エンターテインメント

SoftBankの息子が東京オリンピックに反対する増加する携帯電話に参加

億万長者の創設者兼最高経営責任者である孫正義SoftBank Group Corp.はコロナウイルス感染症に予定され、今年の夏、東京オリンピック開催計画への批判に参加しました。

「現在、国民の80%以上が、オリンピックを延期またはキャンセルしたいです。 誰がそれを推進するものであり権利で?」 率直なビジネスリーダーとして知られている息子は、 ツイート 土曜日に。 教徒によると、彼の発言は、国際オリンピック委員会の最高管理が都市がコロナウイルス緊急状態にあっても、オリンピックが開かれることができると言ったか、数時間後に出てきた。

主催者は、感染症が原因でイベントを繰り上げて非難を受け批評家たちの声が大きくなりました。 この国の遅いワクチンリリースの亜種の拡散は、ゲームのために新しいウイルスの突然変異が輸入されることができ、既に緊張した医療システムを悪化させることができるという恐怖を増しています。

彼の声明はまた、他の日本のビジネスリーダーたちが表現した懸念を反映します。 今月初め、日本のオンライン小売業者の創設者兼CEOのHiroshi MikitaniRakuten Group Inc.は、東京オリンピックを “自殺ミッション “はCNNとのインタビューで、今年のイベントを開かないと述べた。

5月15日から16日まで日本での調査に参加した回答者の約82%が東京オリンピックとパラリンピックを再延期したり、イベントをキャンセルすることがより良いと答えており、7月にイベントを開催することにした決定を支持すると答えた人は15%に過ぎなかった。 放送局ANNが実施した世論調査に。

– 宮沢祐介の助けを借りて

READ  家族全員が主人公のアクションRPG「チルドレン・オブ・モフィルター〜家族の絆の物語〜」のキャラクター情報&PV第3弾が公開

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close