経済

★今日の[강추 결산]ネック大きな有機竹内製作所(10月2日) – 週乗車

1)本日(10月2日)締め切り後に発表された決算・業績修正

●イチオシ決算

【ネック <3186>】★6 – 8月期(3Q)ギョンサンヌン2.2倍の利益通気計画を超過

◆最近3ヶ月の実績である6 – 8月期(3Q)の連結経常利益は前年同期比2.2倍の35.1億円急成長して着地。 総合ショップや買取店の新規出店効果だけでなく、非常事態宣言の解除後に来店客数が回復、小売販売量が大幅に増えたことが貢献した。 車両1台当たりの利益の改善と自動車のオークション相場の上昇による収益性の改善も大幅増益につながった。

第3四半期累計(19年12月 – 20年8月)のような利益は、前年同期比26.8%減の34.9億円を記録したが、年間計画の26億円を既に34.3%も上回っており、実績の上振れが期待される。

●びっくり実績発表・業績修正

大型有機 <4187> ★今期経常を第2四半期だけの最高の利益を上方修正、配当も3円増額

◆20年11月期の連結経常利益を従来予想の39.1億→44.8億ウォンで14.5%上方修正。 増益率が2.1%増加し→16.9%増と拡大、2四半期ぶりに史上最高益を更新する見通しだ。 新型コロナウイルス災害の影響による自動車用塗料や印刷インキ用の販売不振で、売上計画を下回ったが、半導体材料を中心に利益率の高い電子材料事業の販売が好調で収益性が改善される、上記振動の要因。

併せて、今回の四半期の年間配当を従来計画の43円→46円(前期は40円)で増額調整した。

竹内製作所 <6432> ★上半期軽傷を58%上方修正通気度増額

◆21年2月期上半期(3- 8月)の連結経常利益を従来予想の42.8億→67.5億ウォンで57.9%上方修正。 世界経済の活動再開に居住繰り越し・反動需要が発生しており、水道管やガス管などの生活インフラの整備・維持工事が急ピッチで再開されたことなどを受けて大幅に減少を予想して、建設機械の販売量回復に向かったことが貢献した。 円安による収益プッシュ効果に加えて出荷の減少に伴う運搬費削減も利益を押し上げた。

上半期業績好調により、年間接続経常利益も従来予想の84.5億円→110億円で30.2%上方修正。 利益の減少の割合が31.9%減少し→11.3%減少縮小見通しだ。

フル盧前 <6814> ★上半期軽傷を2.4倍上方修正

◆21年2月期上半期(3- 8月)の連結経常利益を従来予想の8億→19億円で2.4倍上方調整します。 利益の減少の割合が67.1%減少し→21.8%減少縮小見通しだ。 主力の海洋事業で利益率の高い製品の販売が増えた上、無線LANハンディターミナル事業」GIGAスクール構想」案件の売上が拡大したことも、上記の振動に寄与した。

中国の古典 <9903>[JQ]★今期経常最高益予想を39%加算配当も5円増額

◆21年2月期上半期(3- 8月)の連結経常利益を従来予想8.7億円→15.2億ウォンに75.4%上方修正。 新型コロナウイルス感染拡大の影響で殺菌消毒衛生用品に特殊が発生し、巣ごもり需要を背景に、DIY関連商品や園芸用品などの販売が増えたことが貢献した。

併せて、通気接続経常利益も従来予想の16.7億円→23.3億ウォンに39.2%上方修正。 増益率が1.9%増加し→41.9%増と拡大し、既存の3期連続で過去最高益を期待をさらに高めた。

業績好調によりタブーの年間配当を従来計画の15円→20円(前期12.5円)に増額修正した。

2)10月5日の決算発表銘柄(予定)

■締め切り後に発表

◆第1四半期決算:

<3148> クリエイトS

<4825> WNIウェザー

<8908> 毎コムネット

◆第2四半期決算:

<7679> メディシンキンホルHD

<8217> オークと

<8278> フジ

◆第3四半期決算:

<2493> 李サポート [JQ]

<7594> マルカ

<8923> トセイ

合計9つの

※「主乗車」は株価、PER収益率などを併記した[결산 발표 · 실적 수정]種目の一覧を表示することができます。

株探ニュース

READ  シグマミラーレス専用設計の望遠マクロ」105mm F2.8 DG DN MACRO | Art "

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close