エンターテインメント

XboxはTango引数を日本でスタジオの拡張の「すごい段階」と呼びます。

マイクロソフトのゲームのボスであるフィル・スペンサー(Phil Spencer)は、ベセスダ契約の一環として、Toykoに基づくTango Gameworks引数を日本でXboxの野望を達成するための「大きな一歩」と言いました。

TangoはResident Evilの著名なプロデューサーであるShinji Mikamiが設立したGhostwire TokyoとEvil Within開発者です。

7つのBethesdaスタジオとTangoは今週、マイクロソフトが75億ドルを買収した後、正式にXboxファーストパーティの開発者がいます。

今週の取引を祝うために開催されたライブストリームで演説し、長い間、日本に拠点を置く人材を確保するという意志を明らかにしたSpencerは特にTangoが一緒に仕事をすることを期待する開発者に強調しました。

Xboxは日本でビジネスを改善したい野心を持っています。

“私はタンゴを見東京に行く準備ができてい [Gameworks]、私が尊敬するスタジオ [and] そこから創造の歴史」と彼は言った。

「私は日本でより多くのファーストパーティを持ってたい私たちの風に長い間話してきました。 これは素晴らしいステップです。 このチームの位置の地図を考えて、彼らが作業しているすべてのゲームについて話し… Tangoチームと話をしてそれらを知るを待つことができません。 “

同じライブストリーム中に共有された動画でTangoの創設者Mikamiシンジが[ing] Xboxユーザーとの新しい関係から触発するインスピレーションを提供します。 “

Mikamiは現在PS5専用コンソールであるGhostwire:Tokyoで総括プロデューサーとして働いています。 このゲームは、PC用にも発売される予定であり、今後のプラットフォーム者は、いくつかのBethesdaゲームがXboxとPC向けになると言いました。

Microsoftは、最新のコンソールのリリースで、日本で新たな努力を傾けています。 Xbox Series XとSは、11月(旧コンソールと比較して1年後)の他の地域で連日リリースされPhil Spencerは、今回のコンソール世代の日本のプレイヤーに、より良いサービスを提供する計画だと言いました。

去る4月に日本でコンソールとPC用Xbox Game Passを発売して以来、Xboxは日本の歴史上、これまで以上に多くのプレイヤーの活動を示しました。 Spencerは、以前に主張したします。

注意: この挿入を表示するには、次の中から機能クッキーの使用を許可してください。 クッキーの設定

この役員は2019年に複数回のアジアゲーム開発会社である「特に日本のスタジオ」を買収するという意思を公に表明しました。

質問者 Bloomberg 引数の努力について言及するために、11月のアジアXbox運営責任者であるJeremy Hintonは、引数が可能であり、同社は「常に適切な製作者との議論にオープン」と言いました。

この出版物は、また、Xboxのタイトルのリリースについてマイクロソフトが日本に拠点を置くゲーム開発者と議論を強化しているというXboxの開発関係責任者であるSarah Bondを引用しました。

Koei Tecmoは、これらの企業のいずれかとします。 日本のパブリッシャーの久こい沼(Hisashi Koinuma)社長は、ブルームバーグの会社が日本の持続的な関心を示せばXbox用ゲームをより発売する意向があると述べた。

READ  ウェルネスアプリの負傷

Shiraki Emiko

「認定されたツイッターバフ。フリーランスのゲーマー。内向的。プロのクリエーター。憤慨するほど謙虚な探検家。フードアドボケイト。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close