経済

★今日の[강추 결산]スコープでHD、ソニー、イビデン(10月28日) – 週乗車

※決算発表の集中期間(10月23日〜11月13日)は、「決算特報」を毎日3つ渡します。

1.★今日の[서프라이즈 결산]速報 <16시>に伝達

2.★今日の[서프라이즈 결산]速報 <18시>に伝達

3.★今日の[강추 결산]<20시>に伝達

—————————

[주 탐 프리미엄]会員向けには、より早い「スーパーニュース速報」を毎日2本提供します。

1.★今日の[서프라이즈 결산]スーパー速報 <15시 10 분>に伝達

2.★今日の[서프라이즈 결산]スーパー速報・速報 <15시 40 분>に伝達

注目してください。 また、配達時間は多少前後します。

1)本日(10月28日)締め切り後に発表された決算・業績修正

●イチオシ決算

[코뿌로 HD <7059>]★上半期軽傷を31%上方修正通気度増額

◆21年3月期上半期(4- 9月)の連結経常利益を従来予想の40億→5.3億円で30.9%上方修正。 一時的に新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けた売上高が計画通りに推移する中で、全社的なコスト削減だけでなく、顧客企業に派遣料金交渉が進行原価率が改善されたが、利益を押し上げた。

併せて、通気接続経常利益も従来予想の16.6億円→17.9億円に7.5%上方修正。 増益率が5.3%増加し→13.2%増と拡大し、既存の3期連続で過去最高益を期待をさらに高めた。

●びっくり実績発表・業績修正

私フコイダン <2790>[JQ]★今期経常を56%上方修正・最高益予想を加算

◆21年3月期上半期(4- 9月)の経常利益(非連結)を従来予想の96.8億円→139億円で43.5%上方修正。 巣ごもり需要と生活様式の変化を背景に、資材、園芸用品、DIY用品などの売上が好調を見せたのが貢献した。

併せて、通気のような利益を従来予想129億→203億ウォンで56.3%上方修正。 増益率が44.9%増加→2.3倍に拡大し、既存の14四半期ぶりに過去最高の利益を期待をさらに高めた。

イビデン <4062> ★上半期ギョンサンヌン90%増益で上振れ着地

◆21年3月期上半期(4- 9月)の連結経常利益は前年同期比90.4%増の161億円に拡大し、既存の予想100億円を上回って着地。 テレワークの普及を追い風にPC用パッケージ基板の販売が大幅に増えたことが貢献した。 自動車用を主力とするセラミック事業は低迷したが、電子事業の収益拡大に吸収して大幅に増益を達成した。

岡化 <4113>[東証2]★今期経常最高益予想を21%加算配当も10円増額

◆21年3月期の連結経常利益を従来予想28億→34億ウォンで21.4%上方修正。 増益率が3.3%増加し→25.5%増と拡大し、既存の7期連続で過去最高益を期待をさらに高めた。 樹脂原料などの精密化学製品の出荷量が増加して売上高計画を12.7%上回る利益を押してください。

業績好調によりタブーの年間配当を従来計画の130円→140円(前期は120円)で増額調整した。

大日本住友 <4506> ★今期最後の日前3%増益に上方修正

◆21年3月期の連結最終利益を従来予想の90億→420億ウォンで4.7倍上方調整します。 既存の77.9%減益予想で一転して3.1%増益見通しだ。 今期業績の上方修正は、7月に続いて2回目。 コロナ災害の減少を予想していた治療薬」とチュダ “米国の販売が予想よりも増えると貢献した。 販管費の減少に加えて、抗がん剤「悪く部カシン “開発スケジュールを検討したことも、上記振動の要因となる。

後コク <5185> ★今期経常を一転黒字に上方修正、配当も5円増額

◆21年3月期の連結経常損益を従来予想の8億円の赤字→6億円の黒字(前期9.7億円の黒字)に上方修正、一転して黒字に浮上する見通しだ。 中国などの経済活動再開を背景に主要顧客である自動車産業を中心に受注が回復売上高が計画を上回ることが貢献した。 生産工程の合理化と業務の効率化、人材の適正化などの進展も利益を押してください。

実績に揺れに応じて期末一括配当を従来計画の5円→10円(前期は20円)と大幅に増額調整した。

日電硝酸 <5214> ★今期経常を36%上方修正

◆20年12月期の連結経常利益を従来予想110億→150億ウォンで36.4%上方修正。 利益の減少の割合が28.4%減少し→2.4%減少縮小見通しだ。 フラットパネルディスプレイ(FPD)用ガラスがTVやPC用旺盛な需要を背景に出荷が好調なうえ、ガラス繊維も自動車関連を中心に回復傾向にあることが貢献した。 FPD用ガラスの生産性の改善が進むことも利益を押してください。

日新電機 <6641> ★上半期軽傷を前46%増益に上方修正

◆21年3月期上半期(4- 9月)の連結経常利益を従来予想の10億→44億ウォンで4.4倍上方調整します。 既存の66.9%減益予想で一転して45.8%増益見通しだ。 国内電力機器を中心に、新型コロナウイルス感染拡大に伴う出荷ずれ込みが予想を下回ったことが貢献した。 上半期に発生を予定していた研究開発費などが第3四半期以降に後ずれすることもで振動の要因となった。

ソニー <6758> ★今期最後の日前37%増益に上方修正

◆21年3月期の連結最終利益を従来予想5100億円→8000億円で56.9%上方修正。 既存の12.4%減益予想で一転して37.4%増益見通しだ。 スマートフォン用イメージセンサーの低迷で、半導体分野の業績は低迷したが、巣ごもり需要に支えられているゲームの分野を中心に売上高が予想よりも成長が貢献した。 繰延税金資産の評価性引当金を撤去法人税等を減免したのも、最終利益を押してください。

PLANT <7646> ★電気軽傷を3倍上方調整、配当も15円増額

◆20年第3四半期の経常利益(非連結)を従来予想の5億円→14.8億円に3.0倍上方修正。 増益率が17倍→50倍に拡大見通しである。 今期業績の上方修正は、7月に続いて2回目。 買いだめ需要と巣ごもり消費の増加を背景に、食品やマスクなどの衛生用品、日用品を中心に販売好調が貢献した。 経費節減対策を推進したことも、上記の振動に寄与した。

業績好調により期末一括配当を従来計画の3円→18円(前の期間は20円)と大幅に増額調整した。

タカラトミー <7867> ★上半期軽傷を3.2倍上方修正

◆21年3月期上半期(4- 9月)の連結経常利益を従来予想の5億円→16億円で3.2倍上方調整します。 利益の減少の割合が90.7%減少し→70.3%減少縮小見通しだ。 利益率の高いおもちゃ事業が国内とアジアで予想より早く回復したことが貢献した。 販管費の削減したことなども、上記振動に貢献した。

松風 <7979> ★上半期軽傷を3.6倍上方修正通気度増額

◆21年3月期上半期(4- 9月)の連結経常利益を従来予想の2.4億円→8.9億円で3.6倍上方調整します。 新型コロナウイルス災害による歯科診療の受診の減少と販売活動制限の影響で低迷したが、国内、海外とも予想より回復が早く、売上高が計画よりしたもの貢献した。 いくつかの販管費を下半期に記録するほか、補助金収入の計上も利益を押し上げた。

併せて、通気のような利益も従来予想の11.7億円→15.8億ウォンに34.8%上方修正。 利益の減少の割合が40.7%減少し→20.1%減少縮小見通しだ。

2)10月29日の決算発表銘柄(予定)★注目の決算

■取引時間中に発表

◆第2四半期決算:

<1878> 大同建設

<1973> NESIC

<3116> トヨタ紡織

<4204> 水の蓄積

<4528> 小野薬

<6201> トヨタ不織布

<6473> ジェイテクト

<6503> 三菱電機★

<6902> デンソー★

<7012> 川重

<7259> アイシン

<7282> トヨタの場合

<9531> 東部ガス

<9533> 国のガス

など44社

◆第3四半期決算:

<9830> トラスコ中山

など3社

■締め切り後に発表

◆本決算:

<4293> シェープよHD [JQ]

など2社

◆第1四半期決算:

<3426> アート無理空 [JQ]

◆第2四半期決算:

<1944> きんでん

<2175> エスエムエス

<2317> システィナ

<3092> ZOZO

<4308> Jストリーム [東M]

<4502> 武田★

<4661> OLC★

<4902> コニカ稔

<6504> 富士電機

<6645> オムロン

<6701> NEC

<6703> OKI

<6724> エプソン

<6752> パナソニック★

<6754> アンリツ★

<6857> アドテストステロン★

<6923> スタンレー

<6954> ファナック★

<6963> ローマ

<6971> 京セラ

<7205> 日野者

<8015> 豊田通商

<8035> 東エレク★

<8601> ヤマト

<9437> NTTドコモ★

<9468> 角川

<9503> 関西電力

<9532> 大型ガス

<9697> カプコン

<9719> SCSK

<9962> ミスミG

など97社

◆第3四半期決算:

<5201> AGC

<6723> ルネサス★

など7社

総154個

※「主乗車」は株価、PER収益率などを併記した[결산 발표 · 실적 수정]種目の一覧を表示することができます。

株探ニュース

READ  TBS「はるかラック! 「餃子の店行く騒動特集立川意味落書きさん」博之さんも堀江さんも二人とも同じ面倒な人だが......」| ガジェット通信GetNews

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close