U-15女子ソフトボールワールドカップ – スーパーラウンド3日目:アメリカとプエルトリコが素晴らしい勝利を収め、金メダル決定戦に進出しました。 日本と台湾の銅メダル決定戦 – 世界野球ソフトボール連盟(WBSC)

1 min read

世界ランキング1位の米国と3位のプエルトリコが招待券競争を繰り広げる。 WBSC U-15女子ソフトボールワールドカップ 土曜日、スーパーラウンド3日目の勝利に続き優勝を獲得した。

プエルトリコは、スーパーラウンドの試合で延長イニング中に激しい3-2で仕上げ、日本2位を驚愕させました。

7イニング無失点後、プエルトリコと日本は延長戦で失点を交わし、ついに10回にLogan Besterのダブルで試合が終了しました。

米国は台湾を10-0に破って金メダル決定戦進出権を確保した。 勝利は4回ケニアラプア湖の中原ヒットホームランで輝いた。

アメリカ、プエルトリコ、日本がスーパーラウンドで4-1の勝敗を記録して同点を成し遂げたが、米国とプエルトリコが逆転勝ちで1位を獲得した。 タイを破るルール トーナメント規定にあります。

一方、メキシコはついにスーパーラウンドで勝利を収め、トーナメント5位を占めた。 メキシコはアナリア・ロペスが4打点と優れた打撃性能で攻撃を主導し、フィリピンを12-3で勝った。

バッチラウンドでは、チェコがペルーに対して7-0で勝利することを含むすべての試合で勝利し、ランキング1位を獲得しました。 チェコは7位を占め、イタリアはブラジルを3-0で破って総合8位を占めました。

ペルーとブラジルはそれぞれ9位と10位を占め、ニュージーランドがウガンダを相手に敗北して11位を占めました。

7日目の結果

スーパーラウンド

メキシコ対フィリピン12-3

メキシコは5イニングの間、フィリピンを12-3で破って大会5位を占めた。 アナリア・ロペスが4打点、4安打、3安打で優れた活躍を繰り広げたためだ。

メキシコは2回初め、クラリッサ・メヒア(Clarissa Mejia)がパスしたボールとボルネットを受けて左中央にヒットを移動させて攻撃を開始した。

攻撃シーケンスに1つのアウトだけが残った状況で、Carla Montoyaは右翼数で2倍の攻撃を加え、Mejiaが最初の得点を記録するための道を開きました。 Liliana Acostaは、地球のボールで次の得点を記録しました。

メキシコは第二節でよく編まれた攻撃で彼らの勢いを支え、一対の三塁打と安打で強調された8得点を注ぎ、10-0優位を占めました。 フィリピンはエリッカ・ゴンザレスの3点3点シュートで3回末勝負に成功し、10-3で7点次赤字を減らした。

4回無失点以降、メキシコは攻撃を再開し、2点をさらに追加して12-3で決定的な優位を占めた。

プエルトリコ vs 日本 3-2

プエルトリコは10回のスーパーラウンドでTaliah Murriaの幻想的なソロヘルムとLogan Besterの2塁打で無敗の開催国日本を3-2で勝ちました。

Murriaはサークルを支配し、キャッチャーNylah Melendezは打席の後ろで活躍し、最初の2イニングで日本の打者を牽制しました。

2回目のナイラメレンデスの活躍で今村由紀のバントを眩しくダイビングキャッチし、1イニングを無失点に保ち、2回目のトップを輝かせた。

日本は3回末の藤田理子が脅威的な攻勢を繰り広げ、カジメリソラの左翼数2塁打が得点砲に進出した。 しかし、プエルトリコの守備陣は、MurriaがYumeka Kagenを三振として扱うまでFujitaを削除する方法を見つけました。

ムリアはヒット3つを許容しながらも5イニングを無失点で処理して良い成績を出した。 一方、日本はプエルトリコに安打を1つだけ許可するなど、自分たちの側面で投球交代を繰り広げた。

日本は7回初めの守備と投球交代に乗り出した。 日本は7回末2社で2、3塁に2人のランナーを出したが、カジメが安打でアウトして追加イニングを出した。

Alejandra Perezはボールネットを獲得し、後にYamilette Cordovaが2ゴールを決め、Ana Oquendoがプエルトリコを2-0で打った。

日本は8回末に2点を出し、KagenがRisoraの2塁打、Lilia LewisのシングルタKagenが2-2同点を記録しました。

プエルトリコは10回初め、ベスターの左翼数2塁打でカリアン・ゲリックス・ロドリゲスのヒットを破って3-2に逆転した。

ムリアは2回のフライアウトと1つの地球アウトで3人の打者を順番に退却させ、日本はトーナメント初の敗北に遭った。

チャイニーズ台北vアメリカ0-10

米国は4イニング湾で台湾を10-0に破り、スーパーラウンドを4-1で勝利し終えた。

Aspen Boulwareはボールネットを獲得し、Samantha Alekmanと一緒に2つの盗塁を記録し、ホームプレートに進出し、Brooklyn Paratoreはアメリカの最初の2点のために中堅水で打ち負かされました。 彼らはAubrey Mclaughlinによって左のフィールドラインの下に2倍の別の得点を記録し、後で彼女は5-0リードで彼の得点を記録しました。

米国は憎む気味を見せず、2回にも再び得点を上げた。 Anabela AbdullahとSamantha Alekmanは両方ともボールネットを獲得し、Sofia Hernandezの中堅手の2ルータのためのトゥーロンラリーを展開しました。

台湾は3回米国を制圧したが、米国はケニア・ラプア湖を中心に2点ホームランを破り、9-0でリードを続けた。

READ  日本、パリオリンピック金メダル12個獲得予想

アメリカはティガン・レルマンの自責点で、エルナンデスを10-0で得点し、台湾に対して4イニングの勝利を収めました。

バッチラウンド

ペルー対チェコ0-7

チェコはペルーを7-0で破り、スーパーラウンド3連勝を収め、トーナメント7位を占めました。

対打で投入されたバラ・イェデルスカ(Bara Jedelska)は、投球失策で2塁に安着し、2回末のマグダレナ・クリモワ(Magdalena Klimova)の安打でヒットを打ち、チェコに1-0リードを抱えた。

エマ・フリボワ(Ema Frybova)はチェコの3回の攻撃の旅を始めるためにヒットした。

Katerina Holubcovaは、EliskaのKotizovaのバットでイニングで2番目の得点でこれを補完しました。 Kotyzovaは後に、Anna Frydlovaが中堅のヒットを破り、チェコのリードを4-0に増やし、イニング3点を記録しました。

チェコは次のフレームでも引き続き得点し、2点をさらに絞り、6-0優位を占めました。 Natalie Sedlackovaは、Anna Frydlovaが左翼のヒットでホームプレートに到達するように仕上げ、試合を7-0に仕上げました。

ブラジル v イタリア 0-3

イタリアはバッチラウンドでブラジルを3-1で破り、8位を占めました。 ジョルジア・コリーノ(Giorgia Colino)は打点2安打でイタリア攻撃を導いた。

ブラジルとイタリアは最初の3イニング中に無失点を記録した。 前者は2安打、後者は1安打を記録した。

投球の対決は3イニング半の間続いた。 Giada Cagniが2塁に打ち勝ち、Soldiが2点を獲得するようにしました。

イタリアは6回にも1点をさらに出して3-0で上がった。 ブラジルは7回初めにも反応がなく、ヨーロッパチームに敗れた。

クイックリンク

Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours