経済

★今日の[강추 결산]LIFULL、DCM、ウィルG(9月18日) – 週乗車

1)本日(9月18日)締め切り後に発表された決算・業績修正

●イチオシ決算

LIFULL <2120> ★今期の営業を2.1倍上方修正

◆20年9月期の連結営業利益を従来予想の9.7億円→20.7億円に2.1倍上方修正。 利益の減少の割合が76.2%減少し→49.5%減少縮小見通しだ。 リモートワークの普及に伴う新たな需要などを受けHOME」S関連事業を中心に業績回復が続い売上計画を14.9%上回ることが貢献した。 予定していた投資計画を検討してコスト削減を推進したことも、上記の振動に貢献する。

●びっくり実績発表・業績修正

DCM <3050> ★今期経常最高益予想を46%加算

◆21年2月期上半期(3- 8月)の連結経常利益を従来予想129億→222億ウォンで72.1%上方修正。 巣ごもり需要と在宅勤務の拡大などの生活様式の変化を背景に、園芸用品やDIY用品を中心に販売好調であり、猛暑の影響で季節商品も増え売上計画を10.4%上回ったが、利益を押し上げた。

上半期業績好調により、年間で利益も従来予想202億円→295億円で46.0%上方修正。 増益率が0.5%増加し→46.7%増と拡大し、既存の3期連続で過去最高益を期待をさらに高めた。

北越メ <5446>[東証2]★今期経常を61%上方修正、未定だった上半期の配当金は、5円増配

◆21年3月期上半期(4- 9月)の連結経常利益を従来予想3.2億円→6.8億円で2.1倍上方調整します。 主原料の鉄スクラップ価格が予想よりも上昇せず、収益性が向上するだけでなく、コストの削減と、いくつかの修繕計画の見直しなども利益プッシュ要因となる。

上半期業績好調により、年間で利益も従来予想5.9億円→9.5億円で61.0%上方修正。 利益の減少の割合が59.9%減少し→35.4%減少縮小見通しだ。

また、既存の未定た今期の前半配当を25円(前年同期は20円)実施する方針だとした。

ウィルG <6089> ★今期セジョンルル20%上方修正、配当も4円増額

◆21年3月に接続税引前利益を従来予想の25億→30億ウォンで20.0%上方修正。 利益の減少の割合が38.4%減少し→26.1%減少縮小見通しだ。 今期業績の上方修正は、8月に続いて2回目。 国内、海外とも人材の需要は堅調が新規受注が低調で売上計画を下回る見通し一方、新規投資計画と拠点の統廃合などの固定費、本社費用の検討推進利益に振動する。

併せて、期末一括配当を従来計画の17円→21円(前期は23円)で増額調整した。

ストライク <6196> ★電気経常最高益予想を33%加算配当も6.5円増額

◆20年8月期の経常利益(非連結)を従来予想の22.3億円→29.8億ウォンに33.3%上方修正。 増益率が18.4%増加→57.9%増に拡大して、既存の6期連続で過去最高益を期待をさらに高めた。 保守総額1億円以上の大型M&Aの課題成約16組の計画の4条を大きく上回る単価が上昇したことの利益を上げてた。 対面セミナーの中断による広告宣伝費の減少など、上記振動の要因となった。

業績好調により期末一括配当を従来計画の17.5円→24円(前の期間は、14.5円)と大幅に増額調整した。

2)9月23日の決算発表銘柄(予定)

この種目はありません。

※「主乗車」は株価、PER収益率などを併記した[결산 발표 · 실적 수정]種目の一覧を表示することができます。

株探ニュース

READ  Tokio Marine、予想よりも大きいGreensill露出に直面

Omori Yoshiaki

ミュージックホリック。フードエバンジェリスト。学生。認定エクスプローラー。受賞歴のあるウェブエキスパート。」

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close