WW18-IA:日本が支配し、イタリアが上昇

Estimated read time 1 min read

写真:©国際アイスホッケー連盟

日本が引き続き勝利し、ハンガリーがついに得点し、開催国イタリアが回復して来年最高水準に昇格するための戦いに復帰するにつれて、火曜日WW18-IAランキングにもう少し明確性が追加されました。

ハンガリー4-デンマーク0

この日の番組は0-2の記録を抱いて競技に出た2チームの対決で始まった。 ハンガリーはゴールを決めることができませんでしたが、レカ・ヒエズルが2分53秒で得点するとすぐに状況が変わりました。 今後の仕事の兆しでした。

ハンガリーは試合で45-6の差でデンマークに勝利し、その過程でハンガリーのフォワードBoglarka Bahiczki-Tothは12のシュートに成功しました。 これは、デンマーク全体の総得点の正確に2倍に相当します! 彼女は今日2つのゴールを決め、最初のゴールは1回の途中で2-0になり、2番目のゴールは試合後半に5対3で勝利しました。

ここにデンマークのもう一つの問題がありました。 彼らはスウェーデンの審判サビナ・クーラーが下したペナルティの43分の41分を記録しました。 これには、試合後半に搭乗するためにオリビア・ラヌムに大きなミスと試合違法行為が含まれていました。

最初の試合を始めたヘルガ・ミリバクが完成勝利を記録した。

日本3-オーストリア0

引き分けチーム間の試合に続き無敗チーム間の試合が続き、経験豊富な日本人が1位を占めました。 黒丸春香の15セーブ完峰に支えられ、日本は3-0に向上し、オーストリアは2-1に落ちて日本が昇格する機会を得ました。

日本は、開幕期間中、秋元奈々の初ゴールとソフィア・オデルマートの第2ゴールで試合を掌握した。 日本 – スイスの二重市民であるOdermattは、過去数年間、カナダのコーンウォールにあるオンタリオのホッケーアカデミーでプレーし、技術を磨き、日本で最高の有望者に成長しました。

オーストリアは3回初め、沼部あずみが3得点を追加したが、オーストリアは最後のピリオド中盤エマ・リントナーがペナルティキックを成功させて試合に復帰する機会を取った。 彼女はスコアを3-0に保つために黒丸に拘束され、そのように終わった。

イタリア 3-フランス 1

イタリアは日曜日の敗北で反騰し、フランスを破り、昇格に向けた旅で生き残った。 彼らは現在日本に2点遅れた7点で2位を走っています。 両チームは、トーナメントの最終日である金曜日に決定的な要因になることができる試合を繰り広げる予定です。 今日の敗北でフランスは1-2に落ち、ハンガリーとの共同4位を記録しました。

チームは最初のゴールを交換し、Matilde Fantinはトーナメントリーダーの6得点を記録しました。仕事 2分42秒前、Clemence Boudinは2分も経っていませんでした。 ファンティンに次ぐトーナメントの2位であるマヌエラ・ハイデンバーガーは、イタリアをリードして1回まで真ん中に滞在し、ゴールキーパーMargherita Ostoniは残りの試合で完璧だった。

イタリアはパンタンが7番目のゴールを決めて2番目のゴールを追加し、フランスは3試合連続1ゴールにとどまり、攻撃に苦労した。

ノート:水曜日の試合には、ハンガリー – オーストリア、イタリア – デンマーク、フランス – 日本が参加します。

READ  ハスキーが新しい募集クラスに追加されます。
Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

You May Also Like

More From Author

+ There are no comments

Add yours