エンターテインメント

Rahil Gangjeeのしっかりとした出発し、日本の4位

インドゴルファーRahil Gangjeeは4アンダー68打タイド4位に上がったが、ここクラウントーナメント1回戦以降首位を走る巨大な金谷巧を2タマン放ち出発しました。

コルカタから42歳の彼はバーディーが4つあり表示がないきれいなカードに最も満足しました。 日本で唯一優勝したインドのゴルファー3人のうち一人カン氏は、 “天気が悪くてキャンセルされた一日を待って開始することは、安心になりました。

“トーナメントが54ホール減ったので、しっかりとした出発が不可欠であり、表示のないカードを持つようになって非常に嬉しかったです。

“私は私のゲームに戻って入ってくるリズムを捜している。 先週と今週の良いラウンドをダブル持ちました。 今回の大会のためにこのすべてを結合することができると思います。 ”先週関西で66-68で二回優れたミドルラウンドを行ったカンは、今年の三番目のイベントを走っています。 彼はToken Homemateでカットを逃し、3ラウンドで、T-20に入った後Kansai OpenでT-47を終えました。

今季トークンホームメイトで既に一度優勝した金谷は10位から始めて6アンダーで単独リーダーであった。 彼は6つのバーディーを持った、そのうち5つは、第二の9つの1つの例を相手ました。 中島小山とギムチャンはそれぞれ5アンダーで2位をしている。

(このストーリーは、Devdiscourseスタッフが編集していなかったシンジケートされたフィードの自動生成されます。)

READ  痛みを軽減する和風朝食

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close