太(King&Prince)がインタビュー| BARKS

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close