UHレインボーワヒネバスケットボール団、日本ツアーに出る

1 min read
読書時間: 2

9日間の日本旅行を通じてUniversity of Universityを照らします。 ハワイ マノアから 女子バスケットボール代表チーム Rainbow Wahineが6年ぶりにプログラムの初海外旅行を始める夏計画です。

レインボーワヒネ号は6月4日に出発し、東京と大阪を分けて旅行し、京都へ日帰り旅行をする予定です。 チームは6月6日、筑波大学で最初のセットを行う2回のデモ試合を行う予定です。 「ボウズ」は6月8日、東京医療大学との次の試合に先立ち、青少年クリニックを率いる予定です。

旅行には、チームが6月13日にホノルルに戻る前の文化活動と観光が含まれる予定です。

「旅行の明白な理由は、若い女性のチームビルディングとチーム結束の経験によるものです」 まあ Laura Beemanのコーチは言った。 「あまり明白な理由は、彼らが日本のような美しい場所で異なる文化を経験し、日本にアロハの精神を広めることです。

Rainbow Wahineは11人の帰国者が率いる14人の選手リストを占めます。 まあAll-Big Westの選抜、ガードDaejah Phillips、Lily WahinekapuおよびフォワードImani Perezを含む昨シーズンに戻ったの上位6人の得点者。 3人の新入生(フォワードDaniejela Kujovic、Rebecca Moors、Center Ritorya Tamilo)もアクティブリストの一部として旅行に出発します。

Beemanは、新しく来た人たちについて、「彼らはチームメイトを非常に早く知ることになるでしょう」と言いました。 「私の考えでは、これは自信を高め、関係を発展させ、3月に見られるプログラムへの絆を形成するのに役立ちます。」

今回の旅行は2018年オーストラリアとニュージーランドツアー以来、プログラムの初の海外旅行になる予定だ。

詳細については、HawaiiAthletics.comをご覧ください。

READ  インドサッカーの主な問題はリーグ構造です:Kushal Das
Okano Akemi

「コーヒーマニア。ツイッターマニア。テレビの専門家。ソーシャルメディアの支持者。ポップカルチャーの忍者。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours