science

「お金が欲しい」介護の現場の高齢者クレイマースタッフを売りナイフの脅威 “難しい事例」| PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

看護業界の従業員が「困難事例」と呼ぶ介護利用者がいる。 暴言と暴力だけではない。 その中には洗髪後」の炎症頭皮の治療費を送れ」と現金を要求する場合もあったという。 本人だけでなく、家族が野生クレイマーになることもある。 介護職員が毎日怖い、気 “難しい事例」の実像とは – 。

看護業界で「難しい事例」老人とは?

介護業界は「難しい事例」という用語があります。

これは、自宅で介護を受ける高齢者など利用者側になんらかの問題があり、介護サービスを提供する側が対応に苦慮して問題が生じたりするなどの事例を指す言葉です。

写真はイメージです

その難しさを主に受け入れ、どのように対処するか悩んでいるのはケアマネージャー。 利用者側(本人または家族)グァサンによってケアプランを作成し、介護サービスの連絡調整・実施管理する司令塔の役割です。

難しい事例は、介護サービスを提供する側が以前から抱えている問題であり、「当事者」または直接の関係はありません。 ただ、広く介護現場の世界では、いくつかの困難や問題が発生していることを知っておいてもいいでしょう。

一体どのような行為や言動が「困難事例」に該当するか。

自分の老親が看護社ビルの利用を開始したときに、そのことを知って、ケアマネージャーから「あのお宅困難事例の利用者」と見られずします。 だから難しい事例の実情を知るために、現場で活躍中の男性ケアマネMさんとIさんに話を聞きました。

▼「介護利用者の10%は難しい事例である “

Mさんは言います。

「ケアマネは例外なく難しい事例を体験していますが、実際に担当することが多くの男性ケアマネですね。精神的にキツケースと体に危険が及ぶ場合もあり、女性ケアマネが、そのような利用者に迎えてしまった場合急遽男性ケアマネの代わり担当することが多いからです。どこからが難しい事例のかという線引きは難しいため、統計などはないと思いますが、私の経験で担当する利用者さんの1%程度が難しい事例です」

人のケアマネージャーが担当するのは、30件程度であるので、平均3件程度の困難な事例を抱えているのです。 「ここが難しい事例の利用者」と線引きは難しいことです…

「難しい事例は要介護本人に問題がある場合や人々の世話に問題がある場合があります。その両方に共通する場合、最も多いのはサービスプロバイダーのクレームですね」(Mさん)

READ  木星の衛星は合計数百かも? 研究は、次世代の観測手段に期待| ガジェット通信GetNews

Mochizuki Masahiko

ソーシャルメディア実務家。極端なトラブルメーカー。誇り高いテレビ愛好家。受賞歴のあるポップカルチャーホリック。音楽伝道者。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button
Close
Close