経済

★今日の[강추 결산]アゼアスタキサンチン、DyDo、タカショー(11月26日) – 週乗車

1)今日(11月26日)締め切り後に発表された決算・業績修正

●イチオシ決算

[아제아스<3161>[東証2]】★今期経常を69%上方修正

◆21年4月期上半期(5-10月)の連結経常利益を従来予想の1.5億円→2.8億円で85.3%上方修正。 コロナ災害に感染対策用資材の需要が逼迫する中で、原材料や商品を確保して安定的な供給に注力したことで、防護服・環境資機材事業の実績が計画を上回ったことが貢献した。 感染拡大で営業関連費用が減少したことも、上記の振動の要因となった。

併せて、通気接続経常利益も従来予想2.8億円→4.7億円で69.3%上方修正。 利益の減少の割合が41.3%減少し→0.6%減少縮小見通しだ。

●びっくり実績発表・業績修正

DyDo <2590> ★今期経常を一転47%増益に上方修正

◆21年1月期の連結経常利益を従来予想17億→42億ウォンで2.5倍上方調整します。 既存の40.5%減益予想で一転して47.0%増益見通しだ。 コーヒー飲料の販売が「鬼滅の日」とのコラボ効果で予想より大きく伸ばすことができ貢献した。原材料価格の低下だけでなく、コスト削減の進展も利益を押してください。

Fブラザーズ <3454> ★今期経常を15%上方修正

◆20年11月期の連結経常利益を従来予想の14.3億→16.5億ウォンで15.4%上方修正。 利益の減少の割合が49.1%減少し→41.3%減少縮小見通しだ。 次期以降に売却を予定していたいくつかの不動産販売タブー中のインド完了されることが通常の振動の要因。

タカショー <7590> ★2 – 10月期(3Q累計)ギョンサンヌン2.3倍の利益・年間計画を超過

◆21年の第1四半期、第3四半期累計(2- 10月)の連結経常利益は前年同期比2.3倍の10.4億円急成長して着地。 外出自粛による園芸需要の増加を背景に、ホームセンターやインターネットショッピングモール園芸用品の販売好調が貢献した。 海外でもEC分野を中心に大幅に増加した。 コロナ流行に販促・広告費が減少したうえ、独自の生産製品の販売比率の上昇と原価率の減少も大きく利益の増加につながった。

年間計画の9.1億円を既に14.6%も上回っており、実績の揺れが期待される。

2)11月27日の決算発表銘柄(予定)

■締め切り後に発表

◆第1四半期決算:

<3816> 大和コン [JQ]

全1件

※「主乗車」は株価、PER収益率などを併記した[결산 발표 · 실적 수정]種目の一覧を表示することができます。

株探ニュース

READ  アリババが「ウイグル人を識別するための顔認識クラウドサービス」を提供していたと指摘し - GIGAZINE

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close