Road rage stunner: ドライバー3人中2人が車に武器を保管します。

Estimated read time 1 min read

ロンドン – スピードアップ車両はそれ自体が致命的な武器になる可能性がありますが、新しい調査では、多くのアメリカ人が運転中に武装していることを確認します。

米国居住者1,000人を対象としたアンケート、 回路パスプランナードライバーの65%が、路上の怒り事件中に自分を守る必要がある場合に備えて、車両に武器を保管していることを発見しました。 隠す最も一般的な武器ドライバーはナイフ(50%)で、その後はペッパースプレー(45%)です。 しかし、40%は、移動中に銃を運ぶと認めています。

アメリカ人ドライバーが手に持っている他の武器には、タイヤアイロン(39%)、野球バット(38%)、ホッケースティック(31%)、テイザー(31%)、ラクロススティック(14%)などがあります。

道路で熱が出たときに遠くにしたい車のアンケートによると、BMW、現代、メルセデスのドライバーが最も可能性が高いことがわかりました。 危険な武器 彼らの車で。 ちなみに、研究者らは、路上怒り銃撃事件が2021年に史上最高値を記録したと報告します。

心配することに、アメリカ人が運転する場所は重要ではないようです。 地元の人々は、道路に積み重ねる怒りが彼らが住んでいる場所が最悪だと思います。 都市ドライバーの39%は、自分が住んでいる場所がアメリカの他のどこよりも道路の怒りが強いと信じていますが、53%はまだ都市ドライバーが道路の怒りに弱いと考えています。 田舎(54%)、小都市(58%)、郊外(67%)の半分以上は、道路の怒りが都市を含む他のすべての場所と同じように悪いと思います。

最大の道路怒りの犯人は誰ですか?

それが本当かどうかにかかわらず、男性は最悪の評判を持っています。 怒った行動 途中で。 世論調査の半分は男性 道路怒りに最も弱い 若手ドライバーがわずかな差で続く事故(42%)。 スポーツカー(35%)、女性(31%)、高齢ドライバー(28%)を所有している人たちも、過度に攻撃的なドライバーという非難を受けます。

興味深いことに、女性が最も批判的であるように見えます。 女性ドライバー。 実際、女性の回答者は、男性以外の女性が道路で怒りに屈したと非難する可能性が71%高かった。

それでは、「道路怒り」について話すとき、どういう意味ですか? このような行動には、過速度(応答者の40%がそうであると認める)、ホーン(28%)、急制動または他のドライバーの「ブレーキ確認」(26%)、怒った手振り(24%)、叫び(23%)など、すべてが含まれますになります。 %)。

しかし、状況が急速に制御不能になり、一部のドライバーが他の車を追いかけたりレース(20%)し、意図的に車両を遮断し(16%)、後部ドアを開け(16%)、さらには同僚ドライバーに武器を向けるできます( 4%)。

道路怒りの首都は…オレゴンにありますか?

賑やかな通りと交通渋滞により、主要都市が路上怒りに最適な場所であるように見えますが、アンケートによると、アメリカの路上怒り「水道」は実際にオレゴン州ユージンです!

Twitterのデータを使って世論調査で100,000人あたり500の#roadrageツイートが太平洋北西部のこの村から来たことがわかりました。 次に、近くの場所であるジョージア州アトランタより100以上あります。 興味深いことに、ニューヨークやロサンゼルスなどの交通量の多い有名な地域は、道路の怒りが最も高い20の都市には含まれていませんでした。

路上の怒りは簡単に事故、怪我、さらには死につながる可能性があるため、研究者は運転手 冷静な髪を維持する方法を学ぶ。 以下はいくつかのヒントです。 AAA 運転中の潜在的な路上怒りの事故処理:

  • 安全な車間距離を保つ
  • 必要な場合にのみホーンを鳴らす
  • 他の人に速度や方向を変えないでください。
  • 親切に (あなたの前から出たばかりの人が今日仕事を失ったと想像してください)
  • 怒っているドライバーと交戦しないでください

方法論

Circuit Route Plannerは、1,000人のアメリカ人を対象に路上怒りの認識と運転行動を調査しました。 このデータを#roadrageのTwitterスクラップと組み合わせて、各ツイートの場所別に分析しました。 すべてのデータは、米国人口上位150都市の住民100,000人あたりです。

READ  3月の満月:今週の虫の月を見ることができる時期
Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours