経済

★今日の[강추 결산]ワコム、TDKレーザーテック(10月30日) – 週乗車

※決算発表の集中期間(10月23日〜11月13日)は、「決算特報」を毎日3つ渡します。

1.★今日の[서프라이즈 결산]速報 <16시>に伝達

2.★今日の[서프라이즈 결산]速報 <18시>に伝達

3.★今日の[강추 결산]<20시>に伝達

—————————

[주 탐 프리미엄]会員向けには、より早い「スーパーニュース速報」を毎日2本提供します。

1.★今日の[서프라이즈 결산]スーパー速報 <15시 10 분>に伝達

2.★今日の[서프라이즈 결산]スーパー速報・速報 <15시 40 분>に伝達

注目してください。 また、配達時間は多少前後します。

1)本日(10月30日)締め切り後に発表された決算・業績修正

●イチオシ決算

[와콤 <6727>]★今期経常を45%上方修正・7四半期ぶりの最高利益更新

◆21年3月期上半期(4- 9月)の連結経常利益は前年同期比3.3倍の84.6億円急成長して着地。 オンライン教育の普及を追い風にブランド製品事業でペンタブレットとディスプレイのエントリーモデル新製品の販売が大幅に増えたことが貢献した。 OEM提供先メーカー専用のペンセンサーシステムなどが好調を見せたテクノロジーソリューション事業も業績拡大に貢献した。

併せて、通気のような利益を従来予想の60.5億円(推定範囲内の値)→88億ウォンに45.5%上方修正。 増益率が16.5%増加→69.4%増と拡大し、7四半期ぶりに史上最高益を更新する見通しだ。

●びっくり実績発表・業績修正

ITメディア <2148> ★今期最後の18%上方修正・最高益予想を加算

◆21年3月期上半期(4- 9月)の連結最終利益は前年同期比74.5%増の5.5億円に拡大して着地。 リードジェン事業展示会やセミナーをオンライン化するデジタルイベント関連収益が大幅に増えたことが貢献した。 メディア広告事業の業務システムなどの事業領域を中心に広告収入が拡大したことも大きく利益の増加に貢献した。

併せて、通気のような利益を従来予想9.5億円→11.2億ウォンに17.9%上方修正。 増益率が21.8%増加→43.6%増に拡大して、既存の2期連続で過去最高益を期待をさらに高めた。

和食 <2892>[東証2]★今期経常を27%上方修正、配当も10円増額

◆21年3月期の経常利益(非連結)を従来予想7.5億円→9.5億円で26.7%上方修正。 増益率が2.6倍→3.3倍に拡大見通しである。 製紙のための澱粉製品の出荷が低迷して売上計画を下回ったが、原料や燃料などの生産コストの削減に加え、コロナ災害による営業活動の制限にも寄与して収益性は大幅に向上する。

実績に揺れに応じて期末一括配当を従来計画の40円→50円(前期は25円)で増額調整した。

宮地エンジン <3431> ★今期経常を43%上方修正

◆21年3月期の連結経常利益を従来予想35億→50億ウォンで42.9%上方修正。 利益の減少の割合が34.8%減少し→6.9%減少縮小見通しだ。 受注が順調に進む中、生産の効率化と工事収益性の向上に加え、大型工事の設計変更等が寄与し、収益性が大幅に向上する。

スララネット <3998>[東証M]★今期経常を68%上方修正・最高益予想を加算

◆20年12月期の経常損益(非連結)を従来予想の2億8300万ウォン→4億7600万円で68.2%上方修正。 増益率が4.4倍→7.3倍に拡大して、既存の第2四半期ぶりに過去最高の利益を期待をさらに高めた。 交付が決定された先進的な教育ソフトウェアの導入実証事業補助金の会計処理が確定売上高が計画を上回ることが貢献した。 営業活動のオンライン化に販管費が減少する利益を押してください。

マキ <6586> ★今期セジョンルル日前2%増益に上方修正

◆21年3月期の連結税引前利益を従来予想の530億→675億ウォンで27.4%上方修正。 既存の19.7%減益予想で一転して2.3%増益見通しだ。 外出自粛による巣ごもり需要と経済活動の再開による工具の需要拡大を背景に、売上高計画を上回る利益を押してください。

TDK <6762> ★今期セジョンルル日前16%増益に上方修正、配当も20円増額

◆21年3月期の連結税引前利益を従来予想の700億円→1110億円で58.6%上方修正。 既存の27.0%減益予想で一転して15.8%増益見通しだ。 上半期に在宅勤務オンライン授業の導入と5G関連需要の拡大を受けて、二次電池と受動部品の販売好調が貢献した。 足は、自動車市場の受動部品とセンサーの受注が急速に回復し、これを反映している。

業績好調によりタブーの年間配当を従来計画の160円→180円(前期は180円)で増額調整した。

レーザー技術 <6920> ★7 – 9月期(1Q)ギョンサンヌン3.2倍の利益に着地

◆21年6月の第1四半期(7〜9月)の接続経常利益は前年同期比3.2倍の43.9億円急成長して着地。 半導体メーカーがEUV(極端紫外線)リソグラフィを用いた先進的なラインの積極的な投資を継続する中で、EUV関連機器などの販売を拡大して2.4倍大きく増収を達成したことが貢献した。

ウシオ電機 <6925> ★今期経常を一転黒字に上方修正

◆21年3月期の連結経常損益を従来予想7.5億円の赤字(予想範囲内の値)→2.5億円の黒字(前年比)に上方修正した。 西洋新型コロナウイルス再び拡大などを背景に、シネマ用キセノンランプと映像機器の需要低迷が続いたが、コスト削減などで収益性の改善が進み、収益性が改善される見込み。

ドウシシャ <7483> ★今期経常を一転41%増益に上方修正

◆21年3月期上半期(4- 9月)の連結経常利益は前年同期比68.6%増の53.2億円に拡大し、既存の25.5%減益予想で一転して増益に着地。 巣ごもり需要を背景に、ホームオフィス家具のファン、ホットプレートなどの自社開発製品が好調であり、卸売部門では除菌スプレーとマスク、ビニール手袋など衛生用品の販売が増加した。

併せて、通気のような利益を従来予想55億→88億ウォンで60.0%上方修正。 既存の12.1%減益予想で一転して40.6%増益見通しだ。

東京都競馬 <9672> ★今期経常を26%上方修正・最高益予想を加算

◆20年12月期の連結経常利益を従来予想の85.1億円→107億円で26.3%上方修正。 増益率が6.3%増加し→34.2%増に拡大して、既存の2期連続で過去最高益を期待をさらに高めた。 公営競技事業でインターネット馬券購入システム「SPAT4」などの賃貸料が予想以上に伸ばすことができ貢献した。

2)11月2日の決算発表銘柄(予定)★注目の決算

■取引時間中に発表

◆第2四半期決算:

<2282> 生ハム

<3125> 国内外面 [東2]

<3401> 帝人

<4182> 菱ガス化

<4534> 持田約

<4739> CTC

<5217> テクノクオーツ [JQ]

<7705> かルー [東2]

<7971> 防炎

<8130> サンゲツ

など14社

■締め切り後に発表

◆本決算:

<8151> 東洋テック

◆第1四半期決算:

<2689> 川西

<3191> ジョイ本田

◆第2四半期決算:

<1333> マルハニチロ

<1379> 北斗

<1723> 日本電技 [JQ]

<2229> カルビ

<3132> マクニカフジ

<3467> ああグレー都市

<3484> テンポイノべ

<4736> 日本のラッド [JQ]

<4968> 荒川化

<5367> ユニット加藤

<5444> ヤマトワークス

<5461> 中央鋼板 [名]

<5803> フジクラ

<5821> 平川ヒュッテ

<5955> 山科 [東2]

<6471> ニッセイ

<6806> ヒロセ電機

<6924> 岩崎前

<6930> 日本のアンテナ [JQ]

<7236> ティラも

<7268> 辰巳 [JQ]

<7451> 三菱食品

<7951> ヤマハ

<8101> クレオス

<8174> 仕事ガス

<8256> プロルート [JQ]

<8591> オリックス★

<8860> フジ歳

<8935> FJネクスト

<9008> 慶應義塾

<9090> 丸和運機関

<9613> NTTデータ

<9882> これでハット

<9960> 東テック

など40社

◆第3四半期決算:

<3566> ユニスネーク [東M]

<7609> ダイの議論

<9768> イデア

など5社

62件

※「主乗車」は株価、PER収益率などを併記した[결산 발표 · 실적 수정]種目の一覧を表示することができます。

株探ニュース

READ  「Windows 10 October 2020 Update」で確認された問題は、3〜手動アップデートの場合は、注意を - 視聴者の森

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close