経済

★今日の[강추 결산]ケアネットメドピア、スノーピーク(11月12日) – 週乗車

※決算発表の集中期間(10月23日〜11月13日)は、「決算特報」を毎日3つ渡します。

1.★今日の[서프라이즈 결산]速報 <16시>に伝達

2.★今日の[서프라이즈 결산]速報 <18시>に伝達

3.★今日の[강추 결산]<20시>に伝達

—————————

[주 탐 프리미엄]会員向けには、より早い「スーパーニュース速報」を毎日2本提供します。

1.★今日の[서프라이즈 결산]スーパー速報 <15시 10 분>に伝達

2.★今日の[서프라이즈 결산]スーパー速報・速報 <15시 40 분>に伝達

注目してください。 また、配達時間は多少前後します。

1)今日(11月12日)締め切り後に発表された決算・業績修正

●イチオシ決算

[케어넷<2150>[東証M]】★今期経常を2倍上方調整・最高利益予想を加算

◆20年12月期の連結経常利益を従来予想6.1億円→13億円で2.1倍上方調整します。 増益率が3.2%増加し→2.2倍に拡大し、既存の4期連続で過去最高益を期待をさらに高めた。 新型コロナウイルス感染の影響による製薬企業のDX推進によるリモートワーク拡大を背景に、医療情報サイト「ケアネット」を通じた医薬営業支援サービスの受注が増加し、売上高計画を42.9%上回る利益を後押し。

●びっくり実績発表・業績修正

レスターHD <3156> ★今期最後の日前40%増益11四半期ぶりの最高の利益を上方修正、配当も15円増額

◆21年3月期の連結最終利益を従来予想の50億→80億ウォンで60.0%上方修正。 既存の12.6%減益予想で一転して39.8%増益を予想一気に11四半期ぶりに史上最高益を更新する見込みである。菱洋エレクトロ <8068> 株式の売却益35億円を特別利益に計上することが最終的な利益を押してください。

併せて、今回の四半期の年間配当を従来計画の70円→85円(前期は80円)で増額調整した。

Eストア <4304>[JQ]★上半期ギョンサンヌン87%増益・年間計画を超過

◆21年3月期上半期(4- 9月)の連結経常利益は前年同期比86.7%増の5億4900万円に拡大して着地。 企業のDX投資の増加とM&Aの効果でWebショップ運営・販促支援システムを主力とするシステム事業の収益が急増しており、お客様のEC売上に連動する請求事業も巣ごもり需要を背景に拡大した。

年間計画の4億5900万ウォンをすでに19.6%上回っており、実績の揺れが期待される。

IPS <4335>[JQ]★上半期軽傷を3.3倍上方修正通気度増額

◆21年6月期上半期(7-12月)の連結経常利益を従来予想3000万ウォン→1億ウォンに3.3倍上方修正。 在宅勤務の本格導入に交通費をはじめとする販管費が大幅に減少することが貢献した。 新型コロナウイール感染拡大による影響が予想よりもわずかかもしれないの振動の要因となる。

併せて、通気のような利益を従来予想の1億5000万ウォン→2億円で33.3%上方修正。 増益率が3.1倍→4.2倍に拡大し、19四半期ぶりに史上最高益を更新する見通しだ。

メドウズピア <6095> ★今期ギョンサンヌン42%増と4期連続最高益更新

◆20年9月期の連結経常利益は、前の期間に比べ2.0倍の11.3億円に伸びて着地。 続く21年第3四半期にも前期比42.5%増の16.1億円に拡大し、4四半期連続で過去最高益を更新する見込みである。 タブーは主力のドクタープラットフォーム事業では、医師会員基盤の拡大と広告価値の向上などに力を入れて製薬企業の収益拡大を図り、ヘルスケアソリューション事業では、オンライン健康相談や特定保健指導の導入件数の増加を見込む。

りたりこ <6187> ★今期経常を一転18%増益・最高利益を上方修正

◆21年3月期の連結経常利益を従来予想9.2億円→11.5億ウォンに25.0%上方修正。 既存の5.9%減益予想で一転して17.6%増益を予想、8四半期連続で過去最高益を更新する見込みである。 既存事業の順調な推移とオンラインサポート本格化を背景に、売上高が堅調に推移する中で、営業効率を改善することなどが利益を押してください。

平田機工 <6258> ★今期経常を30%上方修正、配当も5円増額

◆21年3月期の連結経常利益を従来予想の20億→26億ウォンで30.0%上方修正。 利益の減少の割合が30.1%減少し→9.1%減少縮小見通しだ。 5Gの本格化とデータセンターの需要を背景に、半導体関連設備が成長のほか、電気自動車関連生産設備の受注が回復基調にあることが通常の振動の要因となる。

実績に揺れに応じて期末一括配当を従来計画の25円→30円(前期は40円)で増額調整した。

スターチョン <7718> ★今期経常を2.6倍上方調整、配当も2円増額

◆20年12月期の連結経常利益を従来予想の7億円→18億円で2.6倍上方調整します。 利益の減少の割合が88.6%減少し→70.8%減少縮小見通しだ。 食事のための小型プリンタと、中国の工作機械などの販売が予想よりも成長が貢献した。

実績に揺れに応じてタブーの年間配当を従来計画の56円→58円(前期は56円)で増額調整した。

スノー <7816> ★今期経常を34%上方修正・最高益予想を加算

◆20年12月期の連結経常利益を従来予想の10.2億→13.6億ウォンで33.5%上方修正。 増益率が6.3%増加し→42.0%増と拡大し、既存の3期連続で過去最高益を期待をさらに高めた。 ソーシャルディスタンスを確保した野外活動でキャンプ人気が高まる中で、売上高計画を上回る利益を押してください。

コアなHD <9273> ★7 – 9月期(1Q)ギョンサンヌン5.7倍の利益に着地

◆21年6月の第1四半期(7〜9月)の接続経常利益は前年同期比5.7倍の6.9億円に急成長して着地。 主原料薬品販売事業での循環器官用薬と中枢神経系用医薬品原料医薬品の販売好調が貢献した。 製造委託の拡大に医薬品製造販売事業が黒字転換したことも大きく利益の増加に貢献した。

アルファP <9467>[東証M]★上半期ギョンサンガ68%増益に着地

◆21年3月期第2四半期累計(4- 9月)の経常利益(非連結)は、前年同期比67.5%増の10.4億円に拡大して着地。 各電子店舗で実施したキャンペーンが功を奏し、電子書籍の売り上げが大幅に増えたことが貢献した。 戦略的に強化している漫画は出版点数の増加だけでなく、親和性の高い電子書籍の好調で大幅に伸長しました。

2)11月13日の決算発表銘柄(予定)★注目の決算

■取引時間中に発表

◆本決算:

<7839> SHOEI

など5社

◆第1四半期決算:

<4767> TOW

◆第2四半期決算:

<2267> ヤクルト

など38社

◆第3四半期決算:

<4578> 大塚HD

<5101> 浜ゴム

など9社

■締め切り後に発表

◆本決算:

<3288> オープンH

<3962> チェンジ

<4475> HENNGE [東M]

など60社

◆第1四半期決算:

<4054> 日本の情報C [東M]

<4930> グラフィコ [JQ]

<6728> アルバック

<7707> PSS[東M]★

<7747> 朝日インテーク

など37社

◆第2四半期決算:

<3088> 松清HD

<3254> スプレーサンス

<3397> トリドール

<3694> オプティテーム

<4497> ロッコこの度 [東M]

<6178> 日本のメール★

<6273> SMC

<6407> CKD

<7181> かんぽ生命

<7182> ゆうちょは

<7550> 善処HD

<7733> オリンパス★

<7779> 間の海である [東M]

<8306> 三菱UFJ★

<8316> 三井住友FG★

<8358> スルーシルバー

<8750> First Life HD★

<8795> T&D

<8848> レオ

<9076> 清野HD

<9364> 上組

など268社

◆第3四半期決算:

<2160> 地・ノワール [東M]

<2191> テラ [JQ]

<3765> ガンホー

<4011> ヘッドウォー [東M]

<4056> 気 [東M]

<4058> 土曜の雲 [東M]

<4448> チャットW [東M]

<4449> 気候ティー [東M]

<4477> BASE [東M]

<4480> メドレー [東M]

<4493> サイバー咳 [東M]

<4612> 日本の倍HD

<4933> [東M]

<5105> TOYO

<6291> エアテック

<7353> K学習 [東M]

など100社

総518個

※「主乗車」は株価、PER収益率などを併記した[결산 발표 · 실적 수정]種目の一覧を表示することができます。

株探ニュース

READ  この秋の新製品Galaxy S20 FE、Pixel 5、Pixel 4a。 利点は?

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close